10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-07-25 (Sat)
R & M
※本文とはあんまり関係ないですけど、懐かしシリーズ第2弾....バッサ君見てる??



唯さまとパッタイ(前回バッタイって書いたんですけど、Pad Thaiだからこっちが正解なんですね…)を食べて、飲んで遊んだあと、唯さまに送られて帰宅。

さてさて、もういい時間なんだから寝りゃあ良いものを、悪い癖が出てリヤに電話してしまった。

いい歳こいてこんなにルーズだってことは、もう治らないんだろうな~


「もしもし?ヒーさんです。来ますか?」
「行く!何か欲しいものある?」
「うーんと、レッドワイン….かな」
「わかった。待ってて、直ぐ行くから。」


それから小一時間経ち、もう寝ちゃおうかと思った頃、ピンポーンとチャイムの音がして、玄関を開けるとリヤとヒャオがなだれ込んできた。

リヤは、ワインの他にマルボロライト、ミーチャーそしてコーラを買ってきてくれたので、ヒャオを交えて真夜中の宴会をする。

いい加減ホントに眠いし、明日の仕事に差し支えるといけないので寝ることにしてベッドルームへ。ヒャオは別のベッドルームで寝る。

一緒にシャワーを浴びてシーツにくるまると、リヤがヒンヤリした身体で絡んできてFのご奉仕….眠たいので逝きもせずに寝ましたけど。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




目が覚めるとリヤがこっちを向いて寝息を立てている….

その横顔が綺麗なので(けっして美形じゃないんだけど、角度によって綺麗に見えるリヤちゃんなのです)ついちょっかいを出してしまい、仕事前のエッチに突入。こっちの相性はやっぱりリヤが一番良いかな....」


「そういえばゆうべ買い物するお金良く持ってたな。」
「ううん、なかったよ。だから携帯を質屋に入れて借りてきたの。」
「そうだったんだ…じゃあこれ...」
「アリガト」


ボクは少しばかりのお金をリヤに渡し、ちゃんと午前中に帰るように厳命して出勤。




2日後、リヤに電話するとヒャオと宝箱で飲んでるという。ヒャオは日本人との付き合いも多いから日本食もほとんどオーケーだ。


「ヒーさん、直ぐ来て!」
「うーん、面倒だな。迎えに来てくれたら行ってもいいかな...」
「待ってて直ぐ行くから!」


本当にリヤはすぐにトゥクトゥクを飛ばしてやってきた。

宝箱に行ってみるとヒャオの姿が見当たらないけど、まだ飲んで食べ散らかしている途中のテーブルにリヤと二人で座る。


そこにヒャオが戻ってきた。


「ミスターヒーさん、今日は私が奢るからね!好きなもの注文して!」


ヒャオ、そうとう酔っぱらってるみたい。
何でも家の修理か何かでお金が必要だからiPhoneを売ったんだとか。そのお金が手元にあるので気持ちが大きくなってるみたい。


そんな話を聞いたとしても、ボクは遠慮なんかしませんよ。

ホントウに好きなものをどしどし頼む。

ヒロシマ風お好み焼き♡
hiroshi.jpg

お刺身も♡
Takarabako Riy1

お寿司も♡
Takarabako Riy2



「聞いてよミスターヒーさん、ヒドイのよ!」
「何が?」
「二人で飲んでたらフォリナーが何人か声かけて来たんだけど、みんなリヤ目当てなのよ。花もらったのもリヤだけだし….」
「そりゃオメェ…アレだよ...」


隣のリヤと向かいのヒャオを見比べると、ボク的には理由はハッキリしてると思うんだけど、ごちそうになってる手前ハッキリとは言えねえ…


「やっぱりもっとスリムじゃないとダメなのかなぁ....」


なんだ、わかってんじゃん….

その後ヒャオは酔っぱらっておしゃべり...というか愚痴の勢いが止まらず、昔はスリムだったとか、上半身は今でもスリムだとか、早口でしゃべり続け、その分リヤの方はとてもおとなしくボクにつき従っている感じ…余計にリヤが可愛く思えたのでした....


「ねえヒャオ、この辺はファランが多いからそういう結果になるんで、日本人が相手だったら、もしかしたらヒャオの方が人気あるかもしれないよ....」とは、あんまりフォローにならないんで言うの止めておいた。


けど、実際ヒャオがモテないってことはなく、Aさんがこの地を離れてからだって日本人のボーイフレンドがいつも居るように思える....


「ミスターヒーさん、ポントゥーン行くよ!」
「お、おう...」


スポンサーの意向には逆らえずに、すぐ裏にあるポントゥーンに行き、カウンターで更に乾杯して夜が更ける。


今夜はリヤのスリムな身体を抱きたいな、とは思いながらも、すでに体力と時間切れ…



今帰れば3時間は眠れると計算して、二人にバイバイして帰宅したのでした。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-12 (Sun)
屋上で
※本文とはあんまり関係ないですけど、ポッチャリ具合が気になる○さま...



前話に書いた通り、唯さまの誕生日の前倒し祝いのため、お宅を訪問することになりました。

彼女は、女性が結婚前に男関係の噂なんか立てられるのは恥ずかしいことだというカンボジアの保守的な教育をお母さんから受けてきたので(本人談)、ボクが自宅に近づき過ぎるのを警戒していたのだけど、今回ばかりは違うみたい。

ただし、「お母さんが心配するとイケないので、ボクのことをクトゥーイだと言ってあるからそのつもりで来るようにネ...」、と言われ...

おい、クトゥーイ(レディーボーイ)って一体…



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



午後早くに連絡を取り合い、2時半に到着するように家を出発。スーツを着ても良かったのだけど、どうせ部屋の中は暑いだろうし、床に座るんだろうから、黒のタンクトップの上にカンボジア土産風の白シャツを羽織り、下は黒のチノパンにした。

彼女の自宅近くに到着。

いつもは所定の場所に車を止めて待つのだけど、今日は運転手に自宅のすぐ近くでクルマを停まらせ、そこで降りて彼女に到着した旨を連絡する。

オルセーマーケットの入り口にあたる道のひとつなので、路上にはフルーツや焼き鳥などの簡単な屋台が並んでいて人通りも多い。

彼女の家があるアパートの階段近くで、屋台の商売の邪魔にならないように気を付けながら待っていると、彼女が降りてきてボクの手を引き、暗い階段に連れ込んだ。

2階に上がったところで、「前はこっちに住んでたのよ」と鉄格子の向こう側を指し示す。

以前強盗に壊されてボクが修理代を出した鉄格子がこれなんだろうか?(第128話ご参照)向こう側は薄暗くて様子がわからなかった。

そのまま更にズンズン上がって行き、屋上に出た。

ペントハウスっていうほど小奇麗なものじゃないけど、住居が2つあり、片方が唯さま宅、もう片方が大家さんだそうだ。開けた場所には洗濯物を干してある。

唯さまの後に従い、靴を脱いで部屋に入ると、10畳程度の部屋の真ん中にお母さまが座っていて、他に30歳ぐらいの女性と4歳ぐらいの裸のガキと1歳半ぐらいの女の子が居た。
妹の裕美子ちゃんは外出中だそうだ。

観察するような目でボクを見ているお母さまの目の前にクトゥーイっぽく横座りし、ワイをして「マー、チョムリアップ・スオ….」などとゴニョゴニョとご挨拶すると、お母さまはにこやかな表情に変わり、同じようにワイをして「チョムリアップ・スオ」と応えてくれた。

他の人たちは、唯さまのお姉さまと子供たちだそうだ。

ひととおりの挨拶が終わると唯さまが部屋の中を案内してくれる。案内と言っても、お母さまたちが居るリビングと、その奥に6畳程度の寝室があるだけだ。

寝室にはお決まりのスポンジのマットレスや毛布が敷いてある。唯さまと裕美子ちゃんが寝てるんだそうな

壁際に衣類が綺麗に畳んで積み上げられていて、唯さまはそれを指さして「これをしまう家具が欲しいわ。」とついでにおねだり。ボクは軽く受け流す。その反対側の窓辺に、以前ボクがプレゼントしたDELLのラップトップが置いてある。

家の中どこを見ても家具らしいものはなく、唯一自立式ハンモックが置いてあるのみ。ハンモックは赤ちゃんのベッドになったり、衣類などをとりあえず置いておく棚代わりにも使われている。

炊飯器やコンロも床の上に直置きで、唯さまはうん○座りで料理を作っている。

homeyui3.jpg

唯「食事にするからそこに座っててね...」

そう言われ、お母さまやお姉さまと一緒に床の上に座る。

当然あぐらではなく横座りだ。そしてさりげなく女性っぽいしぐさを取り入れて唯さまやお姉さまとお話をする。

ボクは昔から自分にオンナっぽいところがあると自覚していて、さりげないしぐさを見たレディー達から「あなたレディーボーイ?」と指摘されることがあるので、クトゥーイごっこは結構自然に出来るし、苦痛じゃない。

そんなことをしていると裕美子ちゃんが帰ってきた。家で見る普段の裕美子ちゃんは太くて黒い子供だ。

お姉さまがABCを数本持ってきて、グラスに氷を入れ、注いでくれて乾杯。
このABCは、ボクがバーで奢った5レディースドリンクとかのうち、飲みきれない分を唯さまが「髪にいいのよ」と言って持ち帰ったやつに違いない。

唯さまがボク達の真ん中に数点の食事を準備した。

唯「このカニ、高かったのよ。たくさん食べてね。」

そういえばこれは一応誕生日の食事会で、このために前もって100ドル唯に渡している。

お母さまの目の前だから失礼かなと思いながら撮った写真を見てもわかるとおり、カニが高かったとしても、どう考えても割に合わない内容。

homeyui1.jpg

homeyui2.jpg

でも、まあいい。家族みんなが喜んでいるのなら…
それにまあまあ美味しいし…
裕美ちゃんはおデブだけあって沢山食べてるし…

この中でアルコールを飲むのはお姉さまとボクだけのようで、勧められるままに二人でずいぶんと飲んでしまった。

酒が入ると暑がりのボクにとってこの部屋はかなり暑く、汗かいてきた。そこに裸のガキが絡んできたので、着ていたシャツを脱ぎ、タンクトップ一枚になって怪獣ごっこをしてやる。

子供はいつでもそうだけど、気に入った遊びはシツコクやりたがる。このガキも怪獣ごっこが気に入ったらしく、なかなか止めるのを許してくれない。


「周りが女性ばかりでこういう遊びをしてくれる人が居ないから。ありがとうね、ヒー...」


嬉しそうに言うのでボクも覚悟を決めて、とにかく汗だくになるまで遊びにつき合ってやった。

ガキと遊んでいるボクはクトゥーイには見えなかったと思うけど、お母様も笑顔で見ているし、いいか...


「唯、トイレは何処?」
「こっちよ。」


唯さまについていくと、裏口から一旦外に出たところに洗濯機があり、トイレが2つ並んでいる。

その一方が唯さま達家族の、もう一方が大家さん家族の使うトイレで、洗濯機も大家さんのだという。

トイレは地方に良くあるしゃがんで用を足す形式のもので、今はプノンペンの建物では皆洋式トイレになっていると思っていたので驚いた。腰の高さのところに水道の蛇口はあるけどシャワーはなく、片隅には水浴びにも用を足した後にも使うであろう手桶がある。

本人たちは慣れているのだろうけど、この場所でいつも髪や身体を洗うというのはとても不便そう。
いつもおねだりしてくるシャンプーやクリームなんかが無くなったらどんなに侘しいことだろう...と、ちょっと同情してしまう。

あと洗濯...

いつも唯さまは「帰ってから洗濯しなくちゃいけないの」と言っているけど、いつもこのトイレの中か外か知らないけど、1時間2時間かけて手洗いしてるせいで、偶に手がひび割れしていて痛々しい。洗濯機は大家がケチで1回10ドルとか言われてるから使えないというし。

カンボジアではほとんどの家庭が同じような生活スタイルだとは分かっているけど、やっぱり大変そうだなあ....とはいえ、この状況をゴッソリ変える力はボクには...無い。

足りないところを少しだけ埋めてあげるだけ...



二時間ちょっと居ただろうか、ボクは頃合いをみて辞することにした。


お母さまたちに挨拶して外に出ると、屋上の端から下を通る大通りを見下ろせる。
そんなところでそっと抱きしめて接吻などを交わしたかったけど、明るいし人目があるので流石にできず、無邪気に並んで下界の景色を見下ろしただけ。

屋上


階段の下まで送ってくれた唯さまにバイバイを言って運転手の待つクルマまで歩く。


全然パーティーらしくは無いお食事会だったけど、お母さま達に快く(かどうか知らないけど)迎えてもらったし、唯さまの実生活を見ることができたし、面白い体験でした。



ただこれがね、将来のための第一歩にも何にもならないのがチョットザンネンではあります....



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-05-22 (Fri)
219riy
※本文とはあんまり関係ありませんが、ヘタクソなヤツ.....



前日に飲み過ぎ、活動しすぎで完全に疲れを引きずっているヒーさん...

徐々に記憶が蘇ってくるうちに、昨日は酔っぱらい過ぎてガリに悪いことしたなという思いにかられ、お昼に待ち合わせて、誕生日プレゼントを買うお金をあげることにした。

以前ガリが住んでいたワット・ウナロム前で待ち合わせ、先に到着して路地に隠れて待っていると、モトドップでガリが到着。

2人で路地の奥に入り、


「ハッピーバースデー」
「ありがと...」


軽くキスして、お金を渡しておしまい。



なんでこういうことすることになったのか?

最近ガリに会う頻度が多くなったのは事実だけど、それは唯さまの隣の店に居るからついつい寄っちゃうだけ。決してトップスリーには入れない。

ガリだって、ボクをナンバーツーだと言ってるし....

彼女のFacebookに度々登場するトッポそうな兄ちゃんがナンバーワンなことを知ってるのに、何故オレがプレゼント代?

別に深い意味はないんだけど、これからも仲良くしていきたいオンナの年一回の誕生日ぐらいいいか、程度の気持ち...





↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking






さて、その夜は流石に疲れていて、タビーさんと一緒に自宅で休養...

そして次の日、自分の誕生日だったにもかかわらず連絡をよこさなかったリヤをフォローしようと考えて、電話してみた...



・・・・・・・・・・・・出ない


仕方が無い、店に行ってみよう...



・・・・・・・・・・・・・居ない


仕方が無い、家に行ってみよう...




狭い階段を上がり、廊下を進むとリヤの部屋の扉が少し開いていて、TVを見ながらゴロゴロしているリヤが見えた。

本当にレイジーなやっちゃ...



「リヤ、誕生日おめでと...昨日は連絡しなくてごめんね、忙しくて疲れちゃってたから...」
「ヒー! 来てくれたのね、ありがと...」


喜ぶリヤの顔をみて、来て良かったと思った。


「ご飯食べに行こうぜ...」
「シャワー浴びるから....一緒にシャワーな!」


リヤにトイレ兼シャワー室に連れ込まれて一緒にシャワータイム。
ムードを出して絡むわけじゃないけど、狭いところで肌を触れ合わせながらシャワーを浴びていると、やっぱり少しセクスィーな気分になってくる。

リヤのマンちゃんも指を入れるとスムースになっている。

で、部屋に戻ると自然にメイクラブ始めちゃった...リヤの冷たい肌が気持ちがいい...

2人とも無事にフィニッシュして、おなかが空いたのでボクの提案で9999スープに行くことにした。

以前タビーと一緒に来て、安くて美味しかったので、スープ好きのリヤも喜ぶと思って...

9999res
9999pot

オーダーはリヤに任せて、ビールを飲んでいるうちに、ポンちゃんが近くに住んでいるのを思い出してトム君に電話して誘ってみると、ポンちゃんに連絡を取って来ることになった。

スープが来て食べ始め、少しお腹いっぱいになった頃にトム君がやって来た。ポンちゃんは直接来るという。

トム君も一緒に食べてるうちに、プリント柄のワンピースを着たポンちゃんが到着。相変わらず独特のセンスだけど、気を悪くするとイケナイのでそこには触れないことにして4人で仲良くスープを食べていた...

そこにボクのスマホからLINE着信の音が...

当然リヤも気がついた。


「彼女からでしょ?早く見れば?」
「いいよ、今見なくても...」
「いいから見なよ」


渋々見るとやっぱりタビーさんから...


「今何処?何してんの?」
「友達とご飯食べてる。ちょっと遅くなるよ...」
「オーケー...」


タビーさんがこんな風に探るようなコンタクトをしてくるの珍しいな、と思いながらちょっとだけやりとりしてリヤを見ると...


“o( ̄‐ ̄*) プルプルプル.....


怒りを抑えながらも、箸を持つ手が逆手になっていて、今すぐにも刺したそうな表情でボクを見ている...


「まあまあまあ...乾杯しようよ」とトム君。
「ボンリヤ(リヤ姉さん)、落ち着いて...」とポンちゃん。


二人の取りなしのお陰でなんとか刺されずに済んだ...

その後、ご機嫌取りも兼ねてソリヤモールのMAOレストランにあるカラオケルームに移動。

ポンちゃんと一緒に歌を選び、一緒に歌うリヤは、はっきり言うとヘタクソ...

満足に学校行けなくて、字を読むのが苦手なせいもあるんだろうから笑ったりはしないけど...

好きなように歌わせたおかげでリヤの機嫌も良くなり、26時近くになって帰宅を申し出た時にも怒ったりしないで平和にバイバイすることができた。



.........ε=( ̄。 ̄;)フゥ





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-16 (Thu)
209riy
※本文とはあんまり関係ありませんけど、しょうがないヤツ...


唐突にトム君、ポンちゃん、リヤ、ボクの4人でご飯を食べようということになった。

別に深い意味は無く、女の子同士で仲が良くなったみたいなので、偶には普通のWデートも良いだろうという訳で....

場所は焼肉ガーデン四季。例によって焼き肉なら食に保守的なコイツらも食べられるだろうというのと、個室風になっているので周りを気にしないで過ごせるというのが理由だ。

トム君と一緒にトゥクトゥクで出発し、ポンちゃんをプサー・チャーのすぐ近くにある自宅で、そしてリヤをSt.51でピックアップすることにした。

到着してトム君が電話すると、ポンちゃん直ぐに出てきた。

エライ...

こんなことに感心するヒーさん。

なぜなら....

日頃唯さまの家の近くの路上で10分~20分待たされ、リヤに至っては迎えに行かないと何時に来るかわからないなんていう扱いを受けてるんで....

カンボジア人でもちゃんとスケジュール通りに行動できる子が居るんだ~と新鮮な驚きを覚えている。

そしてリヤのピックアップにSt.51 に向かう...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





St.51、ソリヤモール前に到着してリヤに電話すると案の定..


「もしもしリヤ。準備できた?」
「ゴメンまだ。シャワー終わったところ。」
「もう近くに着いちゃったぞ...早くしろよ」
「ちょっと待っててよ...」


まったくもう....

前々から○○時頃に迎えに行くから支度しとけ、と言ってあるし、トム君と行動開始したときにも念を押してあるんだけど、予め「たぶんリヤは約束の時間には支度ができてないと思う。」とトム君に伝えたとおりの展開だ。


今まで何度となくこういう約束をしてきたけど、リヤは一度もボクが迎えに行くまでに支度を完了していたことがない。


ただの一度も...だ。


前は本気で怒ったこともあったけど、治らないし、気分悪くなるだけなので、しかたがないと思うようにしている。
きっと、約束の時間から逆算して支度を始めるということができないんだろうな。

ボクはプレッシャーをかけるために、トム君達をリヤの部屋に案内した。


「すごい階段ですね...うわっ狭い...」
「頭ぶつけないように気をつけて...」

トム君はリヤの部屋のある2階に上がる階段の急さと狭さにビックリ...
リヤの部屋の狭さにもビックリ...

どうやらリヤの部屋は、トム君がこれまで行ったことのあるバーガール達の部屋のなかでも最下層みたい。

リヤは髪の毛をドライヤーで乾かしているところだったので、まだ時間が掛かると見て外で飲みながら待っていることにした。
おっかなびっくり階段を降り、路地からSt.51に出たときに感じる開放感...トム君味わってるかな...

慣れているボクでも未だに感じる。
全くの自然体では居られない感じ...

路地の中は地元民だけの社会であり、リヤの彼氏として認知されていて一応丁重且つフレンドリーに接してもらっているけど、金の力でオンナをモノにしているガイジンという目で見ている男も中には居るハズだ。イヤ、ほとんど皆そう思っているだろう。リヤが交際を申し込まれて断った地元の兄ちゃんも居るという話も聞いてるし...

だから、人間としては当たり前のことなんだけど、偉そうな振る舞いとか見下した態度とかは努めてしないように気をつけている。

そんな路地からバーストリート上に出れば、ここは外国人をオモテナシする場所だから、常識の範囲内で遠慮なく自然体で行動できる。

さて、何の変哲もない狭いバーの軒先のテーブルで飲んでいると、30分ほどしてやっとリヤが来たのでトゥクトゥクを捕まえて四季へ移動。

忘れてたけどトム君、ソリヤモール界隈にはリカちゃんの配下がうろついてるから来れないって言ってたけど、こんなに目立つ行動して良かったんだっけ?



さて焼肉ガーデン四季

焼肉、就中ホルモンは相変わらず美味しいけど、オンナどもはあまり食べない。

何に気を遣ってるのか知らないけど、借りてきた猫みたいになっていて思ったより女同士で話もしないし、なんだか盛り上がらないまま食事を終えてダーリンに移動。

トム君からポンちゃんは騒がしいところが好きじゃないと聞いているので心配していたけど、フロアに引っ張り出せばポンちゃんらしい変なダンスを踊り出す。

リヤのダンスは適当なんだけどあいかわらずサマになっている。

ただ身体をリズムに合わせているだけでもサマになる人とならない人が居るのって何でだろうか?プロポーションだけの問題じゃないと思う。キレ?バランス?姿勢?



4人で踊って酔っ払い、ダーリンを出てそのままリヤの家の近くにあるNANAホテルに移動し、チェックインしてWデートはおしまい。

それぞれの部屋に別れ、リヤとは久しぶりにクーラーの効いた部屋でのメイ○ラブとなった。

涼しい部屋でご機嫌でポーズをつけるリヤをスマホでムービー撮影...

次第に二人のムードも...

交代でシャワーを浴びてベッドで抱き合う。

スッキリと引き締まった身体とヒンヤリした滑らかな肌がとても気持ちがいい...

濡れたところと硬いところを愛撫しあって合体...

このまま朝まで二人で居られたら、なんて思いながら二人でイク...



27時過ぎ、帰らなくちゃと言ったとたんに機嫌が悪くなるリヤ..
それでも外泊する訳にいかず、ブスッとした顔に見送られ、タビーの待つ家に帰るヒーさん。




一人で部屋に帰って行くリヤの心情に少しだけ思いを馳せた...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

日本にもそういう地域があったとは知りませんでしたよ。

ボクはどうしても約束した時間に着いてしまう習性を変える事ができませんが、イラつくことは無くなりました。

まあ、カンボジアに移住でもするような事になったら、その時は変わるでしょうけど...

* by とむやむ君
こんばんは。

約束の時間を守れないってのは南国特有のものですよね。

日本にも沖縄時間ってのがあるっていうし・・・(^^;

なので最近は約束は、した時間になってから出かけるという習性が付きました。
まぁ、それでも結構待たされることが多いんですけどね。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-03-20 (Fri)
tab200
※本文とはあんまり関係ありませんが、タ⭕ーさん何やってんの?...


拙ブログが200回を迎えました。

何回か前にもちょっと書きましたけど、カンボジアで初めて体験したこととか、新しく付き合い始めた子のこととか、書くのが楽しかったし、KTVで居並ぶ女の子達の中からチョイスするのに悩んだり、バーストリートを目を輝かせて歩いたり、いろんなことをワクワクしながらやってました。

それが、何時からか、そんなワクワクも少なくなり、ボクのやることも、女の子のやることも同じ事の繰り返しで、盛り上がらないなぁ...と思うようになり、いっそ200回で止めちゃおうかとも考えたんですが、彼女たちとのさりげないやりとりなんかもボクにとっては大切なメモリー。

普段日記を書く習慣なんかないので、こういう形で記録しておくのも悪くはないと考え直して続けていくことにしました。

起きて、食って、クソして、飲んで、寝た…という内容が多くなってますが、ご了承下さい。





↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking







さて、本編です。


タビー孝行をしようと決めた土曜日…

夕方にタビーの妹夫婦がガキを連れて遊びに来た。

何でも、ドリームランドの招待券を何枚か手に入れたんで、一緒に行こうという話だ。

ドリームランドは何回も行ってるから飽きてはいるけど、タビー孝行なんで喜んでお供する。

切符売り場で、妹の旦那がボクとタビーに入手した入場券をくれて、足りなくなった妹の分を買おうとしているので、ボクが買うよと言ったけど遠慮されてしまった。妹の旦那、なかなか良い奴だ。

ドリームランドの中は代わり映えしないけど、久しぶりにジェットコースターとバイキングシップ(前に、死傷事故が発生した怖いアトラクションだけど)に乗って、久しぶりに気持ち悪くなっちゃった…

妹夫妻のガキはまだ小さすぎるので、スリル系のアトラクションは乗れないとは思っていたけど、ただブラブラと歩くだけで満足している様子…良いガキだ。

恐竜の模型が置いてあるところでは本気で怖がっているのが面白かった…子供ってピュアだね。

結局ドリームランドには1時間ぐらい居ただけで、どこかに食事に行こうということになり、何処に行くか決めることになったんだけど、このメンツで行けるところというと、隣のチャコールBBQか54BBQくらいしか思いつかない。で、54BBQに行くことにした。

まずはビールで乾杯…ウマイ

チキンとイカのBBQとチャーハン、更に脳みそスープをオーダー。食べ始めたけど、何故か旦那の食が進まない。

「タビー、どうして彼は食べないの?」
「スープが来るの待ってるんだって」
「おい旦那、それはそれとして食いなさい。食べきれないから…」

そう言うと、ようやく少しずつだけど食べ始めた。タビーも頑張って食べてくれてる。


スープが来た時にはボクはもう満腹に近かったけど、ここのスープは美味しいので2杯分ぐらいは何とか食べて、もう満腹…( ´З`)=3

201502251418591b5.jpg

やっぱりタイスキよりもこっちの出汁の効いたスープの方が好きだな...

チェックをして(ここの分はボクが支払い:35ドル)それぞれのモトに分乗して店を出た。

妹夫妻はこのまま自宅に帰るというので、ボクたちはハッピーバーに遊びに行くことにした。

あ、運転はお酒を飲んでないタビーですよ、当然ですが…


ハッピーはいつもの通りお客が居なくて、マダムとマダムの妹でジェフ君のオキニちゃんがカウンターのとこに居るだけ。まあ、外には他に2-3人居るんだけど、ボクには関係ないしー、全然タイプじゃないしー...


この店でやることは一つ、ビリヤードだけだ。

201503100909568b4.jpg

1ゲームタビーとやって負けると、次のゲームからマダム達とのダブルス戦を5ゲームぐらいやり、その後タビーと2ゲームほどやって終了。

その間、ビールとかブラックソーダとかおかわりしながらやってるんだけど、2人に1杯ずつ奢ったとしても、合計で15ドルぐらいですむ。

気楽でサイフに優しい場末のお店、ハッピーバーです。





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
お久しぶりですkさん

応援ありがとうゴザイマス。m(__)m

がんばってください * by k
お久しぶりです。
これからも、がんばって書いてくださいね^_^

Comment-close▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。