08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)
恒常的に夜遊びしてると、どうしても複数の女の子とお知り合いになるわけですから、嘘をつくことはある程度しかたないと思っています。

例えば、本当は別の子の店に行ってるのに、仕事で忙しいとか具合が悪いから行けないと言ってしまうこと。また、家に奥さんや彼女がいる場合は、日本からお客さんが来たから付き合わなくちゃ、とか言って飲みに行っちゃうことなどなど...まあ、奥さんのことはここでは置いておきますが...

「女を騙す」っていうのとは違うんじゃないかなあと思います。
将来を約束してる訳じゃないし...むしろ僕は奥さんがいることは最初にはっきり言いますので...

小さい嘘でも、ばれたら当然相手は気を悪くするので面倒なことになります。
なので、ばれないように行動する必要があるのですが、嬢報網が発達しているので、相手の土俵で行動しているとほころびが出てきます。

なので、嘘ついて別の子と会う時は、外での行動を極力控えるのが一番なのでしょうね。

あとはチョン切られないように、相手の我慢の限界を見極めないと...です。

僕はリヤちゃんから「私と一緒にいて怖くないのか?」と言われました。


「いつでもチョン切る準備はできてるのよ。」と...



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。




田舎に行っている唯さまにSMSしてみた。

「いつお帰りになるのですか?会いたいなあと思ってます。」
「明日帰るからね、ゴメンね。」

珍しく優しい返事をもらい、それなら体力温存のために今日はどこも行かないぞと決めて家飲みをしていたけど、アルコールが入るとやっぱりウズウズしてきてローズに行った。

タビーが喜んで迎えてくれた。
ボウも一緒に飲んで、タビーを連れて帰ろうと思ったら、タビーの頼みで二人とも連れて帰ることに...

二人を連れて家に帰り、ボウは別の寝室に寝かせて、タビーは僕と一緒にお風呂に入り、頭を洗いっこして楽しい夜を過ごす。

翌朝、出勤途中に送って行くという忙しい目にあって疲れましたけど。



夕方リヤタビーからSMSでお呼びがかかり、でも、唯さまがお帰りになるからどうしようと思ったけど、どちらも、どうしてもというので行きたくなかったけど先ずはローズに出勤。

疲れのせいか気が乗らず、ワイン2杯分だけ付き合って、疲れたからと言って退出しちゃった。この重い気分、その後の難しい展開を予知していたのかも知れない...


ローズを出た後、唯さまの方に行けばよかったのに、何かを間違えてリヤの方に行ってしまった。
リヤの部屋に行く途中、セントラルマーケット近くで大声で呼びとめられた。リヤだった。

リヤは彼女の知り合いのお姉さま方2名と道端のBBQレストランで食事中で、僕も途中参加。最後はチェックを任されたが、占めて8ドル位。良かった。

その途中で唯さまからSMS。

「何処に居るの?待ってるのよ。」
「具合が悪いんだ。ゴメン。」

嘘ついてしまった。

そして唯さまを怒らせてしまった。


「来れないなら来れないと、何で早く言ってくれないの?あなたが会いたいと言うから田舎から急いで帰ってきて疲れているのに出勤したのよ。嘘つく人大嫌い。あなたとはもう会いたくない。」
「本当にごめん」
「ごめんなんて言葉要らないわ。もう遅いわ。あなたは、あなたのわがままを聞いてくれる相手を探しなさい。」


まいったなあ、仰るとおりで何も言い返せない....確かに彼女が出勤する前に連絡しとけばよかった。本当にもう許してくれないかも...

気落ちしてリヤと一緒に帰り。翌朝、軽く起き抜けメイクラブをして出勤。

午前中に唯さまにサヨナラ覚悟のSMSを出した。


「君のいうことは良くわかった。僕がいつまでカンボジアに居るかわからないけど、将来君が許してくれるとしても時間が足りないかも知れない。だから、僕は君に会いたい気持ちを抑えて居なくなるよ。今までありがとう。さようなら。」


これで終わりなんだなあ、寂しいなと思っていたら、唯さまから返事が。


「もう一度謝りなさい。ほんとに大変だったんだから、忙しくて...あなたはいつも短気なんだから...」


おっ、許してくれそうな雰囲気。


「ごめんなさい。連絡ありがと。」
「今学校が終わったところよ。これから午後の仕事に行くの。後で会いましょう。」


許してくれたみたい...
でも、完全に主導権取られた...


その夜は当然唯さまに会いに行った。
予想に反してそれほど根に持っていないようだ。
いつものようにビリヤードで遊んでいると、知らない番号から着信。

ヒーさんガールズの電話番号は着信拒否アプリに登録してあって、普段はSMSだけ受けることにしているし、知らない番号からの着信は出ない事にしているんだけど、何故かその時出てしまった。

電話の向こうは無言で、音楽が鳴っているし、ざわついているのでバーの音だとわかった。こっちがバーに居ることも相手にも直ぐに分ったろうな...あわてて電話を切ってその番号を着信拒否登録した。

そしてSMSが、

「Where are you darling?」

この書き方はタビーだ。
ごめん、タビー...今はどうにも動きが取れないよ...

唯さまをペーバーして自宅に帰り、唯さまがシャワーを浴びている間にこっそり拒否番号の着信ログを見ると、先ほど登録した番号から10本の着信が記録されていた。

怖い...

でも今はどうにもならない...

開き直るか...

僕もシャワーを浴びてベッドイン。


1ラウンド目はチンちゃんに元気がなく、とりあえず入れただけ。どうした?チンちゃん...ストレスか?プレッシャーか?

しかたがないので一旦寝ることにした。
しばらく寝て、ふと目が覚めたら、隣に寝ている唯さまの髪の香りが僕を刺激する。
手を伸ばして抱き寄せ、同じく目を覚ました唯さまともぞもぞしていたらチンちゃんが元気になった。

2ラウンド目開始。

正常位で唯さまを抱きしめながら無事にフィニッシュした。

もう一度寝直して、唯さまは早朝お帰りになった。

午後、タビーにSMSを出してみた...


「昨日はごめんね。日本のお客さんと一緒だったんで電話でられなかった。バレンタインおめでとう。」
「おめでとう。でも田舎の兄弟が入院したから私は余りハッピーじゃないの。明日行かなきゃいけないんだけど、ヘルプしてくれますか?」


迷ったけど、今日はヘルプする時間も無いし、家族のためにいちいちヘルプしてたらこっちがつぶれる...


「出来ないよ。キリがないんで家族はヘルプできない。ごめん。」
「わかりました。あなたにはもうお金の話はしません。」
「ごめんね。お金持ちだったらヘルプしてあげるんだけど...気をつけて行ってきてね。」
「要りません。他に探すことはできますから。」


段々返事が冷たい感じになってきた。
それを読んでいると僕の心も冷めてくる。

夜になり、タビーからSMS。


「今日は来れますか?」
「ごめん。仕事関係のパーティーがあるし、そのあと約束もあるから。」


たぶんタビーは大分冷めただろうな。もうあのほんわかした愛情たっぷりの表情や仕草は見られないかもしれない。

僕は悲しかったけど、これも身から出た錆だと思い、あきらめようと思った。

気を立て直して仕事関係の予定を終え、約束していたリヤに会いに行った。

レストランで食事をして、リヤが行きたいというのでSt.104のMバーに行った。Mバーとローズバーは1軒分ずれているだけの斜向かいだから僕は行きたくなかったんだけど...

そう言えばリヤは誰の事知ってたっけ?と整理してみた。

唯とは何度か会ったことがあるし、僕のスマホの中の写真を見られたこともある。
タビーのことは感づいているかも知れないが、お互いに顔は知らないはず...

Mバーで飲んだ後、トゥクトゥクに二人で乗り、家に帰った。

翌日、トム君からのSMSに気付いた。

「昨日見られてましたね。だからタビーは機嫌悪かったんすね。」

見られた?St.136か?104か?でもタビーには他にオンナがいることは打ち明けてある。ただ、嘘をついて他のオンナと会っているところを見たんだったら、辛いだろうな。

もう、ダメかなあ...

ヒーさんガールズ、破綻寸前のような気がする...



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by とむやむ君
>今はたしか日本ですよね?

そうなんですけど実はここだけの話、昨日までオキニが来日しておりました。(汗)

あまり多くは書けませんが、おかげでとっても背筋の凍るような涼しいひと時を過ごせました。(^^;

お金があれば、人生やり直せると思いませんか? * by 宮坂風月
どうしても伝えたくて。
どんなに生活しても豊かな生活にならなかったんです。
そんなとき、すごい夢見たいな話がきたんです。
連絡するだけでよかったんです。
すぐにお金持ちになれます。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

おはようございます、とむやむ君さん * by ヒー
ざわつかせてしまいましたか?

今はたしか日本ですよね?日本でも修羅場に遭遇とは、すごいと思います。

ヒーさんレディースは、他にも付き合っているオンナが居ることや、たまに嘘をつくのはもう知ってますから、嘘ついてオンナと会ってたなんて言うのは、そんなに大きなことじゃありません。

修復にはエネルギー使うので、できれば無いほうがいいんですけどね...

最終的には「嫌なら止めてもいいんだよ」って開き直る手もありますから...チンカットには気をつけなくちゃいけませんが...

* by とむやむ君
な、何でしょうかこの胸のざわめき・・・

私にも思い当たる節がたくさんありすぎて。(^^;

夜遊びしてると、同時進行で複数の女性と付き合うってのは日常的にあることだと思います。

ただ、ヒーさんが言われている通り、今は連絡ツールが発達しすぎていてバレないようにするってホントに難しいですよね。

っていうのは一昨日、私も修羅場に遭遇してしまいまして・・・

だから今回の記事を読んで胸がざわついております。(^^;

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。