06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-08-04 (Mon)
バーガール達はたまに職場を移ります。

理由は様々でしょうが、人間関係が多いみたい...

移籍していく度に嬢報ネットワークが拡がって行くし、位置関係が問題になる場合もあります。つまり、オキニ1の店の対面や隣にオキニ2が移籍して来ちゃった、ということもあるのです。

この二つの位置関係の具合の悪さは自分で経験済みです。

同じ店にっていうのは経験ないですけどね...

あっ...あるか... ってこの話はまた後日...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



...では本編です。




バンコクで2泊3日を過ごし、プノンペン空港に到着した僕。

携帯の電源を入れて最初にやるのは、ガールズにSMSを出すこと、ただし、全員にではなく、今日会える子だけ。

メイはどうでもいいし、リヤも早く会っておきたいって感じでもないので、唯さまとタビーにSMSで帰国を報告した。


タビーから直ぐに返事が来た。


「お帰りなさいダーリン、私とシスターお店変わったの。新しいお店はシンガーよ。」


ビックリ!と同時に「ヤバイかも!」という思いが頭を巡る...


今までSt.110という”バー巡り界”では過疎ともいえる地域に居たので、St.136に安心して通っていたのだが、彼女がSt.136のSinger barに移ってきちゃったら安心してバー巡りできなくなっちまう...

そして位置関係だけど、シンガーとブルーは隣じゃないけど、間にNordic Guest Houseを挟んだ並びだ。St.104のチタの時のように、ここでもコソコソしなくちゃならないのか...

「ねえハニー、僕は君がシンガーで働くの好きじゃないな...だってSt.136にはペーバーしたいお客さん、沢山いるでしょ?」

阻止したい僕は、可愛らしく嫉妬を焼いてみせた。

「ダーリン、心配しないで。私をペーバーできるのはダーリンだけよ。」

無駄だった。


僕は自宅に戻り、メイにお土産のGIOを渡してご機嫌をとり、食後St.136に行ってみた。

シンガーに入り、入り口に近いボックスに座るとシスターが来た。いつまでもシスターじゃアレなんで、名前はボウとしておこう。ガサツなキョウボウ女だからだ(因みにバニラのボウちゃんはコイツとは正反対のとっても優しいキレイなお姉さんです...)。

トム君とボウ、良くじゃれあって遊んでいるんだけど、良くチクビ抓られたり、グーで腹を思いっきり殴られたりしてる。唯さまのビンタと違って、体重が乗った重たいパンチだ。

ボウにドリンク奢りながら聞いてみた。

「タビーは?」
「今ビジーなの。ほら...」

ボウが奥の方を指差すので見ると、カウンターの奥でファランを接客中だ。
こういう状況って僕はあんまり慣れていないので心が泡立ってきた。

バンコクのゴーゴーバーだったら、オキニが接客中なんてことは日常茶飯事、これ幸いと他の店に行ったりするんだろうけど、プノンペンで僕のオキニが接客中で来れない状況は過去たったの2回あっただけ。

最初はコーンが隣のボックスで接客中。2度目は唯に個人的に会いに行った3回目だったかな?


「タビーが来れないんじゃ意味がないから行くよ。チェックして。」

ボウにそう言うと、ボウはカウンター奥のキャッシャーの方に行ったが、やって来たのはタビーだった。

「ダーリン御免なさい。もうお客さん帰るから...」

さて、どうしようかな...


このまま出たとしても、日ごろ一人で開拓していない僕は行く場所が限られてくる。気分が落ちてるんで、初対面のオンナを相手にするのも面倒くさいしなあ...かと言って69とか136では、ヒーが遊びまわっているっていう情報が唯さまに伝わる可能性が高いし、先に唯さまに会いに行ったとしても短時間で戻って来れるとは思えない...この際場所を変えるか...でもSt.104だと今度はリヤに情報が伝わる恐れがある。

一瞬でそれだけ考えて、待つことにした。


言った通りお客は5分位で帰って行った。
タビーが文字通りすっ飛んできて、僕にしがみついた。

「ダーリン、ごめんなさい、怒らないで...」
「いいよ仕事だもん、仕方ないよ...」

その後はキスとハグの嵐。僕の心も平静に戻った。単純だなあ...


お土産のDKNYの青りんごのパフュームを喜んで受け取ってくれた。

ボウも呼んで3人で乾杯...仲の良い二人を相手に飲むのはかなり楽しく、結構酔っぱらった。

「今日は戻ったばかりで疲れてるから行くね...」
「ダーリン、気を付けてね。」

お別れのキスをして店を出る。
タビーは外まで出てきて見送ることがないのが安心ポイントだ。

コソコソとノルディックハウスの軒下を縫うようにしてブルーに入る。

しばらくすると唯がやって来た(一体誰が知らせてるんだろう?)。

「お土産は?」

開口一番それかよ?
DKNYの赤りんごのパフュームを渡すとご機嫌になった。

抓ったり、叩いたり、ライター攻めにしたりと数々の嫌がらせを受けながら時間をつぶす。

「ねえ、もうすぐ私の誕生日なの。21歳の誕生日だから、このお店でやりたいの。いいでしょ?」
「いくらかかるんだよ?」
「$300くらい」
「そんなに掛かるわけないだろ?」
「掛かるわよ、料理準備したりケーキ買ったり。」

うーん...どう考えてもそんなに掛かるわけがない...

「わかった。プレゼント代も含めて$300で済ませろ」
「ケチっ!!」
「じゃあやらない...」
「わかったわよ...そうする。」

その日は2時まで飲んでしまった。翌朝仕事だというのに....





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。