10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-07-20 (Sun)
Boeng Keng Kang (ボンケンコン)


中央に独立記念塔がそびえるシアヌーク通りと、官庁通りっぽい落ち着いた雰囲気のノロドム通り、そして商店やレストランが並ぶ雑多な雰囲気のモニボン通り、更に雑多なマオ・ツェ・トン(毛沢東)通りに囲まれた地域です。

このボンケンコン地区のシアヌーク通りに近い北半分が、日本食レストランをはじめ、エステやスパ、美容サロンなど日本人経営の店舗が雨後の竹の子のように増えているエリアで、プノンペンの日本人経営店舗の半数はこのエリアにあるのではないでしょうか...

前にバーなどのエリア情報で、ボンケンコン地区はエロくない(桜クラブという日本人向けカラオケパブはありますが)ので僕の夜遊び範囲から外していると書きましたが、夜遊び以外なら美味しく、おしゃれな流行発信地域と言っていいと思います。

綺麗なサービスアパートメントもどんどん出来ていますし、もし今からプノンペンで生活を始めるなら、この地域でもいいかな....と思います。

問題は、僕の遊びのメインエリアであるリバーサイドから遠いってことですかね...やっぱり僕はリバーサイド、できれば136通りに住みたい....



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。





コーンと唯とサヨナラしてから、メイの目を盗んではリヤと遊んでいた。

何もエッチばかりしてるわけではなく、一緒に飲み歩いたりしていたわけだ。

そしてクメール正月に突入。

メイは当然実家に戻り、僕は一時的に一人暮らしとなった。

リヤは身寄りがないのでプノンペン滞在だ。

クメール正月の真っただ中、リヤからパーティーしているから来いと言われ、リヤの部屋に行くと、3畳ほどの狭い部屋にリヤとミャオと男3人で酒盛りをしていた。男たちは近所のトゥクトゥクドライバーなどの顔なじみだそうだ。

「ボーイフレンドのヒーさんよ、そこ空けて!」

僕のために自分の隣に一人分開けてくれ、酒を注いだり食事をとったり、あれこれ面倒を見てくれる。

男たちも僕が年長であるせいか、下にも置かぬ扱いをしてくれる。

スオ・スダイ・チュナム・トメイ!(ハッピーニューイヤー)

そう叫んで繰り返し乾杯をする。

酒はビールとメコンウイスキーだ。

僕は人見知りだが大人なので適当に彼らに合わせて笑っていたが、話がロクに通じないので応援を頼むことにして、Aさんに電話。

「Aさん、ヒーです。」
「あ、どうもこんばんわ。」
「今リヤの部屋でパーティーやってるんですが、来ませんか?」
「パーティーですか?行きます。」

フットワークの軽いAさん30分後に到着。

彼は人見知りではないので直ぐに打ち解ける。

そこにリヤの友達だというスラッとした美人が来て、一緒に飲み始めたので僕もAさんも気を取られたが、直ぐに行ってしまった..残念

狭い部屋にぎゅうぎゅう詰めになっているのにも疲れたので解散。
リヤ、ミャオ、Aさん、僕の4人でダーリンに行くことに...

トゥクトゥクでダーリンに着くとさすがにクメール正月中、満員で入れない。

仕方なくプラティニに転進。ダーリンからプラティニまではプノンペン中心部を縦断する遠距離だ(車だと大したことないが、トゥクトゥクではね....)。

さすがにプラティニ、早い時間だとガラガラだ。

ウイスキーを入れてショットで乾杯!

空いているダンスフロアでは踊る気にならないので、客がある程度入るまでトーキングタイム。


「ここ来るの久しぶりだね、リヤ。」
「そうだね。Aさん来たことあるっけ?」
「いや、僕初めてですよ。」
「以前は良くリヤやミャオと来てたんですよ。リヤのダンスってこんなんですよ。」


僕がリヤのダンスの癖をまねてみせると皆お笑い。楽しく夜は更けて、客もずいぶん入り、活気が出てきた。


「よーし、行こうぜ」


僕はリヤとミャオを立たせてダンスフロアに引っ張っていった。

楽しい、本当に楽しい...

朝4時頃、ソリヤモールに戻り、Aさんはミャオを連れて帰って行き、僕はリヤの部屋でちょっとだけ休んで家に帰った。

翌日も夕方リヤの部屋に行き、ミャオを誘ってソリヤデパートの屋上でスキスープを食べ、9時頃帰宅。

その翌日も夕方リヤの部屋に行き、軽―くメイクラブ。


「ヒーさん、この後行きたいところあるんだけど...」
「うん。何処でも良いよ。」
「私が働こうと思ってるところなの。」
「それじゃあ行ってみなくちゃね。」


トゥクトゥクでマオ・ツェ・トンを越えたところにその店はあった。

店名はパッション。
Passion.jpg

入ってみると広い空間のガールズバーで、Cバーで顔なじみのカウンターレディーが居た。


「久しぶりー」
「おう、元気か ?」
「元気元気」
「リヤがここで働くって言うんで見に来たんだ。」
「そうみたいね、またリヤと一緒に働けてうれしいわ。」


彼女にドリンクを奢り、リヤとしばしビリヤードをして遊んだ。

この店はシンガポール人がオープンし、シンガポール大使館の人が常連だそうだ。

近所にシンガポール料理の店もあり、ここで食事もできるとのこと。

中々雰囲気の明るい...別の言い方すると、怪しさが足りなくて面白くない...店だ。


これからここに通うのかなあ...


僕の頭の中は早くも行動計画を練っていた...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ヒーさん
確かに...消費したもの以上かどうかは将来自分で決めるしかないのですが...残っていますね。

ですから、お付き合いしてくれている子たちにはいつも心の底では感謝してます...

酒、いいですね、ただのアホなオヤジなんで恥ずかしいですけど...

* by とむやむ君
おはようございます。

時間・・・

確かにかける時間は決定的に違いますね。

何が残るのかって・・・たくさんのものが残ってるでしょ。(^^;

迷惑でなければ、ヒーさんとは一度ゆっくり酒でもご一緒したいなって思いました。(^^;

* by ヒーさん
やっぱりそう思いますよね?

そうですねぇ、ありますよ...

プロフィールにあるとおり、資力・体力消耗しながら...

それから時間ですよね...

そのたびに結構全力投球してるんで、自分の時間のかなりの部分をこの子たちに提供してます。

自分には、何が残るんだろう?って思いながら..

アホですよね...



* by とむやむ君
ヒーさんのブログを読んでて思うんですけど、家にはメイさんがいて、外には常に数人の相手がいる状態ですよね。

やっぱり旅行者と在住者の違いはここですね。

うらやましい反面、住むってのはなかなか大変だろうなとも思ったりして。

生活面で苦労はないのですか?

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。