08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-05-18 (Sun)
ガールズバーにはペーバーのシステムがある。店に$6から$10のバーファインを払って女の子を外に連れ出すことだ。
ペーバー=エッチする訳ではない。踊りに行ったり、ご飯食べに行ったりするだけのこともある。だから、オリジナルの女の子もそういう目的でならペーバーに応じてくれる。
一人ではなく「友達と一緒にね♡」という女の子も多いけどね。



この頃、週2-3回はCバーに行くようになってきた。

そうなるとガールズはフレンドリー度を増すので、居心地が良くなってつい飲みすぎることも多くなる。

僕は年代的にDEEP PURPLEやLED ZAPPELINが大好きなので、それらがかかるとつい踊ってしまうんで、酔いがまわることが多い。

その挙句クラブに繰り出し、ますます酔っ払う。

酔っ払ったリヤが言ってきた。

「ヒーさん、踊りに行こ!」
「オケー。どこ行く?」
「プラティニ」
「二人?」
「友達も一緒に良い?」
「オケー」


友達のミャオと3人で行くことになった。


プラティニはPlatinumというスペルなのだけど、カンボジアの子はプラティニと呼んでいる。

プラティニに入ると黒服が席に案内してくれる。

ダンスフロア横のテーブル席だ。

オーダーは女の子達にまかせる。

ABCとレッドブルがテーブルに並ぶ。


ABCはスタウトなのでそれだけでは苦いけど、レッドブルで割ると甘くてほろ苦い青春のような絶妙な味になる。

踊りながら何度も何度も乾杯。心の底から楽しんでチェック。カンボジアはビールが安いので、$30程度で済む。

この日は運転手付きの車で来ているので帰りは安心して、僕はほとんど泥酔。

リヤが運転手に、僕の家に行くように伝える。


いきなり3Pですか?


僕の期待は裏切られ、家に着くとリヤは「バイバイ」と言う。


君はお泊りしてくれないのですね...


僕は運転手にリヤを送ってから今日の仕事は終わりである旨指示。


リヤは帰って行った。


で、ミャオは、うちに泊まるという。


僕はこんな形でリヤの友達だけを止めるのは嫌だったので、階下の寝室に寝るように言って2階の自分の寝室へ。

着替えて一旦ベッドに入ったが、少し酔いがさめてきてのどが渇いたので階下に降りて行くと、ちょうどミャオが階段を上がってくる。

何だコイツ?

そう思いつつも、階段の途中で何となくハグ。

ハッと我に返り、押し返してそれぞれの寝室に。

ミャオは黒くて陰気な太目のガールだったので、僕は全く興味がなく、何でハグしたのかもわからない。
(その後とってもカワイイ、綺麗なガールに成長していきます。)



朝起きて階下に降りるともうミャオも起きていた。

僕はチップのことを考えていた。

ペーバーして踊りに連れて行って泊めてやった。それでチップが発生するのか?ということだ。


「いくら欲しい?」


ミャオは指を2本出す。


$20欲しいという。当時のカンボジアでは高すぎる。

とたんにガメツイ女に見えてしまい、ノーと言って帰した。

その後僕はミャオを徹底的に無視した。

今考えると懐が狭かったなと思う。ちょっと苦い日だった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。