10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-07-09 (Wed)
モニボン通りに、エロマッサーで有名なラグジュアリーホテルを背負って2軒並ぶ海鮮中華の店、大大と小小。

変な名前なんですが賑わってます。

特に深夜は外国人男性と若い女の子のカップルやグループがワンサカ。

僕も負けじと行ってきますー...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。





今日も仕事を終えて、家でメイと夕食をとり、友達と飲みに行くと嘘ついて僕は出かける。僕は何度嘘をついただろう...これから何度嘘をつくんだろう...などとは全然考えないでトゥクトゥクに乗り、136の136へ。

コーンと並んでカウンターの端っこに座った。

そこにコーンの友達が来たので、派手で可愛くないが遊び相手になっているのでドリンクをサービス。

カウンターの向こう側には男の子みたいな格好をしたトムボーイのチンチン。

チンチンは空いた時間にメモ用紙に絵を描いている。今は僕の目の前にいてコーンと僕を並べて描いている。上手じゃないけどドリンクをサービス。

その後もテーマを決めてお絵かき合戦などをして遊んでいた。

「ねえヒー、お腹すいた」
「食べに行く?」
「うん。友達も一緒にいい?」
「ああ。問題ないよ。」

ちょっと抜けるだけ、ということにしてベーバー無。トゥクトゥクに乗り込み大大に向かったが、大大は休みだった。でも安心。隣の小小が開いている。

僕は中華料理に行くとどうしても麻婆豆腐を食べたい人なので、いつも通り頼む。

コーンと友達はおかゆとゆでエビ。

料理が出てきた。

エビは殻つきなので剥かないといけないのだが、僕は指が臭くなるのと、とげが刺さったりするのでちょっと苦手だ。そんなボクの様子を見ていたコーンが、エビを剥いて僕のお皿に置いてくれる。

「サンキュー。でもコーンも食いな。自分でできるから。」
「ううん、いいのよ。食べて。」

剥いてばかりでコーンが食べる暇がないので、僕も剥き始める。

30匹位あるエビを全部剥き終えるとみんなで食べ始めた。

「手が臭いでしょう?これ使うといいのよ。」

コーンが小さなプラスチック製のボトルを取り出して、中の液体を僕の手に塗り付ける。

「こうして手に付けると良い匂いになるのよ。」

それは甘い匂い付の消毒用アルコールだった。

「ありがとう。いい匂いになった。」


本当はエビの匂いと甘い人口的な匂いが混ざって変な匂い....


食事を終えて帰りのトゥクトゥクを探す。

大大の横の小道に数台のトゥクトゥクが止まっていたのでそのうち一台に136経由で僕の家まで2ドルで行くか?と言うとオーケーしたので乗り込んだ。

凸凹道でキャーキャー笑いながら上機嫌で136に到着し、2人を降ろし、僕の家に向かう。

道を指示しながら到着し、2ドルを払い門に向かった時だ。

「ヘイ!金が少ないぞ!」

運ちゃんが叫んで金を突き付けてきた。

「2ドルで行くといったじゃねえか!」
「136まで2ドル。ここまで2ドル。併せて4ドルだ!」
「ふざけんな、これで十分だ!」

2ドルを押し返した僕の腕を掴んだ。

「放せこのやろう!」

僕は手を掴まれたまま門をくぐったが、振りほどけていないのでまだ門に貼り付け状態だ。何故もっと攻撃しないかというと、カンボジアでは銃が出回っているし、銃が無くても刃物が出てくる恐れがあるから....それにくやしいけど僕は戦闘が苦手だし....

向こうも引き下がらないのでしかたがない。

「ほらもう1ドルやる。リバーサイド経由でモニボンからここまで3ドルが妥当だ。」

と言って1ドル札を叩きつけ、守衛に門をクローズさせた。

すると運ちゃん自分のトゥクトゥクに走り戻り、何やら取り出して戻って来て何やら叫んでいるので『やばい』と思って守衛室の影に隠れた。撃たれるかも知れない...その緊張はあるが、どうしたら切り抜けられるかと考えていた。

「ガン持ってると思う?」

僕は守衛に聞いたが、守衛はわからないという。
たぶんガンは無かったのだろう。もし持っていればあれだけ興奮したのだからとっくに撃っているはずだと思う。カンボジア人はキレると躊躇しないから。

「奴が落ち着いたら1ドル渡しておいてくれない?」

守衛が頷いたので追加の1ドルを渡して僕は立ち去った。

運ちゃんの言った4ドルというのは走った経路を考えれば妥当な線だが、事前交渉をもっとちゃんとやっておくべきだったことと、守衛にチップ渡すのを忘れたことを僕は反省した。


銃撃喰らったら遊んでいたことが家族にばれちゃうもんね。気を付けよう...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
とむやむ君さん、おはようございます。

はした金額なんですがくやしいんですよね....

バンコクのタクシーに比べればこちらのTuk Tukドライバーは善良だし、数年前から相場も上がってないんで、暖かい目で見てあげたいなと思います。

明日からバンコクですか....うらやましいっすけど、行けるといいですね....

* by とむやむ君
こういうトラブルって、その時はこっちも意地になっちゃうんだけど、冷静に考えればたかが数百円で危険な目に会わずにずむのなら払った方がいいんですよね。
分かっちゃいるけど・・・・

明日バンコクに行けるか、まだビミョーです(泣)

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。