06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-07-06 (Sun)
成功した店舗はその数を増やしていきますよね、プノンペンのバーもいくつか姉妹店があります。

一番有名なのはSt. 136のCandy barと69 bar, Mr. Butterflyですかね。

今は無くなってますがSinger barもCandyグループのひとつでした。

その他に僕が知っている限りでですが、次のとおりです。

St. 104のRose bar, Big MamaとSt. 136のCavarly
St. 104のMiss meとSt. 5のDomino bar
St. 104のOne Zero FourとCavern
St. 136のOasis barとXanadu

姉妹店間で女の子が行ったり来たりすることもあるんで僕はこの姉妹関係、結構気にしてます。

安全だと思ってたバーが、実はオキニが所属するバーの姉妹店で情報が筒抜け、なんてことがありますからね....



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



...では本編です。



フィリピン料理が食べたくなって、Aさんとガっちゃんと僕の3人で、ビストロ・ロレンツォに行った。
前にフィリピン人のミッキーと付き合っている頃、週末に良く二人で行っていた店だけど、突然クローズしてブティックになってしまっていたのが、いつの間にか別の場所にオープンしているのを見つけたんで行ってみた。

食事後、バーで飲もうということになった。お酒の飲めないガっちゃんは離脱。

先ず69に入ったが、コーンは居なかったので1杯のんで退出。そして目の前にあるクラブ・ブルー・ラウンジに入った。

最近できたバーで、以前からブルーのネオン看板が気にはなっていた。中に入ってみると、ブルーというのに赤い内装が目立つ。

ソファーに座るとAさんと僕にそれぞれ二人の女の子が付いた。僕に付いたのはコロコロした体つきのコロ子とマッサージの旨いマサ子。Aさんにスレンダーなスレ子ともう一人(記憶にない)。

僕はスレ子が気になっていたが、位置の関係で自然にAさんの近くについちゃったから大人の対応で何もアクションは起こさなかった。

マサ子が腕を揉み始めると、これがすごく上手い。
僕はエロマッサーはともかく、本当のマッサージって嫌いじゃないが好きでもないのだが、マサ子は手や指が柔らかく、それでいて力強いので、吸い付くような極上の感触だ。
さぞ甘手なんだろうなあ....なんて想像は彼女の下半身の逞しさを見るたびに萎んだ。

コロ子は色黒でコロコロで子犬のような女の子で、オリジナル(ヴァージン)臭を醸し出している。

スレ子がコロ子の足を指差して「チューン スォイ」と言ったので「何?」と聞くと「臭い足っていう意味よ」と教えてくれた。クメール語では形容詞が名詞の後に付くから、足がチューン、臭いがスォイだな。

僕は面白がってコロ子の履いているパンプスを脱がし、匂いを嗅ごうとすると、コロ子は大慌てで取り上げた。

マサ子に揉まれながらコロ子をからかうのは面白かった。女の子達が皆同調して楽しませてくれるので、僕とAさんで計6人にドリンクを奢っていた。


「上に行こうよ」誰かが言った。
「何があるの?」
「ダンスが出来るよ」


エッチ用の部屋でもあるのかと思ったら、違った。

上がってみると部屋の左側はベッドのようなリラックスソファ。右は普通のソファが並んでいて、ピンクの薄いカーテンで仕切れるようになっている。

何だかいやらしいな...

僕たちは普通のソファに座り、再び飲み始め、そのうち誰かが踊り始めた。

皆いい気持になっているので8人で踊り始める。

「スレ子ってカンボジア人っぽくなくて可愛いですよね...」

Aさんが僕に何度か言う。

確かにカワイイ...いや、見れば見るほど僕の好みにピッタリだ。

Aさんがスレ子のことを可愛いと言うので、Aさんもスレ子を気に入ってるのかなあ?と考えて、最初にAさんに遠慮して意思表示をしなかったことを少し悔やんだが、まあいいか....と自分を抑えることにした。

とは言いながら、僕はコロ子やマサ子を放っといて、自然な感じでスレ子と普通に会話をし、知り合い程度にはなっておいた。

さて、これ以上いても出費が嵩むので引き上げることにした。

「またね」

チェックして退出。



リヤに連絡をとり、上海バーでリヤとミャオの二人と待ち合わせることにした。Aさんと二人でソリヤモール方面に移動。

St.51を代表する上海バーは屋内のバーとしてはSt.136にあるキャンディーと並んで大きなバーで、トゥクトゥクやモトの運ちゃんもたいてい知っている。女の子たちが身体にフィットした黒い服を着てはいるが、仕事帰りのビジネスファランが主な常連としてカウンターに大勢いるんで、店内はあまりエロい雰囲気はない。

上海で少し飲んで4人でクラブ・ポントゥーンに行った。

ポントゥーンで飲んだり踊ったり笑ったりしていたら直ぐ時間が過ぎる。

またまたリヤとミャオを51ストリートの路上に残して僕たちはそれぞれ帰宅した。



その後Aさんと僕はたまに顔を合わせ、ブルーの話になるとAさんは言う。

「あの子綺麗でしたよね。」
「今度連れ出しますか?」
「でもちょっと細すぎですよね。僕の好みじゃないんですよ。可愛いんですけどね。」



( ̄ー ̄)ニヤ...僕は機会を窺うことにした




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おっ

kさんブルーに行ったんですね。
元ブルーの子達、色んな店に居ますよ。

ちょっと動きにくいですが、逢うと懐かしいです。

* by k
ヒーさん、姉妹店について詳しいですね

Rose barに姉妹店があったとは(^O^)

ブルーなくなったんですか。残念(^_^;)

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。