04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-05-17 (Sat)
ソウルで、付いてくれた女の子にチップをあげるシステムを学んだ僕。

バッサ君に「こないだ付いた女の子にチップ渡さなかったから、もう一度会いたいんだよね。」ということを伝えて、一緒にクラブKに行ってもらうことになった。

個室に入って、チーママに「ミッキー居る?」と聞くと「今日はいません。」とのこと。
バッサ君と顔を見合わせて

「どうする?」
「出直しますか?」
「そうしよう」

「チーママ、ごめん。ミッキー居ないんなら今日は止めとくわ。」と言って退出。

場所を転じて104通りのCバーに向かう。
Cバーでは僕がリヤ、バッサ君がいつものオキニちゃんと楽しく過ごして解散。



日を改めてピロさんとバッサ君と一緒にクラブKに。
ピロさんの運転手つき車に同乗して出発。


「ミッキーですか?」チーママの方から聞いてきた。
「居る?」
「はい居ますよ。お待ちください。」

しばらくするとフィリピーノの女の子達が入って来る。

後からミッキーが恥ずかしそうに入ってきて隣に座る。

そしてハグ。

「会いたかったよー、ヒー!」
「オレもだよミッキー」

これじゃあカップルみたいじゃん。

正直、別にミッキーに恋心があって会いに来たわけじゃないのに.....


「この前来た時にさ、チップのこと知らなくて、ゴメンね。」
「いいよいいよそんなこと。」
「これ前回の分ね。」
「ありがとう。うれしいです。」

僕も心の荷物を降ろせたんでスッキリして沢山飲んだ。
みんなも飲めや歌えや。
ピロさんも前と同じ、マイという美人だけどちょっと太目の子と楽しそうにラブラブしてる。
クールなバッサ君はそんなにラブラブはしないけど、丸顔のロリッ子と楽しそう。

さて、時刻も25時をまわり、大分遅くなったんで清算。

ピロさんがミッキーに「ヒーさんと一緒に帰る?」と聞く。

ミッキーは「うん、そうする。」と言って荷物を持って出てきて、ピロさんの車に乗り込む。

僕は、もう仕事終わりで帰るから、ついでに一緒に乗っていくってことなんだな、と考えていた。

バッサ君を家に送り、僕とピロさんは同じアパートなのでそちらに向かって、ん?


何で?ミッキーはどこで降りるの?


アパートに到着するとミッキーは一緒に降りてきて僕と一緒に来る。


一緒に帰るってこういうことだったのですね。


その時になってやっと事態が呑み込めた。
ミッキーを連れて帰りたいとは全然思ってなかったのに、そういうことになってしまった。

二人でビールを飲み直し、僕に奥さんと子供がいることや、ミッキーがセブ島出身だということなど話をし、別々にシャワーを浴びてベッドイン。

ミッキーはラテン系のノリで僕の上で踊る。

体力的にきつかったけど、満足のフィニッシュ。

次の朝ミッキーは帰って行ったけど、チップ渡したかどうかは忘れた。

でも、その日から毎晩電話が来るようになる。


「今どこ?何してる?女一緒ですか?」


そして毎週末、ミッキーは、僕がゴルフから帰る頃家に来るようになった。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : KTV
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。