09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-07-30 (Thu)
236yui2.jpg
※本文とはあんまり関係ないですけど、国民議会選を楽しんでいたころ...バーのレディー達は救国党支持派が多かったです



その週末は、朝から晩までタビーさんが我が家に来て一緒に過ごす。

部屋の中は完璧にチェックが行き届いているハズだから、リヤが偶に来ているのを気付かれたりはすまい…

夕食を食べてお帰りになったタビーさんと「もう寝るね、おやすみ...」という連絡を取り合ってから、リヤから連絡があり、おもむろに外出。


リヤとは半週間ご無沙汰なので彼女の部屋にヤリに行く。

たった半週と思うかも知れませんけど、タビーさんとできない今、半週経つとチンちゃんが寂しいんです…


部屋に行ってみるとリヤはシャワーを浴びた直後だったので、髪を乾かし終わったところでメイクラブ。

気持ちを込めたメイクラブを終え、何か月ぶりかの上海で一杯、一年ぶりぐらいのハートオブダークネスで一杯、このところ行きつけの宝箱で寿司をつまみながらちょっと飲んでスッキリと帰宅。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




数日後…



「ヒー、今日来れる?ワタシ今日出勤しなくちゃいけないの。」


唯さまからSMSだ。

身体の具合が良くなくて出勤したくない唯さま、ボクがずっとPBしているのでバーの仕事普段は行ってません。基本的にボクが行く時だけ顔出します。今日もPB適用予定日だったけど、どうしても出勤しなくちゃいけないというので、ボクも行くことに。

今日は、日本人客4人が、カンボジア国内旅行を華やかで楽しくするため、アテンダントとして店のレディー7人を一緒に連れて行きたいというので、全員集めて誰が行くかを決めるんだそうな。

まとめ役としてボスも一緒に行くし、エッチも無しということだけど、何故7人なのかが不思議。


店は混んでいて、2階席に座らされたけど、ここなら人目をあまり気にしないでイチャイチャできるからいい。

唯さま一家は食べ物を買うお金がないというので10ドルヘルプしてチェック。


「ねえヒー、明日も来れる?」
「来れないことないけど、どして?」
「一緒にボーボー(お粥)食べよ。」
「わかった、来るようにするよ。」


ということで、翌日、仕事終えて即効帰って連絡を待っていると...


「家族のご飯作りが遅くなっっちゃって、私が行くの7時半になりそう。」
「オーケー、問題ないよ」


7時半過ぎ、唯から「今着いた~」と連絡があり、ボクも出勤。

定位置に座り唯さまにおきまりのレディースドリンク5杯を贈呈し、僕は無料赤ワイン。

僕が右手に巻いている祈り紐の話になった。
タビーさんがワット・ウナロムかどこかのパゴダ行って買ってきてくれた紐だ。通常のただ赤いだけの紐と違って、金糸が織り込んであり、ちょっと高級っぽい。


「この紐はねえ、一般のと違って髪の毛が中に織り込んであるの。一か月以上身に付けていると、その紐をくれた人から離れられなくなるのよ。」
「オレは信じないから大丈夫。」
「捨てちゃいなさいよ。」
「今は無理だよ。家族が来る前には捨てるけど。」


ほとんどすべてのカンボジア人が巻いている(人によっては何本も)祈り紐に効果があるのなら、みんなもっと幸せになっているはずだけど、少なくとも僕の周りのガールズ達、楽しそうにはしてるけど悩みや問題を抱えている子ばかりだ。

だからボクは全く信じはしないのだけれど、これほど具体的な効能を聞かされたのも初めてなので、ちょっとだけ怖くなった。

紐に込められた念が発動するのか、しないのか....

唯さまの言葉が現実となるのか、ならないのか....


実務研修で日本に行くことを模索したころから日本語教室に通い始めた唯さまの、ひらがなの練習に付き合っているところにトム君がやって来た。

彼、最近この店に入ったというレディーを隣に付けて歓談し始めた。ボクが初めて認識するそのレディーは、ハイキングウォーキングのQ太郎みたいな風貌だけど、接してみると良い子だった。

9時半近くにチェックして退出。同時に唯さまも帰宅。


「ヒーさん、FBでマッサージ受けたいんですけどいいですか?」
「オーケー、付き合うよ。」


久しぶりのFBだ。
ダヤン居るかな?居なくても構わないけど…

St.136を歩いていると、新装開店したバー、ハートアタックの前で数人のレディーが紙を配っている。渡された紙を見るとオープニング記念無料ドリンクのチケットだった。


「後で行ってみましょう」とトム君。
「OK、そうしよう。ガールズ!後でネ!」


そしてFBへ...


店の前のソファで客待ちしているレディーの中にダヤンが居た。

この前ボクに嫌われたと思っているのか、ボクのことが嫌いなのか、最初はボクを見ても遠慮して来ようとしないのでボクが手を伸ばすと、嬉しそうにその手につかまって立ち上がった。

彼女を切ったことは切ったんだけど、別に嫌いになってブッタ切った訳じゃないので、居るのなら一緒に飲みたい。

トム君がウトウトとマッサージを受けている間、吹っ切れた軽い気持ち + 新鮮な気持ちでひと時を楽しむ。

ダヤンと一緒に居てこんなに楽しかったのは久しぶりだ。



そのせいかな....あんなことになったのは...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんにちは、とむやむ君さん

タイランドにもあるんですね、祈り紐。
さすがモテモテとむやむ君さん、沢山巻かれてますね。

私は一本巻く程度だったらそんなに嫌いじゃないんで、臭くならないように気を付けて身に着けてます。

で、あんなこと...

酔っぱらった私のことですから、あんまり楽しみにしないでくださいね...

* by とむやむ君
おはようございます。

ん?
あんなこと?

どんなことになったんでしょう・・・

それにしてもお祈り紐。
あれってヘタに巻かれると困りますよね。

取っちゃうわけにいかないし、でも汚くなるから私は嫌いなんですよ。
まぁ日本に戻った段階ですぐ取りますけどね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。