10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-07-25 (Sat)
R & M
※本文とはあんまり関係ないですけど、懐かしシリーズ第2弾....バッサ君見てる??



唯さまとパッタイ(前回バッタイって書いたんですけど、Pad Thaiだからこっちが正解なんですね…)を食べて、飲んで遊んだあと、唯さまに送られて帰宅。

さてさて、もういい時間なんだから寝りゃあ良いものを、悪い癖が出てリヤに電話してしまった。

いい歳こいてこんなにルーズだってことは、もう治らないんだろうな~


「もしもし?ヒーさんです。来ますか?」
「行く!何か欲しいものある?」
「うーんと、レッドワイン….かな」
「わかった。待ってて、直ぐ行くから。」


それから小一時間経ち、もう寝ちゃおうかと思った頃、ピンポーンとチャイムの音がして、玄関を開けるとリヤとヒャオがなだれ込んできた。

リヤは、ワインの他にマルボロライト、ミーチャーそしてコーラを買ってきてくれたので、ヒャオを交えて真夜中の宴会をする。

いい加減ホントに眠いし、明日の仕事に差し支えるといけないので寝ることにしてベッドルームへ。ヒャオは別のベッドルームで寝る。

一緒にシャワーを浴びてシーツにくるまると、リヤがヒンヤリした身体で絡んできてFのご奉仕….眠たいので逝きもせずに寝ましたけど。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




目が覚めるとリヤがこっちを向いて寝息を立てている….

その横顔が綺麗なので(けっして美形じゃないんだけど、角度によって綺麗に見えるリヤちゃんなのです)ついちょっかいを出してしまい、仕事前のエッチに突入。こっちの相性はやっぱりリヤが一番良いかな....」


「そういえばゆうべ買い物するお金良く持ってたな。」
「ううん、なかったよ。だから携帯を質屋に入れて借りてきたの。」
「そうだったんだ…じゃあこれ...」
「アリガト」


ボクは少しばかりのお金をリヤに渡し、ちゃんと午前中に帰るように厳命して出勤。




2日後、リヤに電話するとヒャオと宝箱で飲んでるという。ヒャオは日本人との付き合いも多いから日本食もほとんどオーケーだ。


「ヒーさん、直ぐ来て!」
「うーん、面倒だな。迎えに来てくれたら行ってもいいかな...」
「待ってて直ぐ行くから!」


本当にリヤはすぐにトゥクトゥクを飛ばしてやってきた。

宝箱に行ってみるとヒャオの姿が見当たらないけど、まだ飲んで食べ散らかしている途中のテーブルにリヤと二人で座る。


そこにヒャオが戻ってきた。


「ミスターヒーさん、今日は私が奢るからね!好きなもの注文して!」


ヒャオ、そうとう酔っぱらってるみたい。
何でも家の修理か何かでお金が必要だからiPhoneを売ったんだとか。そのお金が手元にあるので気持ちが大きくなってるみたい。


そんな話を聞いたとしても、ボクは遠慮なんかしませんよ。

ホントウに好きなものをどしどし頼む。

ヒロシマ風お好み焼き♡
hiroshi.jpg

お刺身も♡
Takarabako Riy1

お寿司も♡
Takarabako Riy2



「聞いてよミスターヒーさん、ヒドイのよ!」
「何が?」
「二人で飲んでたらフォリナーが何人か声かけて来たんだけど、みんなリヤ目当てなのよ。花もらったのもリヤだけだし….」
「そりゃオメェ…アレだよ...」


隣のリヤと向かいのヒャオを見比べると、ボク的には理由はハッキリしてると思うんだけど、ごちそうになってる手前ハッキリとは言えねえ…


「やっぱりもっとスリムじゃないとダメなのかなぁ....」


なんだ、わかってんじゃん….

その後ヒャオは酔っぱらっておしゃべり...というか愚痴の勢いが止まらず、昔はスリムだったとか、上半身は今でもスリムだとか、早口でしゃべり続け、その分リヤの方はとてもおとなしくボクにつき従っている感じ…余計にリヤが可愛く思えたのでした....


「ねえヒャオ、この辺はファランが多いからそういう結果になるんで、日本人が相手だったら、もしかしたらヒャオの方が人気あるかもしれないよ....」とは、あんまりフォローにならないんで言うの止めておいた。


けど、実際ヒャオがモテないってことはなく、Aさんがこの地を離れてからだって日本人のボーイフレンドがいつも居るように思える....


「ミスターヒーさん、ポントゥーン行くよ!」
「お、おう...」


スポンサーの意向には逆らえずに、すぐ裏にあるポントゥーンに行き、カウンターで更に乾杯して夜が更ける。


今夜はリヤのスリムな身体を抱きたいな、とは思いながらも、すでに体力と時間切れ…



今帰れば3時間は眠れると計算して、二人にバイバイして帰宅したのでした。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。