10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-06-30 (Tue)
229tab
※本文とはあんまり関係ありません......



リヤとダヤンの二人と少し距離が出来たヒーさん、タビーさんとの定例お食事アンドいちゃいちゃタイムの後の夜遊びがめっきり減って、最重要ミッションのひとつ、家の中のチェックを繰り返し行っている。

クローゼットの奥、ドレッサーの引き出し、ソファーのマットの下とかから、ヘアピン、長い髪の毛の絡まったブラシ、ブラの肩ヒモなどなどが出てくるし、以前セイが主に使用していたベッドルームのドレッサーからはルージュのかけらやつけまつげといった今まであまり気にしなかった物が出てくる出てくる。

こういったガールズ関係の痕跡を見落とすことなく排除しなければならない。

こういうのって家族を残して単身駐在している人の何パーセントかは経験してるんだろうね。特に東南アジアや南米なんかは多そうな気がする...

タイの駐在妻さんのブログだったかな?に、タイやフィリピンへの単身赴任は100%浮気するから絶対一緒に行かないといけないって書いていたのを見たことある。

さすがに100%っていうのはないと思うけど、浮気の中にプロの女性とのアソビが含まれているのだとしたらかなり高い確率なんでしょうね。

さらに現地の女性とプライベートな関係になる人も多いんだと思うけど、同棲状態になっちゃう人ってのは、ボクみたいに愛情の懐が大きい人(ウソです。本当は、気が小さくて意志も弱くて断りきれない人です。)だけなのかな...

あっ、住居を与えて囲っちゃうって人もいましたね、前にポーンさんがコメントでおっしゃってました。そうできるのは、賢くてホントに懐が大きいんだと思います。

ボクにはちょっとできそうにありません...



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking






ある日のタビーさんへの定時連絡。


「今仕事終わったから行くね。」
「ごめんなさい、食べるものがないの。」


渡しておいたお金が尽きて食料を調達できなかったらしい。


「じゃあ外で食べよう」ということになり、迎えに行くと、彼女は自分だけ着替えをして外出準備をしている。


「あれ?弟君はいいの?」
「いいのよ。ご飯はあるんだから大丈夫。」


どうやら田舎少年はご飯と冷蔵庫の残り物で十分なようだ。


部屋から通りに出て20mほど行ったところに管理人駐在の駐モト場があり、ひと月5ドルで利用できる。
新居のある路地裏が中庭みたいになっていて、周りの住人でそこに停めている人もいるみたいだけど、こっちは新参者だし、盗まれる可能性が高いので、タビーさんもその駐モト場を利用するようになった。

前は街にあふれるモトを見ても、保管方法なんかに思いは至らなかったけど、自分でローカルな住居に関わってみてはじめて「みんなどうやって保管してるんだろう?」と疑問に思っていたところ、こういった駐モト場が至る所にあるんだということがわかって納得。

駐モト場からアイコンを引っ張り出し、通りに出てプサーカンダール裏のSt.13を進む。

ボクがいつもグラグラの実(バイアグラのジェネリック薬”カマグラ”の事です)を一箱2ドルで購入しているファーマシーがその辺りにある。


「ハッピーマン行って食べましょうか?」
「ああ、おまかせするよ。」


ボク達はプサーチャーの角でSt.110を右折しハッピーマンに到着。

マダムにビールを頼み、すぐにタビーと一緒に食事を買いに出る。


日本人がオーナーで、ボク的にもイケてると思うレディーが居るバー、プリティーウーマン(Pretty Women)の隣の軒先に屋台が出ているのは前から知っていたけど、しょっちゅうレディー達が店の前で待機していて、中には唯さまの知り合いも居るので今まではそこでの食事は避けてきた。

でも、タビーさんはそんな事情に頓着するはずもなくそこに直行。

ボクもしかたなく後に続く。

お腹が目立つようになってきたタビーさんとナイスミドル(?)な日本人のカップルだ。やっぱりその辺にいる玄人さんや素人さんのレディー達が興味津々にジロジロと見てくる。


バーガールの記憶力がハンパじゃなくいいのは、タイランドもカンボジアも同じこと。
ボクはプリティーウーマンが出来たてのころから何度か飲みに行ってるし、唯さまに連れられて行ったりもしているので、間違いなく覚えられているはずだ。

その唯さまはタビーさんとボクのことをもちろん知っているので、タビーさんと一緒に行動していることが伝わっても何も問題はないのだけれど、プラスにはならないだろうから伝わらないに越したことはない。

ボクはレディー達になるべく顔を見られないような角度に立ってミーチャー(焼きそば系)をオーダーし、後のオーダーはタビーさんにお任せしてそそくさとハッピーマンに戻った。



タビーさんがボクのスマホに入っているJ-POPとK-POPを聴きたいというので、カウンターにいるレディーに頼んでボクのスマホをコンポに繋いでもらい、店の中に「つけまつける」や「花鳥風月」が流れる。

この店、設備に殆どお金をかけてないので、コンポの結線がどこかで外れているのか壊れているのかわからないけど、流れる音楽は片チャンネルだけだ。

それでもリラックスして飲んでいると、若い兄ちゃんが出前を持ってきたので、カウンターの上にそれらのクメール料理数点を広げて二人で食べる。


その若い兄ちゃん、まだ15、6歳だと思うけど、ハッピーマンのレディー達とふざけあったりしてかなり懇意のようだ。

ボクは昔、花街育ちの遊びなれた風の男に憧れたことがあったので、そんな年代からレディー達に囲まれて育っていることが何となくうらやましく思えてしまった。


こういう風に育った子は将来オンナに入れ込んで騙されるなんてことは、まずないであろうな…



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。