10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-04-25 (Sat)
yui212
※本文とはあんまり関係ありませんが、⭕さまこのころは細かったのになあ....



いつものようにSMSによる召喚を受けてSt.136に赴くヒーさん。

珍しくポンピーから「今迎えに行くよ」と電話があった。行き違いの空走りを避けるためだろう...

モトは早いから、電話から5分以内には我が家に来るので、外で長時間待たなくてすむ、というよりポンピーの方が先に来てボクを待っている方が多い。


プノンペンの日本大使館では、外出時はモトやトゥクトゥクを避けてメータータクシーを利用するようにと広報してるけど、ボクは夜間はモトの利用率が高いかな...

もちろんタクシーの方が快適なんだけど、タクシーの絶対数が少ないし、ナーガホテル(ダーリンのあるカジノホテルね)みたいに賑わう場所以外は電話で呼ばなきゃ来ないからね...

で、次善の策としてモトを使うのだけど、交通事故の可能性はともかく、危ない感じを持ったことがないのは、一定の条件で利用しているからだと思う。

ボクが心がけてるのは、ア)知っている場所しか行かないこと、イ)顔見知りのドライバーを使うこと(それでも突然悪い奴に豹変する可能性はあるけどね)、ウ)しかたなく知らない場所から知らないドライバーを利用する時は、周辺の状況と、現在地の把握を怠らないこと...

ボクはプノンペンの町歩きは結構慣れてる方だと思うんだけと、夜は一定のエリア以外は歩かないし、常に前後左右気を配っているし、荷物はなるべく持たないようにしてるしね...

旅行者が夜中にワットプノン周辺で強盗にあったという話があったけど、ボクに言わせればそんなの当たり前...

プノンペンの夜は気を許すことができないのは確かなので、旅行で来る人は大使館のアドバイスを厳に守った方が良いと思います。

ああ、ついでに、町で親しげに話しかけてきてアジトに誘い込み、カードゲームやなんかに巻き込んだあげく、ATMで限度額まで引き出させるっていう類いの詐欺も流行ってるらしいんでそれにも注意ね...大使館の領事さん曰くガイシャが後を絶たないそうです。町で話しかけてくるようなヤツにろくなヤツは居ないってこってす。

日本人は愛想が悪くてフレンドリーじゃないって思われても構わないので、町を歩くときは「声かけて来るなオーラ」を放出しましょう。

外国では"自分の身は自分で守る"ですよね...


大幅に話がずれてしまったけど、無駄じゃあないよね...




↓↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




そんなこと言ってはみたものの、ある面では自分の身を守り切れていないヒーさん。

唯さまに良いように取り込まれています...


今夜は甘えながら、ペンシルマーケットに連れて行けとか、バンコクに連れて行けとか、おねだりを散りばめつつ、楽しい話題を提供してラブラブモードを演出してくれる。


やれば出来るじゃねえか…


「ねえヒー、明日は大丈夫?」
「明日からお客さんが来て仕事が忙しくなるから無理かもしれない。」
「来れるかどうかだけ早い時間に教えてくれる?だってヒーが来ないんだったら私も来ないから。来ないんだったらメークとか着替えとかの支度しないですませたいもん。」
「来れない確率の方が高いから支度しないでいていいよ。来れることになった時に連絡すればお前来れる?」
「ノーメイクでいい?」
「構わないよ。ノーメイクでもお前はスレイ・サート(べっぴんさん)だから。」


唯は顔をくっつけてきて「コーホック(嘘ばっかり)」と言った…

今日はそのまま珍しく最後まで仲良く飲んでチェック。


「隣でちょっと飲んで帰りたいんだけど…」
「出てくるまで外で待ってて家まで送るわよ。」
「わかった。」


唯に見守られながらガリの店に行く。なんか変なの....

こんな時にガリが外にいて、外でボクの受け渡しみたいなことしてくれたら面白いのに、と考えて少し笑ってしまった…

薄笑いを浮かべつつ店に入るとガリがすぐに寄ってきた。


「今、唯が外で待ってるんだ。」
「彼女いつも外であなたを待ってるわよ。」
「それを知ってるってことは、お前よっぽど暇なんだな。」
「ふん、ほっといてよ...」


二人でテンポよく飲んでいたつもりが結構時間が経ってしまったみたいで、唯からSMSが来た。


「ヒー、何でこんなに時間かかるの?早く来なさい。」
「酔っぱらっちゃった。」
「待ってるのよ、もう出てきて。」
「ここに来る?」
「イヤよ。」
「ゴメン、冗談。直ぐ行くよ。」
「もし来なかったら一生怒るからね。」
「今チェックしてるから。」


外に出ると唯が待ち構えていて、そのままポンピーのモトに同乗。

うちのゲート前に着いたとき、そこに停車しているトゥクトゥクを見た唯が言った。


「フフフ..あのトゥクトゥクにタビーが乗ってるわよ。」
「ウソ…」


ボクは腹を決めてトゥクトゥクに近づいて覗き込んだ。

なんだ、タビーじゃないじゃん(良かったー)。


「リカちゃん何やってんの?」
「今から出勤よ。」
「トム君は?」
「今は家に居るわ。」
「じゃあこれからトム君連れ出そうかな…」
「どうぞご自由に…あれは唯よね?」
「...だよ」
「フーン(-_-)...じゃあね」


唯め、騙しやがったな…


「チカエチカエのガールフレンドだったぜ。」
「なんだ、タビーかと思ったわ。じゃあ明日来れるように頑張ってね。」
「ああ。じゃあ気を付けて。おやすみ。」
「OYASUMI…」


いつもに比べて短時間の飲み時間だったけど、ヒーさん的にはそれなりに面白い夜だった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。