03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-11-05 (Wed)
冷風から、元の暖かくて優しいオンナに戻ったタビーと一緒にシアヌークビルに旅行。

前にトム君達と行ったときは、行き当たりばったりでアイランドホッピングなんかに参加したけど、今度は何をやろうか?

そう考えてネットで調べたら、バギーツアーが面白そうだ。

Fun Buggy’sという会社?のFBページから連絡をとると、旅行中日の半日ツアーに参加できることになった。

殆どの日本人がそうなんだろうけど、僕も一応旅行先のことはネットで調べてみるんだけど、カンボジア人(と言っても、僕の知り合いはバーガールばかりだけど)でそんなことしている人は見たことない。

で、調べてみたところ、どうやらセレンディピティビーチとオーチュティルビーチ界隈に、日本人の若者が何軒か飲食店を開いているようだ。

なんでも、カンボジアで起業するためのアカデミーがあり、最近実際に起業し始めたみたい。

そんな飲食店に行くのも今回の楽しみだ。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




ホテルはセレンディピティーロードにあるホリデイヴィラ・ナタヤ。ネットで見ると、かなり小綺麗なホテルで、泊まるのが楽しみだ。

往復はおなじみのGiant Ivisバスだ。

前回のシアヌークビルはガリとの最悪な旅行となってしまったけど、今回はバスに乗り込む前の腹ごしらえから、イチャイチャムードを堪能する。



え~~っと、、、、バス内はただイチャイチャベタベタしているだけなので割愛ね....



で、シアヌークビルに到着し、トゥクトゥクでホテル到着。


フロントでチェックイン手続きをして、ボーイに案内されて部屋に行く。ボーイがドアを開けると、欧米人の若い男性が風呂上がりの半裸状態で立って居た。

「ソーリーソーリー」と謝るボーイに連れられて再びフロントに戻る僕たち。
今回の旅行は何やら楽しくなりそうな香りがプンプン漂ってきた。

しばらく待たされた僕らに、フロントスタッフが言った。
「お待たせしました。別のお部屋をご用意しましたので、ご案内します。」

そして連れられていった部屋はグレードアップされたシービューの角部屋で、さっき案内された半裸男性が居た部屋はなんか薄暗かったけど、この部屋はとても明るい。

ラッキー...

特にバスルームが角になっていて、外がよく見えて明るい、ってことは外からもよく見えるってことだよね?僕はいいけど、タビーのハダカを見られるのは嫌だな...

部屋に落ち着いた僕たちは、早速身軽になってビーチに...

先ずは、海の家のブルーオーシャンに行って何か「和」に親しもう...と思ったけど、日本の海の家定番の、焼きそばとかラーメンとか、カレーライスとか、そういうものがメニューで見つからず、仕方なくバーイ・チャー(チャーハン風のもの)を頼んだ。

改めてネットで調べてみると、そういうメニューもあるみたいなんだけど、僕はどうして見つけられなかったんだろう?メニューが違ってたかな?

D_SHV_BO1.jpg

ともかくビールやワインを飲みながら、チャーハンや行商ババアから買ったイカ焼きを食べていると、レンタル用のジェットスキーが気になってくるが、値段を見ると高いのでやめておく。

D_SHV_BO2.jpg

座り心地のいい椅子に寄りかかって空を見ていると、ほんの少し寝てしまっていたようだ。
それでもタビーが楽しそうにしているので良かった、と思ったら、タビーのやつ僕が寝ている間に僕の写真を何枚も撮っていた。

午後も遅くなったのでブラブラとピアバーまで行き、桟橋の先端まで行って釣り人を見物したり、バーで飲みながら周囲を眺めたりしていると、モーター付きの凧が空を飛んでいる。

なんていう乗り物なんだろうか?ジェットスキーみたいなものにハンググライダー風の三角翼がついていて、エンジンで回るプロペラが付いている。

音もでかいし、何度も離着水を繰り返しているのでとても気になった。でも、僕は地面の上で彼女とイチャイチャしている方が好きなので、試してやろうとは思わなかった。

そうしているうちに日も暮れてきて、綺麗な日没。日が沈むにつれてぐんぐんと暗くなる。

D_SHV_sunset.jpg


岬の森の中に点々と明かりが灯る。たぶんバンガローだろう。タビーはああいうところにも泊まりたいらしい。

「次はああいうバンガローに泊まろりましょうね。あっちの海は岩だから魚釣りもできそうよ。」
「ああ、いいね、そうしよう。」

そう答えながら、次はあるんだろうか?とついつい考えてしまった僕だった。

すっかり夜になって活気が出てきたビーチを再び歩き、バケツカクテルのあるバーに陣取ってスペアリブなどのBBQを楽しむ。また少しウトウトしちゃったみたいだけど、これも安心感からくるんだろうな。

D_SHV_buket.jpg

環境のせいで余計美味しく感じるカクテルと料理で満足して、二人で海に向かって打ち上げ花火をやり、すっかり堪能した僕たちは、明日に備えてホテルに戻って休むことにした。

二人で一緒にシャワーを浴びて、タブレットでエアロスミスのコンサートの模様を流しながら美白クリームを塗りっこしていると、自然にムードはエロい方に向かう。

タビーが丁寧な攻撃で僕の硬度をMAXにしてくれたので、僕はタビーの手をガウンの紐で拘束して、Mのタビーにお返しだ。

非日常なので気分も高まっていたのか、いつも以上に逝きまくるタビーに僕も満足してフィニッシュ。

一日目を無事に終えて、明日はいよいよ待ちに待ったバギーツアーだ。

楽しみだなあ...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : シアヌークビル
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ポーン
ヒーさん

海の家も欧米人がオーナーの所とかは、比較的マシですね。(無料ロッカーがあったり、英語ができたり)
大体共通しているのはプノンペンの飲食店のひどいバージョンみたいな感じですね。(注文の取り違えや言い訳の仕方等々)
まあ愛嬌の良さと海の心地よさから全て許せてしまうわけですが…

* by ヒー
おかえりなさい、とむやむ君さん

帰ってきて、また直ぐに行きたいなんて、贅沢なやっちゃ.. でも気持ちわかります。

パタヤ、行ったことないですけど、夢の楽園みたいですもんね。

* by とむやむ君
ご無沙汰してました、今日帰ってきました。

日本は寒くてカゼ引きそうです。
いいなぁ、ビーチリゾート。

パタヤ行きたくなっちゃった。
今日帰ってきたばっかりなのに。(^^;


* by ヒー
こんにちは、ポーンさん

海の家ダメダメですか?
確かに料理を楽しむレストランとしては???ですが、僕はなんとなく許せちゃうんですよね。環境とムードがそんな気持ちにさせてくれるんですね。

ライオンレストランは行ったことないですけど行ってみたいですね。女の子と一緒だからクメール語オンリーでも構わないし..

バギーツアー、マジおすすめですよ❗

* by ポーン
そういえばそこはクメール語のメニューしかないしクメール語以外は通じないですがヒーさんなら大丈夫でしょう(笑)

* by ポーン
バギーツアー、海の家に貼ってあった広告のポスターを見たことありますね。
楽しみです。
しかしシアヌークビルの海の家はダメダメですね。
レストランも総じて外れが多いですが、カフェSUSHIと侍レストランはまともでした。あとライオン像周りにあるライオンレストラン?ですね(夜になると車の数が凄い所です)。ここのエビを煮ただけの料理がうまいですよ。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する