03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-10-06 (Mon)
恥ずかしながら今日気が付いたんですが、プノンペンも遂にグーグルマップでストリートヴューのサービスが開始されていますね。

何年か前に、準備を始めたことは知ってましたが、遂に始まった、という感じです。

僕が通っているバーストリートもバッチリ写ってます。

もちろん昼間の風景ですし、画像がちょっと古くて、今あるバーが未だ無かったりしてますけど、疑似バー巡りが出来て面白いです。

これでプノンペンも都会の仲間入り?




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。




ったく、何なんだ?という夜が明けて、ガリを起こして朝食に行く。もう10時過ぎなのでブランチだけど...

このホテルは朝食付きではないので、通りを挟んだ向かいのゲストハウスのレストランに行ってみる。

僕は努めて普通の会話をするものの、会話が弾むとは言えず、ガリも僕もすぐにスマホで遊びだしてしまう。ダメだこりゃ...

↓こんな感じ
GariAsaSHV.jpg


パン、オムレツ、ブラウンポテト等を静かに食べ終えて、ビーチを散歩してみても盛り上がらず、部屋に帰って各々好きなことをやって時間をつぶし、午後も遅くなった頃僕が一つ提案した。

「スネークハウスに行きたいんだけど、一緒に行くか?」
「行くわ。」

ということで、トゥクトゥクに乗ってビクトリーヒルの方にあるスネークハウスへ。

スネークハウスlはヘビやワニなどの爬虫類園を併せ持つレストランで、少しだけ行ってみたいと思っていた。

参観料を多少取られたかな?忘れたけど、とにかくガリと一周回ってみた。

出だしはヘビの水槽が多く、中にはデカいニシキヘビや、ジョワッなんていう唸り声をあげて威嚇してくるコブラが居て、なかなか面白い。

↓コブラ。
Gari_CobraT.jpg



二人は同じペースで歩いていても、興味のある蛇の写真を撮ったりしながらなので、次第に離れて行く。というか、ガリは僕のペースなんか気にしないで(というより僕が居るのを忘れて)途中でSMSのやり取りや、画像を送ったりなんかしてるんで、一体感が全くない...

↓こんな感じ
GariSnakSHV.jpg



後半はワニや鳥なんかがいたけど、僕はそのどちらも興味がなく、ガリも飽きたみたいなので、レストランに行って生ビールを一杯ずつ、ポツポツとヘビの話なんかをしながら飲んで、ホテルに帰ることにした。

雨も上がったので、ビーチに出て、適当なレストランの軒先のテーブルに座り、ワインとシーフードで食事。そのまましばらく飲み続けて夜を迎え、ホテルの部屋に戻ると、ガリは背中をこちらに向けてベッドの端っこに入り、スマホ遊びを再開した。

「何度も言うけど、何でオレを無視するんだ?」
「あー、もういい加減にして!」
「オレが何をしたっていうんだ?」
「ひとつだけお願い。私をプノンペンまで連れて帰ってね!」

ガリもキレたみたい。
何が気に入らないのか知らないけど、キレられるとは思わなかった。
予定を切り上げて今朝帰れば良かったな...

その後はもう朝が来るのを待つだけ....静か~に部屋で過ごした。

翌日、朝食を摂ってチェックアウトし、2時の出発時間までマッサージでも行こうと思っていたが、ガリが起きてこない。見ると具合が良くなさそう。

「おいガリ、起きる時間だぞ。チェックアウトするぞ。」
「......」
「具合悪いんだったら、チェックアウトを1時間延長するか?」
「.....うん」

僕はフロントに頼んで13時30分までの1時間半、チェックアウトを遅らせてもらい、13時に再度ガリを起こす。

ようやく起きたガリの身支度が済み、チェックアウトし、トゥクトゥクでGiant Ivisの事務所に行き、バスに乗り込んだ。

再び座席で丸くなるガリ....

出発してから1時間ほどたったころ、ガリがスマホを取り出した。横目で見ると以前ガリのスマホの画像を見て、「誰?」と聞いたときに「お兄ちゃん」と説明されていた男性の画像と「Honey」という登録名が見えた。

ガリは「Honey」と少し話してスマホを再び鞄の中にしまった。

そういうことか....

彼氏が居たんだな....

プノンペンに到着するまで、ガリは一言も口を開かずに通した。

バスを降りてトゥクトゥクを広い、ガリの家の前で降ろす時、僕は2泊3日のペーバー代だけ渡し、「バイバイ」と言って別れた。

バンコクでは大多数の女の子にタイ人の彼氏がいて、彼女たちは彼氏が居ない振りしてお客さんをその気にさせて、その稼いだお金を彼氏に貢いでいるのが多いと聞いてたけど、プノンペンでこんなふうに騙された経験がなかったので結構ショックだった。

だって今まで「彼氏居る?」と聞くと、素直に「居るよ」と答える奴ばかりだったから...



僕はその後ストーカーになってしまった....

ガリのFBから彼氏のページを開いてしまったんだけど、ガリと彼氏と小さな男の子の画像をフレーム処理などで加工した画像の投稿が沢山あった。

彼氏?旦那?子供?でもガリのお腹には妊娠した形跡がないし、僕はますますわからなくなった。

所詮エッチ目的の相手なので失恋とかいうのとは違うのだけど、わざわざシアヌークビルまで行って嫌な思いをさせられた悔しさと、やっぱり少しだけ嫉妬が残っている。


僕はとりあえず自分の心の中で、悔しさとか嫉妬とかの負の感情が薄まるまで、(ガリに対しては)ジッとしていることに決めた。



そんな僕を更にショッキングな出来事が襲ってくるとは予想していなかった..




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : シアヌークビル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん、

そう、隠し通してくれれば居ないのと同じですからね..
でも彼女の機嫌の悪さの原因は未だに分からないです。

とにかく最悪の旅行でしたし、この後も...

暗黒時代到来です。

* by とむやむ君
こんばんは。

そういう事でしたかぁ・・・

まぁ恋人がいるのはしょうがないとして、せめて一緒にいるときは隠し通して欲しいものですよね。

そういうのって・・・やっぱり私も嫉妬しちゃうと思います。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する