10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-09-06 (Sat)
2日目、大型ホテルに見合った品揃えの朝食を摂り、昨日と同じトゥクトゥクで遺跡巡り。

リヤと来た時と同じで、アンコール・バルーン、アンコール・ワット、アンコール・トムそしてタ・プロームの4か所に行く。僕は3回目になるけど、タビーは初めてだからね。僕はまるでツアーガイドみたいだ。

面白いのは、メイもリヤもそうだったけど、タビーも事前に観光先を調べたりしないこと。そういう習慣が無いのか、僕に対する信頼なのかわからないけど、すべて僕任せ。

たださすがに常識は理解していて、いつもはショートパンツが多いのに、今日は寺院に行くのでひざ丈のジーンズを履いている。
唯様が以前、妹分のシロ(15歳位)がアンコールワットで撮った写真を見せてくれたけど、むっちりむき出しのショートパンツだで、唯さまも「本当にバカなんだから!」と呆れていたもの。



チケットに転写された僕の顔写真がヒドイのと、シャルル・ド・ゴール通りの気持ちよさは相変わらずだ。

アンコールワット前を左折してアンコールバルーンに行く。
今日は200mまで上がるみたい、やったー!



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



高いところに上る時ってなんでこんなにワクワクするんだろう...

やっぱり200mからだと、アンコールワットが良く見えて美しい。


↓バルーンの前で
REPD_Baloon.jpg

↓バルーンの下で
REP_Baloon2.jpg

↓上空からのアンコールワット
REPD_fromBaloon.jpg


そしてアンコールワットへ...

リヤみたいにハシャイでキレのあるポーズをつけまくるのとは違うけど、タビーはニコニコと僕にくっついてくるので、一緒に観光していてすごく楽しく、優しい気持ちになれる。

何だかタビーって、僕が彼女を見る時、必ず僕を見てる気がする...

レリーフと同じポーズをとったり、回廊の飾り窓でサンタフェ遊びをしたり、タビーもまた楽しんでくれてるみたい。


↓アンコールワットを背景に
Angkor Watを背景に

↓レリーフと同じポーズ
レリーフと同じポーズ

↓サンタフェ(古っ)みたいな構図
サンタフェみたい

↓中央塔前
REP_Angkors.jpg

↓第三回廊の階段上。ちょっと怖い...
第三回廊の階段上で


帰り道は横に逸れて、立ち並んだお土産屋でココナッツを飲んで休憩。

アンコールワットを出たら次はアンコールトム。

南大門をくぐるのに、車が混んでいてずいぶん待たされたけど、先を急ぐわけじゃあないし、構わない。

先ずおなじみバイヨン寺院だ。

中央の仏像のところで、おばあにムニョムニョと祈ってもらい、祈り紐を腕に巻いてもらう。

そして外の回廊で観音様と記念撮影。
今回はひどく暑いので、他のアンコールトム遺跡は省略してトゥクトゥク上から見ただけ。

それでも、次はタ・プロームに行くと言ったら「もうひとつ行くの?」と言うタビーさん。

少しバテ気味かな...?


↓バイヨンで
REPD_Bayon3.jpg

↓観音様の前で
REPD_Bayon4.jpg


タ・プロームに着いてからは、道の脇に垂れ下がった枝に乗って遊んだり、巨大な木の根で遊んだり、元気をとりもどしたみたい。


↓枝?根?
REPD_Taphrom4.jpg


↓タ・プローム前
タ・プローム前

↓巨大な木の根っこ
巨大な木の根っこ

↓蛇みたいな木の根っこ
蛇みたいな木の根っこ


タ・プロームを見終わって、これもまたリヤと同じ、カフェ・モイモイでランチ・タイム。そして有名なアンコール・クッキーのお膝元に併設されたカフェ・プカプカで冷たいスウィーツで休憩。

店内でキティーちゃんのTシャツを売っていて、タビーはペアで着たいというけど、おっさんとキティーちゃんの組み合わせはハズ過ぎるので却下。


ホテルに戻り、シャワーを浴びて休憩しながら時間調整。この後の予定は、二人でスパに行くこと。


タビーに良い思い出を作ってあげようと考えて、Bodia Spaのカップル専用パッケージ ‘IN THE MOOD FOR LOVE’を6時から予約してある。
このパッケージ、2人で250ドル也!!


時間がきた。
トゥクトゥクを呼んでHeritage Suites Hotelに行ってもらう。
しかし不便な場所にあるホテルだな。わざわざここを選んで宿泊する人はいるんだろうか...?


スタッフに案内されてスパの受け付けに予約してある旨告げ、落ち着いたハーブの香りの中で待つこと5分ぐらい、個室に通された。

広い部屋の中に施術台が2台並び、一角には石造りのしゃれたバスタブがある。

「お召し物を脱いでこれに着替えて、サウナにお入りください」

マッサーのお姉さんに差し出されたものは使い捨てパンツで。ユルユルで柔らかくて伸びるので、チンちゃんの状態がとても良くわかるシロモノだ。更に、サウナで座っていると当然汗をかくわけで、パンツが濡れて透けても来た。

15分ぐらいでノックされ、今度は施術台にうつぶせで寝る。

ボディー・スクラブとボディー・ラップを続けて施術された。うーん気持ちいい。

仰向けになった時には、おへその方を向いていたチンちゃんを指でつままれて横向きに直されてしまい、ちょっと感じてしまったけど、ほんの一瞬だけ。

そしてフェイシャルマッサージとパック。

目をふさがれている間に周りで何かやっている音が聞こえたけど、何だかは不明。
パックが終わった。

「パッケージのメニューは終わりました。あとは入浴とシャンパンをお楽しみください。」

お姉さんにそう言われてバスタブコーナーを見ると、こんな風に奇麗に飾られていた。


↓スパのバス周り
REP_Spa.jpg


バスの湯面はロータスの花びらで覆われ、脇机にはフルーツの盛り合わせとチーズとシャンパンが準備されている。
タビーは感激、写真をたくさん撮り、少しアンバランスだった灯りの位置をなおしていた。


↓バランス良く配置しなおし
REPD_BodiaSpa.jpg


先ず身体に付いたオイルか何かをシャワーで落とし、バスタブへ...

ぬるめのお湯に身体を沈めると、浮かべられた花が身体のそこかしこを刺激してくる。目の前には可愛いタビーが...最高のシチュエーション...

タビーがフルーツをカットしたり、剥いて食べさせてくれたりして極楽た。
シャンパンで乾杯しながら、湯船に横たわるラブラブムードのカップル。


あとは自然の流れだよね...


タビーを僕の上に乗せ、位置を定めると少しずつ、でも滑らかに滑り込んでいった。


この上ない至福のメイ○ラブ...


ドアをノックする音で遮られたけど、二人ともシャンパンのせいだけじゃない高揚感で満たされていた。


Bodia Spaを後にした僕たちは、プリンス・ダンコール・ホテルの並びにある日本食レストラン“ハシ”で寿司や天ぷら等の典型的な和食を食べた。


満腹感と程よい酔い加減で部屋に戻り、幸福感一杯のメイクラブをして、気持ちよく眠りについた...


今日一日でタビーは僕に惚れ直しちゃっただろうな...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : シェムリアップ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

いつも訪問していただいてる方に御礼です..(^^;

もう少し時間くれればフィニッシュ出来たんですけど..
でも、この上ない快楽の時間でしたよ。

250ドルはちょっと躊躇する値段でしたけどね...

* by とむやむ君
あれ?
最後の写真サービスショットじゃないですか。(^^;

でもこのスパいいですね。

最後にバスタブでシャンパンってすごく贅沢。
そりゃあ滑らかにもなりますって。(^^;

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。