03≪ 2015/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-04-22 (Wed)
211yui_0
※本文とは関係ないということで...



昨日は取り付く島もないほど心を閉ざしてしまった唯さま...

今日の約束はどうなるんだろう...と考えながら朝を過ごしていたら、昼過ぎにSMSが来た。


「ヒー...今日イオン行くの?」
「イキたいの?」
「イキたい」


一晩明けたらいつもの唯さまに戻っていた。

ピックアップする時間を決める際、家族の夕食を作らなくちゃいけないから、早く出かけて早く帰りたいという生活感あふれる理由で、15時半というボクの希望を14時45分に変えさせてくるあたりはいつもの唯さまだ。

午後から降り始めた大雨の中を、約束の時間14時45分に遅れないように慎重に運転して、何とか時間通りに彼女の家の近くのいつもの場所にクルマを止め、ホッとしてスマホを見ると「家の仕事が未だ終わらないから15時にしてね...♡」というSMSが入っていた。





↓↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





苦笑いしながら「今着いたところ。大丈夫。ゆっくり待ってるよ。」と返信して、小雨に変わった中でたばこを吸って待つこと30分、やがて妹の裕美ちゃんを連れて歩いてくる姿が見えた。

二人だけのデートにはならなかったか…と少しだけガッカリしたけど、裕美ちゃん可愛いし楽しいから、まあいいか…

唯さまは助手席、裕美ちゃんは後ろに乗り込んで出発。


「ヒー、お腹空いた~」


時間が無いっていうから真っ直ぐイオンに行くのかと思っていたけど...


「ハイハイ、何でもご希望をおっしゃってくださいお姫様…」


そう言って唯さまの指示通りにクルマを走らせると、ドイツ大使館の近くにあるピッツァカンパニーに到着。

レストランなんかのテーブルに着く時に、普通カップルとその妹に分かれて座るんだと思うけど、ボクは一人でお嬢様達は反対側…これってパパ扱いだよな…

3人で話し合ってシーフードピザと手羽をオーダー。

二人とも何が嬉しいのか、それぞれのスマホで自撮りしまくりだ。食事を終えてレジに進む時、裕美ちゃんはサラダバーをバックにお姉さんに撮らせているし。

ボクのクルマに乗り込む前にはクルマの横で記念撮影し、車内でも記念撮影。

※なお、これらの画像は後で裕美ちゃんによりFacebookにポストされ、あるお方の厳しいチェックに引っ掛かりバレてしまい、追求されることになるヒーさんでしたけど、その時には知るよしもなかった。

イオンに入るには右折で入る方が良いから(この当時は混んでましたから。それと、カンボジアは右側通行ですから念のため。)ちょっと遠回りだけどモニボンからマオ・ツェトンを経てソテアロスに入るルートを選択し、「裕美がブタだ」とか、「唯だって最近はブタになった」とか、どうでも良いことをしゃべりながら走って行ったけど、実はガソリンが殆どエンプティで内心ヒヤヒヤ。

そして、思った通りソテアロスは大渋滞。ソフィテル・ホテル前で殆ど動かなくなった時、唯さまが泣き始めた。。

「ヒー、オ○ッコしたーい…」
「ソフィテルの垣根の陰だったら通りから見えないぜ、ヒヒヒ...」
「バカ-!クルマの中でしてやるから!」

唯さまなら本当にやるかも....
だって唯さま、店でたまにボクをトイレに連れ込み、交代でオ⭕ッコしたりしてるんで(もちろんそのときチンちゃんの面倒は唯さまが...)恥ずかしくないのかも...

どのくらい事態が切迫しているのかはわからないけど、まだ余裕があると見えて冗談を言いながらその後約30分かけてイオンのパーキングに停車した。

二人はイオンの建物をバックにボクに写真撮らせたり、自撮りしたりしてお上りさんぶりを発揮…店内に入るまでずいぶん時間がかかった。

やっぱり余裕あるんじゃん…

それともシチャッタとか?


さて、イオンの店内に入ってトイレに行った後は二人とも更に大はしゃぎ…
特におもちゃ売り場と化粧品売り場…


ぬいぐるみ売り場で撮影会をやりーの
211yui_1

イオンカードを申し込みーの
211yui_2

レブロンのルージュを買いーの(え?3本も買うの?)…
211yui_3


とりあえずお買い物はそれだけで済んだ…ホッ

裕美ちゃんが何も欲しがらないのでそれにもホッ...

帰りは裕美ちゃんを家まで送り届けてから、唯さまとボクはそのままお店に行くことになった。

イオンを出てノロドム通りを独立記念塔に向かう途中、タビーから電話が入っちゃった。

「出た方が良いわよ」
「オ..オウ...」

唯の言葉にそそのかされ電話に出たヒーさん...

「今どこに居るの?」
「お客さんの見送りで空港に居る。あと1時間位で帰るよ。」
「そう...気をつけてね。」

...嘘ついてしまった。


「嘘つきのあなたに雷が落ちないか心配よ…」と唯さま。

今、外は雷が鳴っている…

家の近くに到着し、裕美ちゃんはボクの傘を持って小雨の中をご自宅へ、僕たちはリバーサイドへ…

到着する前に、駐車スペースを確保せよという命令が唯さまからポンピーに飛び、到着するとポンピーの誘導でその駐車スペースにスムースにクルマを停めることができたんだけど、ごく自然にこんな命令を出せるあたりがさすが唯さまだと思わせる…

ボクはちょっとの時間調整、つまり空港で用事を済ませて帰ったぐらいの時間で帰宅したかったので、二人で30分ほどコーラを飲んでチェックして唯さまをまた送っていこうと思っていた。


「あなたは真っ直ぐお帰りなさい、遅くなるといけないから…私はもう少ししたらトゥクトゥクで帰るから大丈夫よ。お金だけくれれば...」


タビーとのことを少し気遣ってるのか、そういう唯の言葉に甘えて、トゥクトゥク代を渡してボクは帰宅。


僕たち二人の間にある某かの溝は無くならないだろうけど、とりあえず関係が戻って良かった。


タビーさんもボクが仕事に行ってたと信じているみたいだし…





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : お休みの遊び
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。