03≪ 2015/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-04-30 (Thu)
可愛い唯さま
※本文の内容とはあんまり関係ありませんけど、○さま3連チャンになっちゃった...



昨日の昼間、唯さまがSMSを送ってきた。


「ヒー!アタシ今ママと病院から戻ったところなの。ヒーは今どこ?今日ペンシル行けるんでしょ?バンザーイ!!」


ペンシル行くのがそんなに楽しみなのか?よくわからんけど、沢山買い物したいんだろうな…


「ゴメン、今日は忙しくてペンシルにも飲みにも行けないよ。明日調整してみるから…」
「:( :( わかった、明日ね」


実はボク自身はペンシルに行くのはビミョー...

若い女の子と一緒にブラブラと買い物するのも、ペンシル内に集まる可愛い女の子を見るのも楽しいんだけど、やっぱり歳の差を自覚させられる場所でもある...

ファッション・マーケットだけあってミラーも沢山あるし...

そこに映る唯さまとヒーさん...

誰がどう見ても親子だものね...


たまーにファランとクマエの歳の差カップルを見かけることがあるし、タイもそうだけどカンボジアの人達もあんまり気にしてないみたいだけど、ボクはやっぱり少しハズいものがあるんでちょっと...





↓↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





翌日は何とか都合がついたので、仕事帰りに唯さまを家まで迎えに行きペンシルで買い物…

唯さま...下着が欲しいんだって、おいおい...

ペンシルに入って右端の方にある下着屋さんに直行する唯さま。
若い女の子に引っ張られて着いていくオサーン1人...

ここの下着屋さんって、当たり前だけど下着が一杯だ。彼女が物色している間、ボクははっきし言って居場所がない。

通路に立っていて知り合いに見られるのも、店の奥に居て入ってきた知り合いに見られるのも、どっちも困る。結果、店の中と外を行ったり来たり...

最終的に恥ずかしながら、ジャケットとか含めて…全部で90ドルぐらい買ってやり、そのまま家に送ってボクも自宅で休憩。



その翌日はトム君と軽い夕食を一緒に食べて軽く飲みに行こうということになり、シャングリラでラーメンを食べた後、FBでマッサージ。

そして唯さまの店で飲み、トム君に引っ張られるフリして隣のガリのバーで飲み、外で待っていた唯に見送られて帰宅するというお決まりのパターン…23時過ぎには家に帰った。



翌日の午前中に唯さまからSMSが来た。


「今マーケットでヒーのためにアンブレラを見てるの。綺麗なのがあるのよ。」
「(なんだか知らないけど裕美ちゃんが持っていったやつの代わりか)サンキュ唯。」
「今夜来れる?アンブレラ渡したいの。」
「たぶん行ける。」
「:)」


夕方になり雨が降ってきた。


「雨が降ってるからヒーのアンブレラ使っていい?」
「いいよ。それより唯、行けるの何時になるか分からない。今日からお客さんが来てるんだ。」
「大丈夫よ。待ってるわ。」
「ああ、サンキュ。」


お客さんのTK君が到着したので、トム君、ゴエ君も合流してT-Boneへ。
プノンペンには他にも美味しいステーキハウスがあるけど、コストパはここが一番だからね…

21時前に唯さまから「待ってる」とSMSが入り、4人で行ってみた。

が、店に入ると唯さまが見当たらない。


「ヒー。こんばんは。」


他の客についているシロが声をかけてきたので、今日は4人だから上に行くよと言って2Fへ上がり、右奥に座るとその前のボックス席で唯さまが立ち上がった。どうやらそこでドリンクもらってたらしい。

唯さまはそのお客に「ソーリー」と断って、ボクにくれるという傘を持ってきてくれた。

その傘は綺麗なワインレッドで、どうみてもレディース。

でもここは日本じゃないからボクは全然気にしない…傘を差して歩くことも少ないし…

唯さまはそのままボクの隣に座ったけど、その席は調子の悪いエアコンの真下で水滴が落ちてくる。で、その傘を椅子の背に挟んで差しかけてみた。

腕を絡めてきて傘の中に一緒に入ると相合い傘だ。

なんだか楽しい。


「ゴエ君、TK君を連れてって女の子を見て来たら?」


二人は下に行ったけど、直ぐに戻って来た。


「いいのが居ませんでした。」

二人そろっていい子が見つからなかったというので、唯さまに聞いてみる。

「ねえ唯、誰か居ない?」

唯さま、すぐに階下に行って一人連れてきた。
TK君にに着いたけど残念ながらどんな女の子だったかまったく覚えてない。

そうこうしているうちにチロ君がやって来た。

「後からチロ君が来たら○○に行きます。」と言ってソファではなく、椅子に座って彼を待っていたトム君、直ぐに二人で移動していった。

二人ともオキニが別のバーに居るから、こんなところに長居してる訳にはいかなかったのだ。


楽しく相合い傘してたけど、どうにもエアコンの水がウザイので、隣のソファに移動して飲み会を続けていると、唯さまのつり目の従姉妹が合流してきた。


「唯、ゴエ君にも誰かレディーを連れて来てくれる?」
「うん、待ってて。」


唯さまは再び階下に行って、初めて見る子を連れてきた。
若くて可愛らしい子だけどゴエ君の反応はイマイチ…

ホントにコイツの好みは良くわからんから...


そこにシロが突然やって来て唯さまに耳打ちをしている。



一体なんだろう?




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんばんはとむやむ君さん

KTVでは見たことないですが、バーではスゴいのを見ますもの。

スリムビューティー好きなボクが少数派なんだと感じる今日この頃です。

* by とむやむ君
こんばんは。

オンナの趣味ってのはホント人それぞれですよね。
よくゴーゴーなんかですごい見かけのダンサーが踊ってたりするのだって、需要があるからそういうダンサーがいるってことですもんね。

まさに蓼食う虫も好き好きってやつですね。(^^;

Comment-close▲
個別記事の管理2015-04-25 (Sat)
yui212
※本文とはあんまり関係ありませんが、⭕さまこのころは細かったのになあ....



いつものようにSMSによる召喚を受けてSt.136に赴くヒーさん。

珍しくポンピーから「今迎えに行くよ」と電話があった。行き違いの空走りを避けるためだろう...

モトは早いから、電話から5分以内には我が家に来るので、外で長時間待たなくてすむ、というよりポンピーの方が先に来てボクを待っている方が多い。


プノンペンの日本大使館では、外出時はモトやトゥクトゥクを避けてメータータクシーを利用するようにと広報してるけど、ボクは夜間はモトの利用率が高いかな...

もちろんタクシーの方が快適なんだけど、タクシーの絶対数が少ないし、ナーガホテル(ダーリンのあるカジノホテルね)みたいに賑わう場所以外は電話で呼ばなきゃ来ないからね...

で、次善の策としてモトを使うのだけど、交通事故の可能性はともかく、危ない感じを持ったことがないのは、一定の条件で利用しているからだと思う。

ボクが心がけてるのは、ア)知っている場所しか行かないこと、イ)顔見知りのドライバーを使うこと(それでも突然悪い奴に豹変する可能性はあるけどね)、ウ)しかたなく知らない場所から知らないドライバーを利用する時は、周辺の状況と、現在地の把握を怠らないこと...

ボクはプノンペンの町歩きは結構慣れてる方だと思うんだけと、夜は一定のエリア以外は歩かないし、常に前後左右気を配っているし、荷物はなるべく持たないようにしてるしね...

旅行者が夜中にワットプノン周辺で強盗にあったという話があったけど、ボクに言わせればそんなの当たり前...

プノンペンの夜は気を許すことができないのは確かなので、旅行で来る人は大使館のアドバイスを厳に守った方が良いと思います。

ああ、ついでに、町で親しげに話しかけてきてアジトに誘い込み、カードゲームやなんかに巻き込んだあげく、ATMで限度額まで引き出させるっていう類いの詐欺も流行ってるらしいんでそれにも注意ね...大使館の領事さん曰くガイシャが後を絶たないそうです。町で話しかけてくるようなヤツにろくなヤツは居ないってこってす。

日本人は愛想が悪くてフレンドリーじゃないって思われても構わないので、町を歩くときは「声かけて来るなオーラ」を放出しましょう。

外国では"自分の身は自分で守る"ですよね...


大幅に話がずれてしまったけど、無駄じゃあないよね...




↓↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




そんなこと言ってはみたものの、ある面では自分の身を守り切れていないヒーさん。

唯さまに良いように取り込まれています...


今夜は甘えながら、ペンシルマーケットに連れて行けとか、バンコクに連れて行けとか、おねだりを散りばめつつ、楽しい話題を提供してラブラブモードを演出してくれる。


やれば出来るじゃねえか…


「ねえヒー、明日は大丈夫?」
「明日からお客さんが来て仕事が忙しくなるから無理かもしれない。」
「来れるかどうかだけ早い時間に教えてくれる?だってヒーが来ないんだったら私も来ないから。来ないんだったらメークとか着替えとかの支度しないですませたいもん。」
「来れない確率の方が高いから支度しないでいていいよ。来れることになった時に連絡すればお前来れる?」
「ノーメイクでいい?」
「構わないよ。ノーメイクでもお前はスレイ・サート(べっぴんさん)だから。」


唯は顔をくっつけてきて「コーホック(嘘ばっかり)」と言った…

今日はそのまま珍しく最後まで仲良く飲んでチェック。


「隣でちょっと飲んで帰りたいんだけど…」
「出てくるまで外で待ってて家まで送るわよ。」
「わかった。」


唯に見守られながらガリの店に行く。なんか変なの....

こんな時にガリが外にいて、外でボクの受け渡しみたいなことしてくれたら面白いのに、と考えて少し笑ってしまった…

薄笑いを浮かべつつ店に入るとガリがすぐに寄ってきた。


「今、唯が外で待ってるんだ。」
「彼女いつも外であなたを待ってるわよ。」
「それを知ってるってことは、お前よっぽど暇なんだな。」
「ふん、ほっといてよ...」


二人でテンポよく飲んでいたつもりが結構時間が経ってしまったみたいで、唯からSMSが来た。


「ヒー、何でこんなに時間かかるの?早く来なさい。」
「酔っぱらっちゃった。」
「待ってるのよ、もう出てきて。」
「ここに来る?」
「イヤよ。」
「ゴメン、冗談。直ぐ行くよ。」
「もし来なかったら一生怒るからね。」
「今チェックしてるから。」


外に出ると唯が待ち構えていて、そのままポンピーのモトに同乗。

うちのゲート前に着いたとき、そこに停車しているトゥクトゥクを見た唯が言った。


「フフフ..あのトゥクトゥクにタビーが乗ってるわよ。」
「ウソ…」


ボクは腹を決めてトゥクトゥクに近づいて覗き込んだ。

なんだ、タビーじゃないじゃん(良かったー)。


「リカちゃん何やってんの?」
「今から出勤よ。」
「トム君は?」
「今は家に居るわ。」
「じゃあこれからトム君連れ出そうかな…」
「どうぞご自由に…あれは唯よね?」
「...だよ」
「フーン(-_-)...じゃあね」


唯め、騙しやがったな…


「チカエチカエのガールフレンドだったぜ。」
「なんだ、タビーかと思ったわ。じゃあ明日来れるように頑張ってね。」
「ああ。じゃあ気を付けて。おやすみ。」
「OYASUMI…」


いつもに比べて短時間の飲み時間だったけど、ヒーさん的にはそれなりに面白い夜だった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-22 (Wed)
211yui_0
※本文とは関係ないということで...



昨日は取り付く島もないほど心を閉ざしてしまった唯さま...

今日の約束はどうなるんだろう...と考えながら朝を過ごしていたら、昼過ぎにSMSが来た。


「ヒー...今日イオン行くの?」
「イキたいの?」
「イキたい」


一晩明けたらいつもの唯さまに戻っていた。

ピックアップする時間を決める際、家族の夕食を作らなくちゃいけないから、早く出かけて早く帰りたいという生活感あふれる理由で、15時半というボクの希望を14時45分に変えさせてくるあたりはいつもの唯さまだ。

午後から降り始めた大雨の中を、約束の時間14時45分に遅れないように慎重に運転して、何とか時間通りに彼女の家の近くのいつもの場所にクルマを止め、ホッとしてスマホを見ると「家の仕事が未だ終わらないから15時にしてね...♡」というSMSが入っていた。





↓↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





苦笑いしながら「今着いたところ。大丈夫。ゆっくり待ってるよ。」と返信して、小雨に変わった中でたばこを吸って待つこと30分、やがて妹の裕美ちゃんを連れて歩いてくる姿が見えた。

二人だけのデートにはならなかったか…と少しだけガッカリしたけど、裕美ちゃん可愛いし楽しいから、まあいいか…

唯さまは助手席、裕美ちゃんは後ろに乗り込んで出発。


「ヒー、お腹空いた~」


時間が無いっていうから真っ直ぐイオンに行くのかと思っていたけど...


「ハイハイ、何でもご希望をおっしゃってくださいお姫様…」


そう言って唯さまの指示通りにクルマを走らせると、ドイツ大使館の近くにあるピッツァカンパニーに到着。

レストランなんかのテーブルに着く時に、普通カップルとその妹に分かれて座るんだと思うけど、ボクは一人でお嬢様達は反対側…これってパパ扱いだよな…

3人で話し合ってシーフードピザと手羽をオーダー。

二人とも何が嬉しいのか、それぞれのスマホで自撮りしまくりだ。食事を終えてレジに進む時、裕美ちゃんはサラダバーをバックにお姉さんに撮らせているし。

ボクのクルマに乗り込む前にはクルマの横で記念撮影し、車内でも記念撮影。

※なお、これらの画像は後で裕美ちゃんによりFacebookにポストされ、あるお方の厳しいチェックに引っ掛かりバレてしまい、追求されることになるヒーさんでしたけど、その時には知るよしもなかった。

イオンに入るには右折で入る方が良いから(この当時は混んでましたから。それと、カンボジアは右側通行ですから念のため。)ちょっと遠回りだけどモニボンからマオ・ツェトンを経てソテアロスに入るルートを選択し、「裕美がブタだ」とか、「唯だって最近はブタになった」とか、どうでも良いことをしゃべりながら走って行ったけど、実はガソリンが殆どエンプティで内心ヒヤヒヤ。

そして、思った通りソテアロスは大渋滞。ソフィテル・ホテル前で殆ど動かなくなった時、唯さまが泣き始めた。。

「ヒー、オ○ッコしたーい…」
「ソフィテルの垣根の陰だったら通りから見えないぜ、ヒヒヒ...」
「バカ-!クルマの中でしてやるから!」

唯さまなら本当にやるかも....
だって唯さま、店でたまにボクをトイレに連れ込み、交代でオ⭕ッコしたりしてるんで(もちろんそのときチンちゃんの面倒は唯さまが...)恥ずかしくないのかも...

どのくらい事態が切迫しているのかはわからないけど、まだ余裕があると見えて冗談を言いながらその後約30分かけてイオンのパーキングに停車した。

二人はイオンの建物をバックにボクに写真撮らせたり、自撮りしたりしてお上りさんぶりを発揮…店内に入るまでずいぶん時間がかかった。

やっぱり余裕あるんじゃん…

それともシチャッタとか?


さて、イオンの店内に入ってトイレに行った後は二人とも更に大はしゃぎ…
特におもちゃ売り場と化粧品売り場…


ぬいぐるみ売り場で撮影会をやりーの
211yui_1

イオンカードを申し込みーの
211yui_2

レブロンのルージュを買いーの(え?3本も買うの?)…
211yui_3


とりあえずお買い物はそれだけで済んだ…ホッ

裕美ちゃんが何も欲しがらないのでそれにもホッ...

帰りは裕美ちゃんを家まで送り届けてから、唯さまとボクはそのままお店に行くことになった。

イオンを出てノロドム通りを独立記念塔に向かう途中、タビーから電話が入っちゃった。

「出た方が良いわよ」
「オ..オウ...」

唯の言葉にそそのかされ電話に出たヒーさん...

「今どこに居るの?」
「お客さんの見送りで空港に居る。あと1時間位で帰るよ。」
「そう...気をつけてね。」

...嘘ついてしまった。


「嘘つきのあなたに雷が落ちないか心配よ…」と唯さま。

今、外は雷が鳴っている…

家の近くに到着し、裕美ちゃんはボクの傘を持って小雨の中をご自宅へ、僕たちはリバーサイドへ…

到着する前に、駐車スペースを確保せよという命令が唯さまからポンピーに飛び、到着するとポンピーの誘導でその駐車スペースにスムースにクルマを停めることができたんだけど、ごく自然にこんな命令を出せるあたりがさすが唯さまだと思わせる…

ボクはちょっとの時間調整、つまり空港で用事を済ませて帰ったぐらいの時間で帰宅したかったので、二人で30分ほどコーラを飲んでチェックして唯さまをまた送っていこうと思っていた。


「あなたは真っ直ぐお帰りなさい、遅くなるといけないから…私はもう少ししたらトゥクトゥクで帰るから大丈夫よ。お金だけくれれば...」


タビーとのことを少し気遣ってるのか、そういう唯の言葉に甘えて、トゥクトゥク代を渡してボクは帰宅。


僕たち二人の間にある某かの溝は無くならないだろうけど、とりあえず関係が戻って良かった。


タビーさんもボクが仕事に行ってたと信じているみたいだし…





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : お休みの遊び
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-19 (Sun)
tab210
※本文とはあんまり関係ありません...


タビーと一緒にイオンに行った。

タビーが一番興味を持って見ていたのはやはりベビーグッズ...

ベビーカーにお風呂セットに哺乳瓶、エトセトラ...

生まれたらお金掛かりそう...

レディースの洋服やアクセサリーは、最初に値段をちょっと見て「高いね-」と言って、それ以降見なくなった。

イオンといえば良いものを安くというコンセプトだろうけど、殆どのカンボジア人はクオリティーにはあんまり拘らないだろうから、市場等で似たようなものをもっと安く買えるんだったらイオンでは買わないんじゃないかな....ボクが心配することじゃないけど...

店内で写真を撮ってそのうちの何枚かをフェイスブックにアップしていたら、元々残り少なかったスマホのバッテリーが切れてしまったので、仕方なく電源を切っておいた。

一回り見た僕たちは、スーパーマーケットで少し買い物をして、以前通りかかりに見かけて店の造りがちょっと気になっていた居酒屋「承太郎」に行くことにした。

だいたいの場所は分かってるんで、ホンダ・アイコンをボクが運転。

店主が台湾の人らしく、お客さんも中国系のグループが数組。ボク達はカウンターに座って適当に飲み食いしたけど、味の方はイマイチかな...

日本食が貴重だった一昔前ならともかく、既に飽和状態だと思われる今のプノンペンで生き残っていくのは難しいんじゃないかな....ボクが心配することじゃないけど...Part2





↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





「承太郎」を出て、タビーの運転で家に帰り、スマホの充電も半分ぐらい終わった頃に電源を入れると「私も明日連れて行け」というSMSが入っていた。

送信者は唯さま...

ボクのフェイスブックの投稿を見たようだ。
かなり遅くなったけど、念のため返信しておこう。

「ヒーです。今家にいる。返信が遅くなってゴメン。バッテリーが切れていたから...」
「家に居るのにどうしてバッテリーが切れるの?どうせ他のオンナと一緒にどこかに居るんでしょ?私はウソは大嫌いよ!!」

自分勝手に怒り始めたので、ちょっと落ち着かせようと思い、会いに行くことにした。

SMSではお怒りモードだったけど、実際に逢うと以外にも楽しそうにいろんな話をしながらじゃれついて来る。

カワイイなあ...

明日は3時に迎えに行くことになり、ネットでイオンのサイトを見ていると、求人がいくつかあったので、イオンで仕事したら?と唯に勧めたら、彼女が今働いている寝具店では月額$300もらっているから、それ以上じゃないと...と言う。


「そんなにもらってるなら先に金を返せよ。」

半分冗談で言ってしまった。


「顔のでき物を直すのが最優先だから返せないわ...」

開き直った唯とちょっとした言い争いになってしまった。
唯とボクの間に冷たい空気が流れて、何度目かのケンカ...


オレたちってまったく...


家に帰ったボクに唯からSMSが来た。


「お金のことは心配しないで。カスタマーと行くことに決めたから。そしたら直ぐ返せるわよ。私はお金のことで見下されたくないのよ…借りたお金を返さないなんて悪いこともしたくないし…」
「お前が返そうとしているのは分かった。だから今は良いんだ。」
「ごめんなさい、今は返せないの…」
「分かったから…待てるから」
「本当にごめんなさい…明日からカスタマーとってお金返すから…」


ええい、埒が開かない...


「今から行くからそこで待ってろ…」



ケンカの時にはいつもそうなんだけど、唯はまた頑なになってしまったので、もう一度話をして分かり合うために、タビーには忘れ物してきたとウソついて急いで出かけていった。

でも唯の態度は固いままで、全く取りつく島もなかった。

しかたなくチェックし、お釣りをそのまま渡そうとしたヒーさん...

すると


「借りたお金を返すまでは、あなたからは何ももらわないわ。」


そう言って突き返してきた。

ため息をつきながら帰宅した僕にSMSの追撃…


「私は真面目に言ったのよ。」
「オレも真面目だよ。」
「今は返せない、でも直ぐに返すわ…」
「オレは待てるって言ったんだ。もう二度と催促しないから、そんな決心するな…」


やり取りはそこで途切れた…


どういう展開になっていくのか予想がつかないまま...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : お休みの遊び
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

みんながみんなというわけじゃないですが、特にこの人はそうですね....

プライド高いのは嫌いじゃないですけど、面倒くさくてしようがありません....

* by とむやむ君
こんばんは。

ヘンにプライドが高いってのはタイ人なんかと似てるんですね~

ガメツく金をせびってくるかと思えば、こっちから渡そうとすると頑なに拒否してみたり・・・

ま、思考が子供っぽくて分かりやすいと言えば分かりやすいんですけどね。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-04-16 (Thu)
209riy
※本文とはあんまり関係ありませんけど、しょうがないヤツ...


唐突にトム君、ポンちゃん、リヤ、ボクの4人でご飯を食べようということになった。

別に深い意味は無く、女の子同士で仲が良くなったみたいなので、偶には普通のWデートも良いだろうという訳で....

場所は焼肉ガーデン四季。例によって焼き肉なら食に保守的なコイツらも食べられるだろうというのと、個室風になっているので周りを気にしないで過ごせるというのが理由だ。

トム君と一緒にトゥクトゥクで出発し、ポンちゃんをプサー・チャーのすぐ近くにある自宅で、そしてリヤをSt.51でピックアップすることにした。

到着してトム君が電話すると、ポンちゃん直ぐに出てきた。

エライ...

こんなことに感心するヒーさん。

なぜなら....

日頃唯さまの家の近くの路上で10分~20分待たされ、リヤに至っては迎えに行かないと何時に来るかわからないなんていう扱いを受けてるんで....

カンボジア人でもちゃんとスケジュール通りに行動できる子が居るんだ~と新鮮な驚きを覚えている。

そしてリヤのピックアップにSt.51 に向かう...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





St.51、ソリヤモール前に到着してリヤに電話すると案の定..


「もしもしリヤ。準備できた?」
「ゴメンまだ。シャワー終わったところ。」
「もう近くに着いちゃったぞ...早くしろよ」
「ちょっと待っててよ...」


まったくもう....

前々から○○時頃に迎えに行くから支度しとけ、と言ってあるし、トム君と行動開始したときにも念を押してあるんだけど、予め「たぶんリヤは約束の時間には支度ができてないと思う。」とトム君に伝えたとおりの展開だ。


今まで何度となくこういう約束をしてきたけど、リヤは一度もボクが迎えに行くまでに支度を完了していたことがない。


ただの一度も...だ。


前は本気で怒ったこともあったけど、治らないし、気分悪くなるだけなので、しかたがないと思うようにしている。
きっと、約束の時間から逆算して支度を始めるということができないんだろうな。

ボクはプレッシャーをかけるために、トム君達をリヤの部屋に案内した。


「すごい階段ですね...うわっ狭い...」
「頭ぶつけないように気をつけて...」

トム君はリヤの部屋のある2階に上がる階段の急さと狭さにビックリ...
リヤの部屋の狭さにもビックリ...

どうやらリヤの部屋は、トム君がこれまで行ったことのあるバーガール達の部屋のなかでも最下層みたい。

リヤは髪の毛をドライヤーで乾かしているところだったので、まだ時間が掛かると見て外で飲みながら待っていることにした。
おっかなびっくり階段を降り、路地からSt.51に出たときに感じる開放感...トム君味わってるかな...

慣れているボクでも未だに感じる。
全くの自然体では居られない感じ...

路地の中は地元民だけの社会であり、リヤの彼氏として認知されていて一応丁重且つフレンドリーに接してもらっているけど、金の力でオンナをモノにしているガイジンという目で見ている男も中には居るハズだ。イヤ、ほとんど皆そう思っているだろう。リヤが交際を申し込まれて断った地元の兄ちゃんも居るという話も聞いてるし...

だから、人間としては当たり前のことなんだけど、偉そうな振る舞いとか見下した態度とかは努めてしないように気をつけている。

そんな路地からバーストリート上に出れば、ここは外国人をオモテナシする場所だから、常識の範囲内で遠慮なく自然体で行動できる。

さて、何の変哲もない狭いバーの軒先のテーブルで飲んでいると、30分ほどしてやっとリヤが来たのでトゥクトゥクを捕まえて四季へ移動。

忘れてたけどトム君、ソリヤモール界隈にはリカちゃんの配下がうろついてるから来れないって言ってたけど、こんなに目立つ行動して良かったんだっけ?



さて焼肉ガーデン四季

焼肉、就中ホルモンは相変わらず美味しいけど、オンナどもはあまり食べない。

何に気を遣ってるのか知らないけど、借りてきた猫みたいになっていて思ったより女同士で話もしないし、なんだか盛り上がらないまま食事を終えてダーリンに移動。

トム君からポンちゃんは騒がしいところが好きじゃないと聞いているので心配していたけど、フロアに引っ張り出せばポンちゃんらしい変なダンスを踊り出す。

リヤのダンスは適当なんだけどあいかわらずサマになっている。

ただ身体をリズムに合わせているだけでもサマになる人とならない人が居るのって何でだろうか?プロポーションだけの問題じゃないと思う。キレ?バランス?姿勢?



4人で踊って酔っ払い、ダーリンを出てそのままリヤの家の近くにあるNANAホテルに移動し、チェックインしてWデートはおしまい。

それぞれの部屋に別れ、リヤとは久しぶりにクーラーの効いた部屋でのメイ○ラブとなった。

涼しい部屋でご機嫌でポーズをつけるリヤをスマホでムービー撮影...

次第に二人のムードも...

交代でシャワーを浴びてベッドで抱き合う。

スッキリと引き締まった身体とヒンヤリした滑らかな肌がとても気持ちがいい...

濡れたところと硬いところを愛撫しあって合体...

このまま朝まで二人で居られたら、なんて思いながら二人でイク...



27時過ぎ、帰らなくちゃと言ったとたんに機嫌が悪くなるリヤ..
それでも外泊する訳にいかず、ブスッとした顔に見送られ、タビーの待つ家に帰るヒーさん。




一人で部屋に帰って行くリヤの心情に少しだけ思いを馳せた...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

日本にもそういう地域があったとは知りませんでしたよ。

ボクはどうしても約束した時間に着いてしまう習性を変える事ができませんが、イラつくことは無くなりました。

まあ、カンボジアに移住でもするような事になったら、その時は変わるでしょうけど...

* by とむやむ君
こんばんは。

約束の時間を守れないってのは南国特有のものですよね。

日本にも沖縄時間ってのがあるっていうし・・・(^^;

なので最近は約束は、した時間になってから出かけるという習性が付きました。
まぁ、それでも結構待たされることが多いんですけどね。

Comment-close▲