03≪ 2015/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-04-13 (Mon)
gar208
※どうやら気に入ったらしいな...

Happy Khmer New Year!!
Suo-Sdey-Chnam-Thmey!!


LINEのクメール正月スタンプもかわいいですね...
sticker4206_pv.png


現実世界では明日からクメール正月でタビーさんも唯さまも帰省しちゃってますが、本編はそれとは無関係に時が流れてます。



トム君から、"飲みに行きましょう"というメッセージが来たので、今夜バーに行くかどうか唯さまにお伺いをたてます。


「オレ、今から飲みに行こうと思うんだけど。」
「オヤスミ、ヒー...」
「エ?何?今家に居るの?唯?」
「これから行くの?ちょっとまって、私先に行くから。そしたらポンピーに迎えに行かせるわ。」
「オレ、今から行くって言ったんだぜ...」
「え?今日行くの?行かないの?」
「あのね、今チカエチカエとウチを出るところだ。」
「うん、わかった。私ももう家を出るわ。」


SMS会話でのタイムラグのせいばかりとは言えないトンチンカンなやり取りをしながら家を出て、トム君と一緒に出撃だ。





↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





バーに入るといつものとおりトム君にはアロが付いてキス付きマッサージ。ヒーさんは膝の上に乗せてきた唯さまの柔らかい内腿をさすりながらまったりし始める。


「あのね、ヒー、え~とね...」


おっとヤな予感...おねだりに違いない。


前々から唯はアロから小さな指輪を借りてはめてるんだけど、最近アロのお母さんがお金に困っているので、彼女に頼まれてその指輪をアロから買い上げたという。

それで「ヒーに余裕がある時、でもなるべく早くにアロに払って」というわけだ。

なんで勝手に決めるんだ?!

前のヒーさんだったらヘソ曲げちゃうところだけど、今では余裕ぶって受け入れるヒーさん..

なんでかっていうと、予め「いい?」って相談されて初めは「ダメ」って言ったとしても、最終的には「しょうがねえなあ」って許しちゃうに決まってるんだもの。

で、「おお、それで済むなら安いもんだ...」ってこの時は思った。

まあ、唯さまにに躾けられたってこってす。


とにかくこの人に対してはどうしても甘いヒーさん...



でも大事な事はキッパリと告げる。


「あのね唯、今日はさ、チカエチカエと冒険しに行くからチェックな。」
「私は?ずーっとここにいなくちゃイケナイの?」
「いいさ。ペイバーするから帰って休みな。」
「うん。ありがと。でもヒー、あなたが他の店に行くの、私ホントにイヤなのよ...」
「オレも本当は行きたくないんだけど、トム君がさ...」


ナニゲにトム君を悪者にしつつ、店を出た二人が向かったのは...

なんてことない、隣のガリの店。

カウンターに座り、ドリンクをオーダー。ボクはブラック・ソーダ、ガリはテキーラ・ダブルだ。
乾杯して、お話しに一区切りついた時、カウンターの隅に黒檀で出来たチ○コが置いてあるのに気がついた。

そういえばローズバーのカウンター上空の棚にも大中(小はなかったと思う)のチ○コが飾ってあった。ローズチェーンのボスの好みなのかな...

どうでもいいことですけど、ローズチェーンのボスって、アジア人離れした風貌のレディーです....

暇だったのでガリにそれを持たせて疑似フ○ラや疑似パ○ズリをさせてみると喜んで言うとおりにするので、写真を撮ってみた。

gar208_2

もしかしたら本当に気に入っているのか?


「それスキ?」
「うん。スキ。」
「ゴメンよ、オレそれほど立派じゃなくて…」
「ううん?おんなじよ…」

「おんなじ」なハズないけど、ウレシハズカシな応答をしてくれてサンキュ…

ご褒美にもっと奢っちゃおう…


ここでも甘いヒーさん...


その日はナゼか楽しくて、記録によると2時間半もガリと一緒に飲んでしまったようだ。そんなことならペイバーすりゃいいのにと思ったのは後日思い出してからのことだった。

全然覚えていないこのあたりの行動なんだけど、どう考えてもトム君が2時間半もこんなところで一緒に付き合って居るわけが無い…

例によって一人で69か136に行ってるに違いないんだけど...もうすでに酔っ払って、意味とか意義のある行動は出来ないトム君とヒーさんであった....に違いない。

で、最後は別の店で一緒に飲んでるんだよね…

何故かその時のことは覚えていて、その店はビッグ・ママ。

どこかでトム君と再遭遇した(んだと思う)ヒーさんは、トム君の誘いでビッグ・ママに行ったはずだ(だって絶対一人じゃ行かないもん)。

トム君に続いて店に入る際、小ぢんまりした子が座っているのを発見して手を引いて店内に入った。

以前ここで付けたケバ子は今日は居ないみたい。


「初めまして、何て名前?」
「アヤです。クメール語出来る?」
「殆ど出来ないよ。」
「でもしゃべってるじゃない…」
「でもこれ以上は分からないし...」


アヤは初見どおり小さくて華奢で脚なんかもホッソリとしている。

引き締まったスリムボディというのではなく、なんていうか身体が弱くて運動したことのない少女という感じかな。

ヒーさんガールズはそういう傾向が多い。

リヤだけはちょっとちがって、パチンと締まってる感じだけど、他のガールズは筋肉が全然ありませんって感じの華奢さだった、元々は....

今は変わっちゃったけどね...特に唯さま...どう見てもポッチャリ・レディーだよね...
20150407155939290.jpg
(;´д`)トホホ…

ところでこのアヤちゃん、服装がチェックで膝丈のワンピなところが野暮ったいのと、シャクレで顔に魅力がないところが好みから外れてる。ザーンネン...

万人が認める美人さんはヒーさんなんかになびかないことはわかってるから、そんな美人さんじゃなくてもいいんだけど、見る角度や表情によってキュンとなるような魅力がないとヒーさんの心は動かない。


それからお腹…


「子供居るでしょ?何歳?」
「え?.. ええ。今4歳の女の子。」


お腹を触った感じで、そうじゃ無いかと思ったんだけど、やっぱり。
別に子供が居ようと居なかろうと体型が良ければ関係無いんだけど、腹ブヨはちょっと....

ということで、話していると従順そうでいい子なんだけど、コイツはこの場だけ…



その時小さな思い出が甦った。


友達が一世代前だった頃(当時の友達がみな帰国しちゃう前ってこってす)。
皆でカラオケで盛り上がって酔っ払った状態でCバーに行き、さらに69に移って盛り上がろうとしていたとき、ボクはその店では好みの子が見つからず、隣のベスト136に行って可愛らしい子を見つけ、即効ペイバーして69に連れ込んだことがあった。その子がやっぱり腹ブヨ気味で、聞くと娘が居るというのでボクは彼女をお母さんって呼んでしばらく可愛がったんだけど、酔っぱらい過ぎてその後ほっぽらかしちゃったっていう、すっかり忘れていたどうでもいい記憶です。



オキニちゃんと会って気が済んだトム君と一緒にチェックして、真っ直ぐ帰宅。


でも、ずいぶん酔っ払ったなあ、記憶が飛んでるのって久しぶりだ....




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-10 (Fri)
207tab
※本文とはあんまり関係ないですが、気持ちよさそうにおやすみの...だあれ?



ヒーさんは若くないんで朝は早起き...もう週末でも平日と同じ時間に起きちゃいます。

タビーさんはちょっとだけ若いので何時間でも眠れます...って言うかヒーさんガールズの皆さん本当に良くお寝むりになります。ほうっておくと何時間でも眠れるみたいですね...




さて、ある週末の朝、タビーさんとちょっと遅めの朝食をいただき、部屋に戻ってからタビーは洗濯を、ボクはソファに寝転がり、タブレットでダウンロードした漫才などを見つつ、今日の予定=リヤ宅に行こうかどうしようか、なんてことを考えながらのんびり過ごす。

「おい、チンちゃん、どうする?元気ある?リヤに入りたい?」

なんてチンちゃんのご都合を聞いたりして、行くと決心したら、そろそろお腹が落ち着いたな...と思った頃おもむろに着替えをしてジョギングに...と見せかけて、リヤ宅に走って行き、一週間ぶりのリヤ宅メイ○ラブ。

リヤ宅への往復とメイ○ラブで十分に運動をしたボクは汗だくで家に帰り、シャワーを浴びてクーラーの下で身体を冷やす。このスッキリとして気怠い時間はボクにとり至福の時間のひとつです。


ひと心地着いてから、お昼ご飯どうしようか?とタビーと話し合う。


「ボウと一緒にソリヤでスープ、いいですか?」
「もちろん、良いよ」


ということで、ソリヤデパートの最上階にあるマスタースキに行く。足はもちろんホンダ・アイコン...

席に案内されたところで、財布に現金が少ないことに気がついたヒーさん、グランドフロアのATMで米ドルを補充して戻ると、ボウがブサ子と一緒に座っていた。

ボウを呼ぶとブサ子がもれなくついてくるんだな...

sor1

ブサ子はブスな上にウザイので、ハッキリ言って近づいて欲しくないオンナだ。

だけどもしブサ子がこのままの性格でもすごく可愛ければ、子猫のようにじゃれついてくるカワイイ女の子っていう表現になるんだろうに、やっぱり人は見た目が大事だよね...





↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking






そんなブサ子を目の前にして食欲が減退気味になるところだけれど、ボクは張り出したガラス窓越しに下に見える街の風景を見ながら、ブサ子を意識外に追いやってスキスープを楽しむ。

sor2

sor3

sor4

二回に分けて山盛りに入れた具は殆ど食べ尽くし、無事にお食事会はお開き。タビーさんとヒーさんは、ソリヤ内をブラブラとショッピングする。

何か面白そうなDVDはないかと、日本のドラマ、アニメコーナーを物色するも、よくわからなくて何も買えず、スゴスゴと帰宅。



結構新しいものも入っているようなんだけど、外国生活が長いので日本のドラマやアニメでどれが面白いのかわからなくなってしまったヒーさん。必然的に昔からお気に入りのヤツを繰り返し見ることになりますが、その中でも特にお気に入りは次のとおりです。

んなもん紹介してどうすんだ?!っていう話ですけど...


★ヒーさんの好きなアニメベストスリー (゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

・イニシャルD(完結)
高橋兄弟、カッコ良すぎだよね。
 
・最遊記(Gunlockの途中まで)
ヤオネちゃん色っぺ。コーガイジ命なところも胸キュン。

・はじめの一歩(Fighting Risingまで)
板垣君の妹のナナコちゃん、カワイイ。

★ヒーさんの好きなドラマ(一部映画も含む)ベストスリー (゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

・のだめカンタービレ(完結)
ヒーさんは昔ギターでバンドマンを目指したのでロック好き。外国に住むようになってからバイオリンを習ったのでクラシックも好きです。

・医龍(3まで。4はまだ見てない。)
阿部サダヲが良い味だしてると思うなあ。

・Dr.コトー(2まで?特別編とかは見てない。)
テーマソングの"銀の龍の背に乗って"が良いよね。

 どれもシリーズものですけど、公開されたシリーズはDVDで持っているか、持っていないものはYou Tubeからダウンロードして繰り返し見ています。
 因みに、ガンダム全集のBOXも以前ソリヤで買いましたけど、中国産のコピーなのでシリーズ間の順番がめちゃくちゃになっていて、ウィキペディアを参考にして一覧表を作って臨みましたが、結局どのシリーズがどのディスクに入っているのか良くわからず、ガンダムSEEDまで見て面倒くさくなって止めちゃいました。




途中、シャングリラ前のウエダコーヒーで練乳入りアイスコーヒーを二つ購入。

ここの売り子のお姉さん、美しくはないのですが明るくて性格良くて、ヒーさんとっても好き...

因みにシャングリラでタビーとご飯食べたときにアイスコーヒーを出前してもらってから、タビーのことをヒーさん夫人だと思ってます。

20150408080556848.jpg

2015040808055764f.jpg

家に帰り、ウエダコーヒー飲みながらネットサーフィンやYou Tubeの漫才で過ごす暇で平和な休日の午後。

そして頼めば何でもやってくれる愛人...


ヒーさん幸せだあ...


夕食は二人で前から気になっていた店にいってみた。

「麺苑(Noodle Garden)」だ。

シソワット・キーのSt.104に入る角のすぐ手前にあって、小さな店だけどだいたいいつもお客が入っているのできっと何か特別な理由があるに違いないと思っていたのです。

メニューを見てなるほどと思った。香港でおなじみのものが並んでいて、鴛鴦(インヨン)まである。

鴛鴦というのは、香港の大衆レストランの茶餐店(チャーチャンテン)には必ずあるメニューで、コーヒーと紅茶を混ぜてミルクと砂糖が入った飲み物です。コーヒー牛乳の甘みと紅茶の渋みが絶妙にミックスされているボクの大好物です。ただ、飲んだ後はお腹が緩くなるのは僕だけか?

喜び勇んで冷鴛鴦(ドン・インヨン)を頼みます。

そして、ゴムみたいな歯応えのあるエッグヌードルを使用しているであろう雲呑麵(ワンタンメン)。

それと飲茶のメニューから蝦餃(ハーガオ/エビ餃子)と鳳爪(ホンジャオ/鶏の足)をオーダー。

タビーは無難に叉焼飯(チャーシューご飯)をチョイス。

料理が来てみると、どれもまさしく香港で慣れ親しんだB級グルメだ。

プノンペンに中華料理は数多くあるけれど、香港独特の大衆料理を出す店はボクの知る限りここだけ。きっとプノンペン在住の香港出身者が懐かしくて食べに来てるんだな、聞こえてくる言葉もCantoneseだし...


ヒーさんも懐かしくて幸せだあ...


チェックして店を出て、たばこを吸いながら見回してみる。

左に歩けばSt.104、すぐ右隣には前から気になっている「クラブ毛(マオ)」があり、一人だったらフラフラとどちらかへ行ってしまいそう。
(因みにご存じの通りSt.104を超えて向こう側には「White Love」がありますが、ボクは苦手なので...)

でもタビーさんと一緒なんで、この日の〆は無難にハッピーマンでした。



これはこれで平和の極み...ヒーさん幸せだあ....!!




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 日常
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-07 (Tue)
kor206
※本文とは服装が違いますが....


今夜はトム君、ゴエ君、チロ君、そして新参のメガネ君と一緒。

まずは唯さまの店で合流。

メガネ君はまだ何だかわからない様子で先輩達にくっついているだけ。

ボクが直接面倒見る必要もないので、唯や、寄ってきた妹分や従姉妹達と話しながら様子を見ていると、誰かに言われて適当な子を隣に座らせて適当にやっている。

トム君が「どんなタイプが好き?」と聞いたとき「あの人良いですよね...」と唯さまを指して返事したところを見ると、珍しくまともな趣味のヤツらしい。

そんなメガネ君にトム君は「でもあれは性格悪いぞ~」とアドバイスしている。

カワイソウな唯さま...(^^;
身から出た錆ではあるけれど、唯さまの性格の悪さが、またひとつ定着してしまった。
トム君がこんなことを言ったのを知ったら、唯さま怒るだろうなあ....

さて、飲み始めて間もないので、場も全く乱れずに次の店へ移動。

久しぶりにVVIPに入った。

このバーには、その昔唯さまの同僚だったコオロギとマッサージが上手なマサ子、タビーさんの従姉妹(どの子か覚えられないんだけど)、それからシンガーに通ってたころにたまに奢っていたカエル顔の年増とかが居るんで、油断すると一気に4~5杯が飛んでいく。

いつもはそいつらに声かけられながらもスルーしてFBに行ったりしているんだけど...

皆で奥のソファに席をとり、ボクはカエル顔を遠ざけつつコオロギを隣に座らせ、他の面々もそれぞれ女の子を選んだ。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





それはそうと

20150406203217c62.jpg
※FB投稿から転載させていただきました
バニラにボクのアイドル.....レイちゃーん、が復帰だそうで、行きた~い、会いた~いヤりた〰い!

すみません..取り乱しました...😢⤵⤵


☆★☆★本編つづきます☆★☆★



ゴエ君はぽっちゃり(というよりビヤ樽体型)の子を発見して、興奮しながら襲いかかっている。やっぱりコイツの趣味にはついて行けない...けど、見てる分には面白い。

コオロギは、顔はザ・オリエンタルなんだけどスタイルはかなり良くて、特に脚のラインはボクがプノンペンで見た中でトップクラスに入るほど、だとヒーさんは個人的に思ってる...

以前、日本人嬢をブルーに連れていった事があるんだけど、その子がコオロギを見て「すごいスタイル!!」って叫んだほど。
<ご参照>※女の子たちの性格...サヨウナラ

ただその頃のコオロギはもう少しスリムだったかも....

試しにトム君に聞いてみた。

「この子の脚が好きなんだけど...どう?」
「細いっすねえ、何ですかこれ。全然ダメっすよこんなの人間じゃないっすよ...」

足首を握ってみたトム君にそう言われてしまった。

まあ、予想はしてたけど...

残念ながらこの日はジーンズだったんで、膝に乗せて触ってみてもあまり面白くないけど、顔の小ささとか、引き締まった感じとか、自分と同じ人類だとは思えないDOLLチックな質感は楽しむことが出来る。

「お前まだオリジナルなのか?」
「うん、そうよ。」
「前にシアヌークビルに行って働いてたじゃん、その間にやったんだろ?」
「やってないわよ。」
「早くやっちゃえよ。そしたらオレがペイバーしてやるから。」
「もうすぐだから、待っててね。」

3000ドル出してオリジナル娘を買うオヤジもいるけど、ボクにはそんな余裕はない。
僕等が100ドル出す感覚で3000ドル出せるのだとしたら羨ましい限りだとは思うけど。

だからコオロギとやるとすれば、誰かがコオロギのオリジナルを買ってから。誰でも良いから早くしてくれないかな....

さて、コオロギもジーンズだしこの店にも飽きたんでSt.104に移動。キャバーンに突入してみた。が、リヤは不在。またサボってやがるな...

仕方ないので隣のザンジバーに入って一杯飲んだけど...どんな店だったか記憶も無し...トム君のオキニが居たっけかな?

そしてまたSt.136に戻り、ガリの店に入った。

膝に乗ったガリをいじりながら見ていると、メガネ君は結構な年上のレディーとベタベタ。ゴエ君は普通のギャルタイプを選んだ。気がつくとトム君とチロ君が居なくなってる。みんなかなり酔っ払い状態なので、たぶんベスト136にでも行ったのだろう。あそこには二人ともオキニが居るから...

1-2杯飲んだところでチェックし、外に出ると、メガネ君がさっきのレディーをペイバーしたらしく、店の前に来たトゥクトゥクに二人で乗り込み、「それじゃあ!」と雄々しく叫んで去って行った。

ゴエ君と顔を見合わせ「やるなあアイツ」と感心し合う。

だってこの136ストリートのド真ん中で、あんなに目立ちながらあのレディーを連れて行くんだもん。

でもあのレディーなら優しそうだったし、カンボジア初心者のメガネ君をリードしてくれそうだし、安心と言えば安心だ。

ボクは結構酔ったんで、トム君達と合流するというゴエ君とここで別れて帰宅した。

トム君達、本当にプノンペンを楽しんでるな...



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんばんは、とむやむ君さん

クメール正月、今年は14日からですね。
白い粉が飛び交い始めたようです。

尤も本番になると殆どのレディースが帰省するんで閑散としちゃいますけど....

新人君、若いうちからこんな遊びできて羨ましいです。

* by とむやむ君
どーもー
またまたお久しぶりです。(^^;

ヒーさんの手引きでカンボジアの地でまたまた勇者が1人誕生ですね。

そろそろカンボジアはクメール正月って言うんでしたっけ?
盛り上がってそうですね~

Comment-close▲
個別記事の管理2015-04-04 (Sat)
tab205
※本文とはあんまり関係ありませんけど、このお口が...


FBを出たボクはSt.136の本通りを歩いていた。

唯さまが居れば唯さまと、居なければガリと、気分直しに一杯だけ飲んで帰ろうと思いながら...

第一希望である唯さまの店に到達するにはガリの店の前を通らなくてはいけないのだけど、幸いガリの店はボスの方針で、10時(だったかな?)まではホステスが店の外に居てはいけないことになっているので、捕獲される心配もなく到達可能だ。

(そう言えば姉妹店のローズも基本的にホステスが店の外に待機してることがないな...話が逸れるけど、ローズのボスと懇意のタビーさん、ガリの店に転勤なんて事がなくてよかったなあ...)

無事に到達すると唯さまが店の前の椅子に居たので、お互いに挨拶もせず目を合わせることもなく、あたかも既に一時間も一緒にいて、トイレから戻ったかのように隣に座る。

スマホゲームに一区切り着いたのだろう、初めてこっちを向いた。

「今ポンピー呼んで帰るところだったの。中に入って一杯やりましょ」

ボクはレッドワインをオーダーして唯にもドリンク一杯だけ。

「今日ね、従姉妹のBFの勧めでSOSクリニックに行ってきたの。」
「S…SOSだって?!」

ボクは驚いた。だってSOSの治療代は一般のカンボジア人が払える金額じゃないと思ってるから。

「顔のでき物を診てもらったんだけど高いわね。400ドルだって。明日もう一度行って膿を出さなくちゃいけないの。ヒーに返すハズのお金使っちゃった…ごめんなさい。(○´―`)ゞ ポリポリ」
「し…しょうがないよ…」


やっぱり、貸したお金が帰ってくるなんて期待しちゃイケナイんですね…




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking






SOSにはボクもお世話になっている。確かに外国人の医師が診てくれるんだけど、やっぱり高い。

診察料、処置料、薬代となんやかんや、ボクたち外国人はだいたい保険に入っているから良いけど、カンボジア人はそんなもの入ってないからなあ….

従姉妹のBFも、勧めるんだったら支払いまで面倒見てくれればいいのに…って、実はボクも唯さまの具合が悪いときに、SOSに連れて行こうかと考えたことはあった。

でもやっぱり、連れて行ったらいくら掛かるかわからないので、可哀想だけど止めておいた。いくら何でも1から10まで全部面倒見るのはムリだもん…


そうやって話をしている間に、唯の従姉妹とアロが交代で目の前の空いている椅子に来たけど、ボクは奢らずにやり過ごした。

「じゃあ、そろそろ行くね...」
「(ジェスチャーで)アロにドリンクは?」
「ソーリー、ノー」

チェックして店を出ようとすると...

「待って、一緒に行くから」

そう言って、店の前に居たポンピーのモトにこの前と同じように3人乗りで強制帰宅させられた。



家に帰ると、きのう、おとといと真面目にしている上に、今日も日が変わる前にボクが帰宅したのでタビーさんのご機嫌は上々…


翌朝ベッドで目覚めた時にチンちゃんが元気だったので、ついつい構いたくなっちゃったんだろうね…

お口でヌイてくれました。

いや、夜遊び用戦闘力の削減策かも知れませんね....
これが日課になってゆきます...
朝がダメな時は昼...


戦闘力は恒常的にガタ落ちです。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-04-01 (Wed)
day204
※本文とはあんまり関係ありませんけど、ダ○○..準備OK?....


ダヤンが以前「いつ時間作れますか?」と聞いてきた時に「今日と明日は無理」と答えて、それ以来一週間以上経っちゃったので、「会いに行かなくちゃ」と思っていたところに、ご本人からSMS。

「今日時間作ってもらえますか?それともダメですか?」
「ん~...時間作るようにする」

久しぶりにダヤンとメイクラブもいいかな…

そう考えながら仕事を終えて家に帰ったボクにタビーが訴える。

「食べる物がないの」

ウーム、タビーと何処かに食べに行くとダヤンに会いに行けなくなる可能性が高い、どうしよう...
考えた末、ホテルからルームサービスをとった。

タビーはクラブサンドウィッチ、ボクはハイナンチキンライス。
割高だし特別美味しいわけじゃないけど、こういう時は便利だ。

食後、頃合いを見計らって2階に上がり、身支度を整えて階下に降りる。

「オレ、飲みに行ってくる」
「気をつけてね...」

こんなとき、タビーは大概「ダメ」とは言わず、(たぶん)辛いのを堪えて見送ってくれる。

でも、食事には出かけず、飲みには行くって、考えて見れば不自然な行動だよな....




↓がんばれタビー
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





家の外に出てダヤンにSMSと電話してみるけど応答がない。

しょうがない、行ってみよう。

トゥクトゥクでプサーカンダール側からSt.136に向かってもらい、裏四つ角の手前で降り、知っているヤツに出っくわさないか注意しながらFBに向かう。

FB前には今日も数人のオンナが座っていて、その中にダヤンは居なかったけど、一人がボクを見て「ダヤンなら中に居るよ」と教えてくれた。

中に入るとダヤンはビリヤードで遊んでいたけど、ボクに気づくと嬉しそうに迎えてくれた。
テーブルに座り、ボクはビールをダヤンはウォッカコークを飲む。
いつものように肌を触れあっていると、薄暗いところで見ているせいか、前より肌がきれいに見えてムラムラしてくる。
ダヤンはボクの膝の上で、ボクが後ろから抱っこする形になっている。
今誘うか、後で誘うか考えつつ首筋に唇を当てたりしながら楽しんでいたその時、左肩口にタトゥーがあるのに初めて気が付いた。

「何でタトゥー入れたの?ボーイフレンドの趣味?」
「違うよ!!」

前からあったっけかな?やっぱり最近だよな...

触ってみるとボコンと膨らんでて、テカテカしてるんでシールみたいに見えないこともないけど、入れ立ての場合は何か貼って保護しておくこともあるだろうし…

タトゥー自体は珍しくも無いし、Xちゃんもそうだったように、バンコクガールにはもっとすごいタトゥーを入れてるのも沢山居るんだけど、クメールガールにはまだ少ないと思う。

まあボクの知るだけでもタトゥー専門店が何軒かあるんで、若い子は男も女もクトゥーイも入れてるんだろうけど、ヒーさんガールズには今まで居なかった。

あ、リヤが何度か入れたいと相談してきたけど、却下したことはあったな...

とにかく、こういう状況...
気になっている子が何の相談もなくタトゥーを入れちゃった...
というような状況を考えると、蔑ろにされている感がムクムクと膨らんできた。

髪の毛切るとかだったらともかく、やっぱりタトゥーとかプチ整形の類いは、やる前に相談する位の特別扱いはして欲しいな...と考えちゃう。

こんな考えは変かな?キモイかな?

彼氏に入れろと言われたにしても、自分で発案したにしても、友達にそそのかされたにしても、内容がバカすぎるし…



だって「I'm so fucking babe」だもの...



ヒーさん一瞬で冷めた。

その気なくなっちゃった...


誘うのを止めてもう一杯ずつ飲んで帰ることにした。

「今日はお前と行きたかったけど、変なの付けてるからヤメた。金も無いしな...」

そう言うと、ダヤンは複雑な表情を浮かべた。

請求は20ドルで、20ドルピッタリ出して財布をしまうと、さらに複雑な表情になった。

チップを期待していたんだろうけど、あげない。


ダヤンのこと、どうでも良くなった…?


イヤ、本当はすごく気になっていて、ボクは拗ねてるだけ...


良くわからん....本当によくわからんオンナ...


どうしてこんなタトゥーを入れたのか知りたいような、知りたくないような…




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |