10≪ 2014/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-11-30 (Sun)
旧正月が明けてから、10日間ほど帰省してプノンペンを留守にしていた。
帰ってくると、プノンペンの方が故郷のような感じがするのは何故だろう...


その夜に、先ずは唯さまからお土産を渡しに行く。


お土産は、彼女ご指定のDKNYの香水でグリーンアップル。

「ねえヒー、他にも欲しい物があるの。」
「何だよ?金なら無いよ。」
「高い物じゃ無くていいから、指輪が欲しいの。」

妹分のアローやシローが、お客からだか、彼氏からだか知らないけど、結構いろいろと買ってもらっていて、立派なアクセサリーを着けてるのに、唯さまはこの店のボスの娘(幼稚園ぐらいかな?)からもらった赤い石の付いた小さなネックレスと、昔父親からもらったという小さなルビーの指輪、それにイミテーションゴールドの7連ブレスレッドしかしてないので、ちょっと可哀想には思っていた。

「安い物ならいいよ。」
「本当?じゃあ明日行こうね。後、ダーリンダーリンにも連れて行ってね。アロとシロも連れて...」
「いいけど、あんまりメイクアップきつくし過ぎるなよ。ナーガのカラオケレディーと思われるぞ...」
「ゲー!そんなの絶対ヤダ!」

貴金属店は夜早くに閉まってしまうので、仕事が終わり次第買いに行くことにして、リヤの店に転進。

リヤにはKENZOの香水でフラワーだ。清楚な花の香りが品の無さを中和してくれれば...却ってアンバランスかな?

キャバーンにはトム君がポンちゃんを連れて来ていた。
聞くと最近ポンちゃんはリヤのいるキャバーンだったら一緒に来てくれるし、トム君もここだったらポンちゃんを連れて来ても、関係者はリヤだけなので安心なんだそうな。

それでガス抜きというか、トム君の夜遊びに対するポンちゃんの猜疑心が少しでも緩くなってくれればという思惑がわかる。

ただ、リヤとポンちゃんが仲良くなり、リヤが、僕がどんなにバタフライで、そのせいでどれだけ自分が傷ついたか等を話すので、ポンちゃん逆に警戒し始めてるらしい。

トム君の前でリヤは「ヒーさんはノーグッド!」と言いながらポーズをつけてるんだそうな。

「それでいて、ヒーさんが店に来ると途端に嬉しそうにデレデレしちゃって、本当可愛いですよ。すごくヒーさんのこと好きなんだってわかりますよ。」

1394435173370.jpg
ヒーさんノーグッドのポーズ
(トム君撮影)

トム君がそう言ってくれるので、僕もますますリヤのことを可愛いなと思ってしまうこの頃だ。ハズいけど...



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



さて、翌日の夕方。

唯さまと一緒にプサー・トメイの周りにある貴金属店に行き、小さな金の指輪を購入。
こっちの金は純度が高くて、タイのインラック首相も買いに来るほどだと聞かされた。それにしてもデザインが野暮ったいけど、純金だから仕方がないのかな...

一旦家に帰ってさっぱりし、タビーを送り出してから再度唯さまの店に...

3人ともオシャレはしているけど、前もって注意しておいたせいか、ほどほどのメイクアップで可愛らしい。

唯さまは赤いロングドレスがスリムな身体にエレガントに似合っている。

ダーリン周辺は工事中のため、ホテルのサブエントランスからアクセス。
ホテルに入ると、早速写真大会だ。アホか?

まだ早い時間なんだけど、ほぼ半分の入りで、テーブルは殆どがリザーブされているので、僕たちに作ってくれたテーブルはDJブースの裏の方という端っこの場所だった。

それでもスタッフは「後で空いたらもっといい場所に移っていただきますから」と言ってくれたので、納得してそのテーブルに着く。
ボトルも入れた。3人とも普段は飲まないアルコールを少しずつだけど飲んで楽しんでいる。

連れてきてやってよかったなと思う。

アロとシロは喜んで僕を引っ張ってダンスフロアに行って踊るけど、ダンスに自信がない唯さまは、全く踊ろうとしないし、ダンスフロアにも出ない。

実際すごくリズム音痴で(ついでに言えば歌も音痴)、ダンスが不得意なのは知ってるんだけど...
けど、踊っている僕と妹分達を見て嬉しそうにしているから、それはそれでいいのかな...

途中でダンスフロアに近い席が空いたので移動させてもらい、適当に飲んで遊んで楽しんだ僕たちは、ダーリンを後にしてカジノフロアを横切りダーリン2に行くことにした。
(ダーリン2=本当の名称はFashion TV Lounge)

ホテルのロビーで金色の装飾をバックにまた写真大会。
この時の画像が唯さまのFBのプロフィール画像になったのは後日からだ...

ダーリン2はガラガラだけど、真ん中のステージにDjブースがあり、女性Djがターンテーブルを操っている。

決して美形では無いけど、頭に巻いた蛍光色のヘッドセットと、機器を操る動作がCUTEなDJは、カンボジア初の女性DJ、DJ Mailyだというのは後でわかったこと。

僕は一目でファンになってしまった。

「本当に彼女がプレイしてるのかしら?」と疑う唯さま。
「きっと他の場所でやってるのよ。彼女は格好だけよ。」とシロ。
「奥の方で別の人がプレイしてるの見たよ。」といいかげんな事を言うアロ。

娘達、そんなヒソヒソ話をしておきながら、Dj Mailyと一緒に写真を撮りまくった。

Dj MailyのFB(https://www.facebook.com/DjHomeMaily)からお借りしました。
DJ_Maily1.jpg


ここでも楽しく遊んでお店に戻って解散。
25時頃、ローズに行きタビーと一緒に帰宅...
タビーも今度連れてってあげるからね...と思った僕でした。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

あくまで聞いた話ですよ、本当のところはわかりません。

そう...財産なんですよね、金は...アクセとしてのデザインはちょっとアレですもんね。

せっかく買ってあげても、いつのまにか売っちゃってることが多いです(´`)=3

* by とむやむ君
こんばんは。

プノンペンの金って純度が高いんですか。
私はタイで最近金を買う・・・というか買わされ続けているんですすが、まぁ「為替に左右されない財産」ってことでいいかと思ってます。

日本で買うよりは安いですもんね。

プノンペンに行ったら買うものができました。(^^;

Comment-close▲
個別記事の管理2014-11-28 (Fri)
日曜日、家庭サービス(?)をと思ってどこにも行かずにタビーとのんびり過ごしたら、月曜日に唯さまからSMSが入る。


「どこに居るの?昨日どうして来なかったのよ?ずっと待ってたのに...」
「わかったわかった、今行くから待ってろ...」


そう返信して、唯さまが差し向けたポンピーと呼んでいる兄ちゃん運転のモトドップに乗って出勤。

唯さま、明後日から帰省なので、帰省経費をおねだり。
何度も書いてるけど、唯さまの生活の大変さを知ってるので、少しだけどヘルプする。

「明日、日本からお客さんが来るから今日は早く帰るよ。」
「その人若い?格好いい?」
「よく知らないけど、多分ね...」

そう言って期待させ、23時頃帰宅。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




翌日の夕方、日本からの客人とホテル・アマンジャヤで合流。
チェンマイ・リバーサイドで夕食を共にし、早速唯さまのバーで軽く飲むことに。

客人はすごく若いわけじゃないけど、背も高く、理知的な感じ...
唯さまは僕にアイコンタクトして、「カッコイイナー」と言いながら客人に寄り添うジェスチャーをしてみせる。
冗談だとわかってるんで、僕も客人の反応を見て楽しむ。
そこに妹分のアローが来て、唯さまと交代して客人のお相手。唯さまは僕の隣に来て、4人で乾杯する。

客人に4目並べを勧めると、理数系だけあってやり方を覚えた後は強く、アローが何度も負けて悔しがるのが面白い。

日本からの客人は4目並べ初体験の人が多いけど、このゲームをやらせておくと、語学力を必要としないので結構楽しんでくれる。バーガールでも強いのと弱いのが居て、唯さまはゲーム歴は短いのに強い方だ。

23時過ぎ、客人をホテルに送り、僕はキャバーンに転進。
リヤと少しだけ飲んで、ローズからタビーを連れ出し帰宅。

♡  ♡  ♡

今週は客人と一緒に、あちらこちらで食事をしている。

昼はオリガミ、仁、すずめといった、間違いの無い老舗日本食屋中心で、夜は色んなところに行く。

時代屋2号店に連れて行くと、プノンペンにこんな店があることに驚いている。
日本大使館の経済担当の人に聞いた、日系飲食店が50店舗ぐらいあるという話をしたら更にビックリしていた。

次の日は地元のレストランに行きたいというので、St.178にある54BBQに連れて行く。
バターたっぷりのBBQと、カニのカレー風味炒めに舌鼓...僕は特にここの腐乳を使ったタレが大好き。

そして焼き肉ガーデン四季。老舗の焼き肉屋で、手頃な値段で食べられるし、ここのホルモンも僕の大好物。

飲み屋では、ローズにも連れて行き、僕はタビーと、客人はポッチャリ系コリアン顔の子を付けて楽しむ。
コリアン顔は客人と一緒に行きたがってたけど、真面目な客人は遠慮して丁重にお断り。僕とタビーと客人の3人で退出し、途中で客人を降ろして僕たちは帰宅した。

客人の出発は土曜日の夕方なので、午前中はセントラルマーケットを案内することにした。地元っ娘が居た方が楽しかろうと思い、もうお互いに知っているタビーを連れて行く。でも、お土産にTシャツを購入した時に値切ったのはタビーではなくて僕...

マーケット内を見て回り、サトウキビジュースを飲んで人心地着いて移動。タイタニックレストランで昼食を食べて、出張お疲れ様の乾杯。客人は、タイタニックのツーリスティックで優雅な雰囲気が気に入っていた。

客人をホテルまで送り、解放された気分で帰宅した僕たちは、夜になって、ローズに同伴出勤し、ちょっとだけ飲んでペーバー。タビーの古巣で、彼女にとって一番居心地が良いと思われるハッピーに移動した。

ハッピー、正式にはハッピーマン・バー。いつ行ってもお客が少ない。
仏人がオーナーなんだけど、店の切り盛りはカンボジア人奥さんにまかせ、オーナーは偶に来てはビール飲みながら友人とくっちゃべった後、何処かに行ってしまう。

タビーに聞いた話では、以前別のオーナーだった頃、タビーはキャッシャーをやっていたらしいんだけど、45人位の女の子達がいつも待機していて、客も多く、入りきれない日が良くあったという。

バーの栄枯盛衰とでも言うんだろうか、今は完全に落ちぶれた場末の盛り場だ。

プールテーブルはあるけど、FBほどじゃないにしてもボロいし、テーブル上のランプにキューが当たると、必ず接触の悪いランプが消えてしまう。

それでも、ジェフ君はここにオキニが居るし、トム君も何故かここが好き。反応が面白いナーガ2が居なくなったのがちょっと残念だけど、僕にとっても居心地はいい。

「My Love♡、プレイプール?」
「OK。最初は二人でね」

早速ビリヤードを始める。二人の間ではタビーの方が上手い。僕はそんな相手に挑んで行くのが楽しくて、タビーとプレイするのが好きだ。

でも、数ゲームやった後はたいてい4人でのプレーになる。
マダムともう一人、ジェフ君がオキニにしている妹ちゃんが入ることが多い。

このマダムがまた上手くて、余程ひねくれた配置で無い限りは入れてくるし、手玉が何処に転がれば次に有利かもちゃんと考えて、その通りに実行してくる。妹ちゃんがミスしてくれるけど、タビーと僕のどちらもが調子いいときじゃないと歯が立たない。

何ゲームかやって、最後は僕が嫌になって止めてしまうパターンが殆どだ。
別に怒って止めるんじゃなくて、ただ嫌になるだけ。
マダムが強すぎるんだ...

ともあれ、マイペースにそんな遊びをしながら飲めるのも、ハッピーにお客が少ないからで、僕的にはこのバーはずっとこのまま場末であって欲しいなと思う。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはよございます、ポーンさん

ビリヤードって面白いですよね、でも素質的な部分もあるんですかね?
僕の場合は、真っ直ぐクッションに当たった玉がほとんど右に跳ねちゃいます。

友達が100ドル位で自宅に台を造りましたよ。コンクリート製で、動かせないのが欠点ですって...

* by ポーン
私もビリヤードをよくやるんですが、あまりにも弱すぎて負け越しが多いですね。
自宅にビリヤード台買って密かに練習でもしたいです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-11-26 (Wed)
再び平和が訪れた唯さまと僕...
なんのことない一週間の日記...


翌日の土曜日SMSを受信。

「今自宅に居るの。体調が悪くて今日は仕事行けないわ。」
「わかった。ゆっくりお休み。」(やたっ、他のところに遊びに行ける。)

トム君と待ち合わせてFBに行くが、ダヤンは居らず、トム君がブスなマッサーにマッサージを受けるのに飲みながら付き合うだけ。そしてFBを出てドミノに向かう。

ここでもトム君がオキニとイチャイチャしている横で、何もすることなくお付き合い。

何故か知らないけど、トム君のオキニがいる店で、僕はオキニに成り得るオンナに巡り会ったことが無い。
トム君は大体オキニか、オキニ候補を何処でも見つけるんだけど...

最終的にトム君と二人でキャバーンに行き、リヤと遊ぶことにした。
リヤは、お客と一緒に騒いでるリヤの画像なんかを見て僕がちょっと嫉妬してみせたからか、終始ご機嫌でベタベタしていた。

でも、お客が居るカウンターの上でブラジャー一枚になって着替えている画像を見た時、酔っ払って調子に乗りすぎてるのと、余りに羞恥心がなさ過ぎるので、僕は本当に怒ってしまった。

お客の前で下着姿なんて、タイでは当たり前の光景だけど、ここはプノンペンだ。
自分の彼女がそういう格好を他人に見せることは想定していない。

僕は、怒っている理由と、今日はもう一緒に居たくないことを、必死に謝るリヤに伝え、トム君と一緒にチェックした。

「ヒーさん、ごめんなさい。何処に行くの?!」
「136!」
「ちょっと待って、行かないで!」

僕はリヤを振り切り、トム君と一緒に136バーにちょっとだけ寄り、ポンちゃんとイチャイチャしているトム君を残してそのまま帰宅した。

後日トム君に聞いたんだけど、後でリヤが勢いよく136バーに入って来て、オキニのポンちゃんと一緒にいるトム君に大きな声で「ヒーさんは?!」と聞いて、居ないと分かると彼の前に座り、ワインを注文して飲みながら、自分がどんなに僕のこと好きか、僕がどんなに自分を傷つけているかを延々と述べたらしい...

トム君は、その時とても困ったけど、リヤが本当に僕のことを愛してるのが良く分かったと、リヤをとても可愛く思えたと、後で僕に伝えてくれた。

ポンちゃんは最初、リヤをトム君の彼女だと勘違いして、その誤解を解くのも大変だったみたいだけど...


実はトム君、一緒に暮らしているリカちゃんに、バーでそこのオンナとイチャイチャしているところを急襲された経験が何度かあり、この時もその記憶がよみがえったそうな...

そんなことが起きてるいとは露知らずに、僕は家でふて寝していた。
せっかくフリーだったのに、殆ど楽しいことの無い一日だった。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




日曜日。
いい一週間になるといいなと思いながら家でくつろいでいた僕に女王様からSMSが来る。

「どこに居るの?来る?来ない?」
「今家に居る。後で行くよ。」
「うん待ってるわ。でもあまり遅かったら家に帰るわよ。」

コイツ、またこんなこと言って、オレが唯の言うことをどのくらい聞くか試してるな...

「何がしたいんだ?オレを試すのは止めてくれ。」
「そんなんじゃないわよ。なんで貴方は悪く考えるの?いいわ、お好きにどうぞ。」

いつもお前がそういう言い方するからだろう?なんだよ面倒くせえな...

「何時まで待てる?」
「22時頃」

そんなやりとりの後行ってみたら...

居ないじゃん。

ちょっと食事に行っていたらしい。すぐ後で来た。



月曜日、この日はいつも通りの唯とのやりとりから始まった。

「Hi Hiおさるさん!!」
「Hi Hi何ですか?」
「どこに居るの?私朝から何も食べてないの。お腹すいた。待ってるわ。」
「もうちょっと待ってて、今すぐには行けないから。」
「OK、待ってる。」

間もなくして僕が行くと、店の外で待機していた。

友人のモト・ポンピーにおかゆを買いに行かせ、バーの中で食べながら、スマホでゲームをやったりアニメを見たり...
何となく平和ないつもの時間を過ごして二人とも帰宅...

のフリして僕はキャバーンへ...

火曜日も殆ど同じ流れで過ごしてたけど、おねだりが来た。

もうすぐ旧正月。中国の血が混じる唯さまは当然家族と一緒に帰省する。
そのときに亡き父上の仏事をやるというので、そのための諸々の物が欲しいから、明日の昼、オルセーマーケットに連れて行って欲しいというのでオーケーした。

水曜日の昼、諸々の物って何だろ?と思いながら唯さまをピックアップし、近くで車を待たせてオルセーマーケットの中に入っていく。

唯さまが僕を引っ張って連れて行ったところは、紙で出来た家や車や生活に必要な諸々を売っている店。中国の習慣で、故人があの世で不自由なく生活できるように、これらを燃やして送り届けるのは僕も知っている。

あれもこれもと選んで行く唯さまを、手持ちぶさたな僕はちょっと離れて隠し撮り...ノーメイクで地味な唯さまもまたいいもんだ...

Y_P1.jpg


紙の仏具なんてたいした金額にはならないだろうと思っていたけど、以外にも100ドル超えで、僕はちょっと痛い...

更に、お菓子を購入し、例によって時間切れ。事務所まで一緒に行き、僕は降ろしてもらい、運転手は引き続き唯さまのために運転。

別れ際、豚の丸焼きも買いたいというので値段を聞いてみたら、150ドルだというのでそれは却下。ブンむくれた唯さまに70ドルだけ渡して、とっとと分かれた。

仏事は仕方ないとしても、見栄を張らないで自分たちに出来る範囲でやって欲しいな、と思った僕は勝手だろうか?

後でお礼のSMSが入ったのでまあいいとするか...


その日の夜、胃の診察を受けたいという唯さまをカルメッテ病院に連れて行く。

夜なのに開いてるのか?って聞いたら、問題ないっていうので、僕の車の後部座席にアローを含めた3人で乗って行って見ると、案の定夜は急患のみ受付。

診察を諦めた唯さまは、サラダが食べたいというので、近くにあるEXCHANGEでサラダを食べさせる。
トム君の元オキニのオシリちゃんは、この日は姿が見えず。

唯さまは、胃だけでなく喉もあまり良くないので、野菜を小さくカットしてくれとか無理な注文をつけたけど、出てきたのは普通のサラダだった。

バーに戻り、22時半頃解散。唯さまご帰宅。
この日は僕もそのまま帰宅。


木曜日の朝、「声がちゃんと出ないの。昼の仕事でもみんな聞こえないって。」と唯さまから返事のしようがないSMS。

夜会いに行ったら、元気がないのは相変わらずで、まあ、声は小さいかな...


金曜日の夕方は僕の方からSMSを出した。

「体調はどう?今日サラダ食べに行く?もし行きたいなら、今夜8時にお前の店に行くけど。」
「Yes」
「OK、後でね。」

唯さま、胃が悪くて重たい物が食べられないんだけど、ちょっと前からサラダ食べたいと言い始めた。何処の店のサラダが美味しいかなんて僕は知らないんで、とりあえず色んなところに行くしかない。

それでシローかアローを連れてたまに行くようになったんだけど、唯さま、妹分と一緒になって料理と自分の自画撮りを繰り広げてはフェースブックにアップしてる。
唯さまは母上から厳しく育てられたせいで古風なところがあり、異性関係を人に知られることを極端に嫌っているので、当然僕はその画像には入れてもらえないわけで、フェースブック上では僕は一緒に居ないことになっている。

というわけで8時頃到着して、直ぐにペーバー。
妹分のシローも連れてリバーサイドSt.178にあるレストラン・グランドリバーに行く。僕はシュリンプカクテル。唯さま達はシーザーサラダとピザを注文。
料理が来るとお決まりの自画撮り大会をしながら食べてバーに戻る。

体調が悪い唯さまを早めに帰宅させ、僕はSt.104に転進。
リヤの様子を見ようとキャバーンに行ってみる。

リヤは最初珍しくローテンションだったけど、緊張が解けたころからいつものテンションになり、ラブラブぶりを四方八方に見せつけながらの接客。

土曜日は記録も記憶もなし。

0時過ぎに唯さまから「戻ってくるの?来ないの?」というSMSが入っている。一体何があったんだろう。
たぶんいつものように唯さまと一緒にいたところに、友人が数人現れ、ちょっと行って来るとかなんとか言って一緒にどこかに出ちゃったんじゃないかと思う。


一週間があっという間だったような気がする。
来週は旧正月で唯さまが帰省するから、ちょっとは僕も楽になるはずだ...



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking

Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはよございます、とむやむ君さん

何をおっしゃいますか、訪タイ中の皆さんのほうが羽伸ばしながら充実してる様に見えますよ...

仏事や何かのパーティー、僕らのお金だけでなく、借金してまで格好つけますからね...

それで病院代が無いってんですから、よくわかりません。

それでも惚れた相手に僕は弱いんですよねェ...

* by とむやむ君
こんばんは。

ヒーさんの一週間って、ホント切れ目なく楽しそうですよね~
これが駐在の強みですな。

まぁ、その代わり他の点で代償がありそうですけど。

それにしても「見栄を張らないで自分たちに出来る範囲」って考え方が無いのは同じなんですね。

私もよく「金が無いのになんでそんなに・・・」って思いますもん。
そういう考え方は日本人特有のものなんでしょうか。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-11-24 (Mon)
お客を送っていくという若者二人と別れた僕とトム君はリバーサイドに向かう...



唯さまに会いに...



唯さまの話したいことというのは大体見当が付く。


昨日、〇〇の後に唯さまの店に行った時、唯さまが体調悪いと言うのでペーバーして帰らせ、その後僕も一旦帰宅したんだけど、出来心でついガリに会いにグラに行ってしまった。
シアヌークビル以降もう二度と会いたくねえって思った相手なのに、時間が経って怒りも薄まって来たし...

そこでガリに長い間の恋人だか旦那だかが居ることを確認して、後はたわいも無い話をしていたんだけど、ガリが唯さまのこと話し出したんだ。ガリの友達に、前に唯と一緒の店に居たオンナがいるという。

「ヒー、唯とは良く会ってるんでしょ?」
「ああ、そうだね。」
「昨日友達が言ってたわ。唯が男性と一緒に車に乗って楽しそうにしていたって。」

なんでコイツそんなこと俺に言うんだ?
僕は再びガリの一番嫌いな点に遭遇してしまい、頭に血が上って直ぐにチェック。

チェッ、やっぱり来るんじゃなかったよ...

帰宅した僕は真実を確かめたくて唯さまにSMSを出していた。
本当はこんなことせずに、自分の胸にしまっておくべきなのは分かってるんだけど、勢いで...

「昨日何やってた?体調が悪いっていうからペーバーして帰宅させたよね。でも一人の女が、君と男が一緒に車に乗ってるのを見たって言ってる。オレに嘘ついてたの?」

翌日の夕方返信が来た。

「私嘘は嫌い。誰かが私の作り話をするのも嫌い。その女を連れてきて欲しいわ。直接聞きたいから。きっと彼女は家族から話の作り方を教わったんでしょうね。 :(」 




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




と、そういうことがあったので、直接話をしたかったのだろう。

唯さまは、僕とトム君が到着すると、いつもと変わらない表情で僕の隣に来た。
そして差し障りのない話をした後、唐突に...

「作り話をしたオンナをここに呼んで来て。」
「ちょっと待て...」

僕は酔っ払ってたんでその場でガリに電話をし、「今、唯と一緒だからここに来い」と伝えたけど、「行くわ」と言うはずもなく電話は切れた。その電話を唯さまが取り上げて発信履歴からガリに電話....ガリはもう電話に出ることはなかった。

何だか嫌だなあ、ガリの話、心に納めておくべきだった...

その後、だいぶ酔っ払った後で、どういう流れになったかは忘れたけど、僕は唯さまをペーバーして一緒に出ることになり、トム君と僕で、唯さまを連れてトム君の彼女一家で経営しているバー”BB”に行こうと話しがまとまった。

僕は一緒にトム君の彼女のバーに行こうと唯さまを誘い、唯さまも一旦一緒に店を出て歩き出したんだけど、途端に踵を返して店に戻ってしまった。

トム君と僕は何が起きたかわからなかったし、唯さまは店の奥に引っ込んだきり出てこなくなったのでしかたなく二人でBBに行った。

BBで自分の家のように振舞っているトム君を他所に、僕は完全アウェーでつまらなかったので一人で帰宅。

そこに唯さまからSMSが届いた。

「ドリンクありがと。でも、貴方は嘘をついたわ。貴方と貴方のガールフレンドはいつも嘘つきね。いいわよ、バイバイ」
「オレはただお前をペーバーしてBBに行こうって言っただけだよ。何で怒ってるのかわからないよ。」

また地雷踏んじゃったのかよ、面倒くせえ...
と思いながら1本返信して、その返信がなかなか来ないので、僕は寝てしまった。

そして、朝、唯さまからの返信を見た。
唯さまのSMSの内容は脅迫めいたものだった。

「戻って来る?来ない?もし来ないのなら友達と一緒にお客さんと踊りに行くわよ。」

そして僕は朝からほぼ一日、唯さまとSMSでやり取り。SMSって好きなときに返信できるんで便利だけど、時間かかってしまうのが難点。

「お前いつもオレがペーバーした後にそんなことしてるのか?」
「踊りになんか行ったこと無いわよ。でも夕べ貴方は私に嘘ついたじゃない。私悲しかったわ。夕べ貴方は私をペーバーしなかったじゃない。私本当は他のところになんか行きたくないし、それに貴方も知ってるでしょ、私踊るの好きじゃ無いし、踊れないもの。夕べはただ行っただけ。だって貴方の彼女の作り話で嘘をつかれたんだもの。私こういうの大嫌いなの。嘘や作り話からは無関係で居たいわ。今、私自身感情をコントロールできないの。」


僕は記憶から消えていた一部の場面を思い出していた。
何かで言い争って、一旦渡したペーバー代を取り返した場面だ。
でも、その後再度唯さまを誘って、一旦は一緒に表に出たはずだ。


「ねえ、昨日オレがお前についたという嘘について話してくれ。オレがお前からペーバー代を返してもらった後、直ぐにお前を他の所に行こうと誘ったよね。再度ペーバーするのを忘れていたのは今思い出したから謝る。そして、お前は踵を返して店に戻った。正直な話、オレはいつお前に嘘ついたのかわからない。」

ペーバー代を払ってないのに、払ったように見せかけようとした、ということなのかなあ...

僕は同時に、ガリにもSMSを送り、何であんな話をしたのか聞いてみると、以外にも素直な返信が来た。

「ごめんなさい。だってハッピーじゃなかったんだもん。あなたが唯を愛してるものだから....」


そして唯さまに今回の騒動を治めるためのSMSを送った。

「何であのオンナがあんな話をオレにしたのか今わかった。あのオンナは、ただ面白くなかったんだって。だって、オレが唯のことを長い間愛してるのをあのオンナは知ってるから。でもあんな話に動揺させられたオレが悪かったよ。謝る。」


しばらく返信が途切れた後、21時頃になってからSMSが来た。


「今夜来れる?」
「行くよ。」
「わかった、待ってるね。」
「ああ。」


とりあえず平和が戻ったみたい...

それにしても唯さまの地雷多すぎ...

それでも、惹かれちゃうんだよなあ...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-11-22 (Sat)
僕の帰りが遅くなったことで、予想通り翌朝冷たくなっていたタビーさん。

僕の全身全霊を込めたサービスで、冷たかった態度が溶けて再び元の優しいタビーさんに戻った。

そして、僕は日本から客を迎えた。

当然、夜は接待と称して僕の好きなように連れ回す。

そのためにリバーサイドにあって便のいいホテル、アマンジャヤ・パンガムを予約してやった。

St.136ど真ん中のLUXホテルとか、入り口のパラゴンホテルでも良かったんだけど、流石に仕事の客なので、そこまで遊ぶ訳には行かない。

チェンマイ・リバーサイドで夕食をとり、唯さまの店で妹分に客の相手をさせて遊んでいると、唯さまがカニを食べたいと言い出す。
結局明日の夕食はお客と、唯さま一派でカニを食べに行くという予定が出来てしまった。

そして退店した後、お客をホテルに送り届け、僕はタビーさんを連れ出しにローズバーへ...
かなり早い時間なので、タビーさんのご機嫌麗し...



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




翌日、仕事を終えて着替えを済ませた僕とお客は唯さまの店に直行した。

手ぐすね引いて待っていた唯さま。
早速妹分のシローを連れて、4人でトゥクトゥクに乗り、St.154とNorodomの交差点にある映画館の裏の海鮮BBQ店に行った。

お客も出張先で現地の女の子とこんなふうに食事に行くなんていう体験は珍しいらしく、面白がってるので良かった...

女達に勝手に料理を決めさせると全て辛くなってしまうので、今回はお客もいることだし僕もかなりの善戦をして自分なりのものも選んだ。

辛いカニ、辛くないカニ、甘辛いイカ、ゆでエビの4種類。

料理が運ばれてきた頃、唯さまの妹さま,裕美子ちゃんが登場。電話で呼んだらしい。

良く話には聞いていたし、画像も見せられていて知っていたし、FBでも何度かコンタクトしたことあるけど会ったのは初めて。
なるほどモデルやってるだけあって目ヂカラがあり、普通の人と違うオーラがある。

ちょっと太めで、唯さまは子豚と呼んで可愛がっているけど、バランスは悪くないしすごく可愛らしい。

一人増えて3人になった女達は、僕たちそっちのけでスマホで写真大会をやりだしたんで、僕もその様子を撮ってやった。

Y_CRAB.jpg

僕とお客は白米も少し食べてお腹を一杯にし、チェックしたところで裕美子ちゃん離脱。
4人で再び店に戻り、生臭くなった指を嗅いでは「スオーイ!(クッサーイ!)」なんて言って他人に嗅がせたりして遊んで過ごす。

お客も2日目なのですっかりなじんでリラックスし、シロと4目並べをして遊んでいる。


時間が長くなったのでチェック。
お客をちょっとだけキャバーンに連れて行った。


主観だけど、キャバーンははっきり言って日本人が好むようなオンナは居ない。
なのでお客にお勧め出来るオンナも居ない。
でもまあ、カウンターに座った僕たちに、リヤともう一人ブサイクが積極的に相手してくれるんで、お客もこれはこれで楽しそうだ。

でも流石に眠くなってきたみたいなので、なじみのトゥクトゥクにホテルまで送らせた。

僕はその後もしばらくリヤと飲んでチェックし、リヤが外に出てこないのを確認して、こっそりとローズに入り、タビーをペーバーして帰宅した。


その数日後、トム君のところにバンコクからお客が来たので、僕も接待にジョイン...


CASAホテルの先にあるEXCHANGEというしゃれたレストラン・バーで食事。

ここには、シンガーバーでトム君がボウと共にオキニにしていたオシリちゃんが居る。
オシリちゃん、芸能プロダクションに所属していて、カンボジアのカラオケに何曲か出演しているのをトム君に見せてもらったことがある。日本で言えばド演歌になるんだろうけど、田舎が舞台で人工物が小舟しか出てこないVTRだった。オシリちゃん、久しぶりに見たら痩せてすっきりしている。最初からこのくらいだったらボクでも行けたかも...

そしてトム君行きつけのバーに入る。

「ハロー」と挨拶し、店の中程のテーブル席に座り、アンコール生をオーダー。
この店、トム君のオキニが2人いて、いつもその2人プラスアルファにドリンクを奢るので彼の人気抜群だ。

でも僕もお客も殆ど相手にしてもらえない。
僕は久しぶりのアウェー感を味わいながら、お客と話をしていると、トム君も気を使ってここでチェック。

トム君主導で唯さまの店に移り、一時を過ごしてこの夜は解散。



翌日、お客を中心に、トム君、久しぶりに登場のゴエ君とキーナ君に僕も加わり、スシバーで夕食会。寄せ鍋を囲んで暖まった後、さあ何処に行こうか、と検討会。

お客さん、昨日はバーに行ったから、今日はカラオケに行きたいというので、以前僕がカラオケに行っていた頃、ギャル系が多くいた記憶のあるシャンゼリゼにお連れする。

この店は僕が主導で行ったことはないので少し緊張しながら個室に通され、オーダーより先にガールズを連れてこいと言って待っていると、3人だけが連れられて来た。他には居ないという。

オーダーする前にチェックして正解だった。退出決定。

「ヒーさん、どうしましょう、ロックでも行きますか?」
「ロックかあ、OKそうしよう。ちょっと待って。」

僕はメイに電話し、これから5人行くから宜しくと伝えた時、SMSに気がついた、唯さまからだ。

「ヒー、今日来れる?話したいことがあるの。」
「まだ決められない。お客と何人かでKTVなんだ。」
「なんで誘ってくれないの?私も行きたい!行きたい!」
「ダメ」
「後で連絡してね。」

車の中でそんなやりとりをしながらロックに到着。

久しぶりのロックはエントランスが新しく作られていて、すばらしく綺麗になっている。
個室に通されてウイスキーのボトルをオーダーし、ママが女の子を連れてくるのを待っていると、ドアが薄く開いたり閉まったりしている。

何事かと思ってドアを開けて外を見るとメイが隠れるように立っていた。

「メイ、何やってんだお前?」
「ヒー、Miss you!」

廊下でいきなり抱きつかれた。
久しぶりに抱くメイは、こんなに大きかったっけ?っていう抱き心地だった。肉付きもそうだけど、特に骨格がしっかりしている。もっと華奢だと思っていたんだけど...ヒーさんガールズがみんな華奢だから相対的に大きく感じちゃうのかなあ...

それから...ブスだ!
髪型が変だからそう感じるのかもしれないけど...
全体的に確実に劣化してると思った。

これまた久しぶりのマーランが女の子を20人位連れて入ってきた。マーランとも久しぶりのハグ。

それぞれが好きなように女の子を選び終えると、僕の隣に呼んでもいないのにセイが...そしてメイがどこかに行ったと思ったら、マウを連れてやって来た。

それから僕はメイ軍団にもみくちゃにされ、お客に「ヒーさんばっかり持てるなあ...」と言われながら、みんなを盛り上げるようにメイ軍団に指示。

忙しい...

カラオケタイムも佳境に入り、ディスコタイムに移る頃、みんな盛り上がってたようなのでいいだろう。

メイが酔っ払って抱きついて泣き始めた。そして、タビーにもらった(んだっけかなあ?忘れた...)お祈り紐(ミサンガのカンボジア版)をむしり取り、アイラブユーと言いながらキスの嵐だ...

僕も酔っ払っていたけど、冷静に、やりたいようにやらせて落ち着かせ、冷静にチェックした。
メイは酔っ払いすぎて何処かに行ってしまった。多分吐きに行ったんだろう...

カラオケで大いに飲んで楽しんだ時は、いつも最後グダグダに場が乱れるけど、久しぶりのロックもそうだった。
そしてメイ一派との再会は無事に終わった。

たぶんもう会うことは無いだろう...

お客を送っていくという若者二人と別れた僕とトム君はリバーサイドに向かう...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking


Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : KTV
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんばんは、とむやむ君さん

モテモテだなんてとんでもないですよ、トム君のフィールドではアウェイ感バリバリだし...

娘たちにウソつかずに遊び回れるんで、僕は接待って嫌いじゃないんです。

多少気は使いますけどね...

* by とむやむ君
こんばんは。

接待お疲れさまです。
モテモテのヒーさんと一緒じゃ、お客さんもオモシロくなかったんじゃないですか?(^^;

何て冗談はおいといて・・・
人を案内するって大変だと思います。
すごく気を遣いますしね。

私はもうこりごりです。

Comment-close▲