09≪ 2014/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-10-11 (Sat)
バー、カラオケ・・・
そんなところでしょっちゅう遊んでいると、ガール達と出会ったり別れたりを繰り返します。

出会ったガールとの疑似恋愛がとても楽しくて、止められなくなったりもします。

ガール達の中には本気で好きになってくれる子もいて、自分が遊びだと割り切っていないと(割り切っていても...かな...)つい疑似恋愛をとおり越した本気の恋愛に発展してしまうことも....


いずれ別れなくてはいけないのは分かっているのに....




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





...では本編です。




僕らの間には何も問題は無い...
そう考えた次の日をリヤと過ごして、翌木曜日...

ローズを訪れた僕にタビーがポツリポツリと話し始めた。

「ベトナムに行ってきたの...お母さんの借金を返さないと、お母さん大変だから...」
「借金って3000ドルの事?」
「そう...彼、結婚すれば出してくれるって言ってるの....」
「彼って、この前2階で見た?」
「そう.... 」

やっぱりか....



僕はその時どうかしてしまった。

彼女との優しい思い出が蘇ってきて、こんな形で失いたくないと思った。
僕は、3000ドルは自分が何とかするから、そのために仕方なく結婚するなんて止めて欲しいと言った。
他の女と終わりにするからと。

彼女は「ありがとうマイラブ」とつぶやいて泣きながら僕に身体を寄せて来た。

そして、初めて手をつないで一緒に店を出た。
今までは、道の反対側に並んだバーに居るリヤの友達の目を気にして、一人で先に店を出ていた。

家に着いて激しく愛し合った。

そして、タビーが着ることを想定して楽天市場で買って取り寄せた浴衣を見せた。

「これ見て。」
「可愛い。これなあに?」
「日本の夏の着物で、ユカタっていうんだ。今度の盆踊り大会にこれ着て行こうね。」
「うれしいわマイラブ。」

日曜日の盆踊りに一緒に行くことになった。

「私ね、今日もしあなたが来なかったら、日曜日にはまたベトナムに行こうとしてたの。」
「じゃあもうベトナムには行かないんだね?」
「そうね...」

僕は彼女が抱えている問題を解決できると考えていた。


そして金曜の朝、何度目かになるけど、彼女の中で果てた。幸せだった。

そして彼女を家に送って仕事に行き、その日の夜に会いに行こうと思って電話をしたけど、タビーの電話はつながらなかった。
しばらくたってからまた電話してみるけどつながらない。電源が入っていないか、圏外にあるっていう感じだ。
そんなことを繰り返して、日が変わり、土曜日になってようやくタビーが電話に出た。

「何してたの?」
「ごめんなさい。彼と話をしていたの。」

あの男とどこかに行ってたんだ...

「今日うちに来れるんだよね?」
「うん、行くわ。」
「じゃあ午後2時頃に電話するから、その後来て。」
「うん。そうする。」
「おやすみ。」
「おやすみなさい。」

僕はようやく少し落ち着いた気持ちで眠りについた。

♡  ♡  ♡

土曜日の朝、9時に確認の電話をした。

「ごめんなさい。行けないの。」
「!!」

木曜日の夜にベッドでタビーが話していたこと、それは、ベトナムに行っていたということ。
もしあの日僕が彼女に会いに行かなかったら、日曜日の盆踊りには行かずに、またベトナムに行くことになっていたとのこと。

その時点では、彼女は僕と一緒に盆踊りに行くことになっていた。

でも、今日の電話でそれは覆された。

彼女は泣きながら言った。

「またベトナムに行かなければならないの。」
「なんで?」
「こんなことしたくないけど、母の借金の問題があるから...」
「....もうお金を受け取ってしまったんだね...」
「彼と結婚しなくちゃいけないの...」

彼との結婚は望んでないけど、母の為に仕方がないんだと彼女は言った。

タビーがそう決めたのなら、それはもう彼女と家族の問題だ。
僕は受け入れざるを得ない...

「わかった...幸せになってね。さようなら...」
「マイラブ、ありがとう。さようなら...」

電話を切って、直ぐにSMSが届いた。


「あなたが悪いのよ...私をいつも一人にしていたから...でも、今までありがとう。あなたを忘れないわ、My Love...」


僕はその言葉に含まれたストーリーを考えてみた。

彼女は寂しくて、あるいは悔しくてお客と仲良くなり、言い寄って来たお客に母親の借金の話もしていたのだろう。
その男と一緒にいる現場に僕が現れ、二人の様子に焦った男が結婚話の進展を早めたのだろう。
そして男がお金を出し、タビーはそれを受けてしまったと....そういうストーリーだ。

彼女があの男と会ったのはいつ頃なんだろう?
僕がお店に行った時、偶に「彼女は今Busyよ」とボウや友達から告げられるようになったのはいつからだろう?

1-2ヶ月程前からだろうか?ビッグママからローズに戻ってからのはずだ。

いずれにしても、あの優しいタビーを失ってしまった....



喪失感が高まるばかりで、全然治まらない...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。