08≪ 2014/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-09-20 (Sat)
今日はバンコク最終日。

ホテルの朝食を食べてフジスーパーで食料品の買い出しをして、荷造りを済ませてチェックアウト。

迎えの車は午後2時20分に来ることになっているので、時間はたっぷりある。

その時間を有効利用すべく、101プレミアマッサージでQちゃんを予約しておいたのさ。

で、チェックアウトを済ませてSoi24までゆっくりと歩いて行く。


3回目のエロマッサー、そして2回目になる101プレミア。もう殆ど緊張することもなくドアを開けて店内に入る。


Gダイの写真やネット画像で見るQちゃんは透明感のある美少女風だけど、実際はどうだろう?僕はワクワクしながら店内に入り、予約してある旨を告げてソファで待っていた。


ロビーに現れたQちゃん、僕がイメージしていたより背が高く、写真や画像の方が150%ぐらい美少女風ではあるけど、実物も近所の綺麗なお姉さんっていう感じでマッサージ嬢としては悪くは無いと思う。この子になら抜かれても勿体なくないと思った。

Qちゃんに案内されてプレイルームに入る。

2chに、Qちゃんがオッパイにシリコン入れちゃったと書いてあったけど、なにもこんなに大きくしなくてもいいんじゃないか...というぐらいのパンパンな巨乳。

服を脱ぎ、お風呂で洗ってもらい、その後はお決まりの流れで気持ちよくフィニッシュ。

ヒーさんガールズ恋しモードに入っている僕だったけど、エロマッサージの場合は純然たる風俗として楽しむことができた。


今度から、バンコクではエロマッサーとMP専門でやっていこうかな....

でもやっぱ、ゴーゴーもカラオケも捨てがたいし...

うーむ、結局ヒーさんガールズ恋しといいながらも、相手次第でどれも好きなんだな...


スッキリしてエンポリを歩き回った後ホテルに戻り、トム君と合流。

荷物を受け取り、迎えの車で出発。

ちょっと仕事をして空港へ...


空港内ではトム君と別行動で、先ずはヒーさんガールズにお土産の香水と、誕生日が近いガリにプレゼントのアクセサリーを購入し、再び合流して階下のゲート付近にある喫煙所で一服。

搭乗、そしてプノンペンにランディング。

「今夜は8時頃行動開始かな?」
「そうですね。ゲートのところで会いましょう...」

そう言って一旦別れ、8時頃再集合し、Riverhouse Bistroで食事をすることにした。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



Riverhouse Bistroにはゴエ君、ジェフ君も合流して、お土産話で盛り上がった後、○○に移動し、ボックス席で飲み始める。

この店ではトム君はオキニが2,3人居るし、ジェフ君はいろんなタイプいけるし、ゴエ君は大後輩なんで何も言えないし、皆それぞれ楽しみ始めた。

僕はボックス席では完全アウェーで盛り上がれず、コーンの居るカウンターに移動し、コーンとカウンター仲間のレディーと3人でゲームなんかをしながら盛り上がった。

そして僕だけ一足先に唯さまに貢ぎ物を届けに....

「バンコク行くんだったらDKNYの香水ね....グリーンがいいわ....」と言われていたので、言いつけどおりDKNYのグリーンアップルを買ってきた。


「これお土産だよ」
「アリガト、で、沢山遊んで来たの?」
「そんなんじゃないよ。仕事で行ったんだから。」
「ウソばっかり...おちんちん疲れてるでしょう?ねっ?ねっ?」
「イテーよ!握るならやさしくやってくれ...」


唯さまと妹分2人にドリンクを奢りつつ、いつものようにまったりした時間を過ごす。

ああ、これがオレの居るべき場所だ...



そう思いながら、ヒーさんガールズ影のNo.1唯さまと朝4時半まで過ごしてしまった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : タイ * Genre : 海外情報 * Category : バンコク
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-18 (Thu)
ホテルで朝食をとり、トム君と連絡し合って伊勢丹に行き、紀伊国屋等でぶらぶらと時間をつぶして、とんかつを食べてスクンビットに戻る。

「ヒーさん、Orchid Massageに行って玉もみしてもらいましょう。」

トム君の念願の一つ、玉もみに行く。

カウンターでおばはんからリストを見せてもらうも、今待機中のマッサー達は写真が2割増し程度だとしても僕の好みとは正反対の選びたくないラインナップだ。

二人で悩みに悩んで、それぞれの好みにかろうじて一番近いマッサーを選び、おばはんに告げると、しばらく後にその二人が出て来た。



・・・・・・・絶対無理・・・・・・・・wwwww(┛〃° Д°)┛


写真は2割増しどころか8割増しだった...


僕は絶対に、何があっても抜かれないことを決意した。

それでもトム君のお相手よりは少しはマシなようで....


「ヒーさんの相手の方がまだいいですよね...」って...


階段を上っていく時に目の前に見える太い足首...うーむ、個室に行くのも嫌だな...
付き合いで来ちゃったけど、僕の心は抜かれない決意と後悔で一杯だ。

シャワーを浴びてマットに寝かされ、全身を撫でるようなマッサージをされてタマを揉まれたけど、全然気持ち良くない、というより、最初から触られるのも嫌だと思った。

それでも面倒くさいので目を閉じて無駄な抵抗をせずにいると、悲しいかな、チンちゃんはこんなのが相手でも直接マッサージされると硬度60%程度になっちゃって...勝手にゴムを付けられ、インサートさせられた。

僕の上で弾む年増の雌豚...

僕的には犯されている感じしかなくて、悲しくなってきた。
それでもモッタイナイ精神がちょっと働いて、ヒーさんガールズとしている情景を思い浮かべようとしたり、過去にAVで見た刺激的な場面を妄想したり、自分を無理やり奮い立たせる努力はしてみた...けど、僕は視覚で興奮するタイプなので、もうムリ...

「悪いけど、もういいよ。」

僕はそう言って止めさせ、シャワーを浴び直し、とっとと階下のロビーに逃げてトム君を待っていた。

降りて来たトム君。

「あれとやったの?」
「やりました。出しちゃいました。」
「すごいね君....」

あのマッサーとやってフィニッシュ出来るトム君を改めて尊敬した。
さすがあの斎藤さんとも出来たツワモノだ。→斉藤さん


けど....

「何で出しちゃったんだろう...せっかく行っったんだからもったいないって思っちゃったんですよねー...無駄打ちですよねー」

その後のトム君、後悔の弁と反省ばかり...プププ

でも、考えてみると、バンコクに来て嬢と2回個室に入っても未だ不発の僕のほうが悲しいかも知れない....

僕たちはホテルに一旦戻り休憩。後でタニヤに行って美味しい寿司を食べようということにした。



↓がんばれヒーさん、トム君
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



夕方、タニヤに向かう。

BTSサラディーンで降りると先ずは寿司屋探し。

直ぐに寿司屋は見つかったが、しかしここで僕たちは怯んだ。

「なんか高そうですね。」
「そうだね、あ、あそこに安そうな店がある。」

おにぎり屋の隣にある寿司スタンドを発見し、張り出してあるメニューを見るとネタもそこそこあるし、安いので入ってみた。

ハズレ...

バンコクだからてっきり日本人のすし職人が握るんだと思っていたら、タイ人しか居なくて、機械で握った押し寿司のようなベタベタのシャリと、かろうじて鮮度が残っているネタ。2個ほど食べた後僕はネタばかり食べていた。

お金に糸目を付けずに美味しい寿司を食べようと話していたのに、何故安い寿司屋に入ってしまったんだ、と反省した僕達は、リベンジのために本格寿司屋を探した。

バンコクに来る前の下調べでは女体盛りのアゲハが気になっていたのに、この時点ですっかりそのことを忘れてる僕だった。

で築地に入店。
もうそれほどお腹もすいていなかったのと、やはり値段を見て少しモッタイナイと思った貧乏性で小心者の僕たちは、一皿の握りセットをオーダー。
突き出しの和え物も、適当に頼んだ摘みも、日本酒にマッチしてさすがに美味しかった。寿司も絶品。やっぱりバンコクではこうでなくっちゃ...

築地を出た僕たちは、タニヤ来訪チョー御無沙汰のトム君を、そんなに慣れてる訳でもない僕が先導する形でタニヤ巡りを始めた。

マルコポーロとマーメイドでは、僕は選べたけどトム君選べず。
アトリエでは殆どが僕のストライク(さすがノーOFF店)だったけど、殆どがトム君にとってガリ過ぎのクソボール。
昔ブログで読んだことのあるクラブ愛では、フロアにずらっと並んで立っているレディー達を一周回って見て、多すぎて選べず。でもさすがにレベル高いっすね...

目当ての子がいるかも知れないプレイガール2で、目当ての子は居なかったけど、やっと二人とも選ぶことができた。

僕が選んだのは、JKアイドル風の制服が良く似合うロリっ子で、軽くタッチするとウブな反応が可愛い。でもその気にはならずに1時間でチェック。

キララも選べず、キスミーで、1回目の来訪時にキララでチョイスしたBちゃんを探したけど居ない。

同じビルの他の店(店名忘れた)で、少人数の中からトム君がドンぴしゃのレディーを見つけてしまい、僕もしかたなくその中では愛嬌があるかなと思える、リヤをギュッと押しつぶした感じのタレ目チビレディーをチョイス。当然僕はその気にならず1時間でチェック。トム君はもしかしたらその気あったかも....

次に入ったのはアテッサ。
まるでMPのようなひな壇に並ぶ40人超のレディーたちを前にした僕たち。

「オレ選べますけど、ヒーさんは?」
「何とか選ぶからちょっと待って...」

一人ひとりを凝視しながら全員を見回す。ボク一人か、トム君が選べなかったらこの店、普通にスルーするんだけどな....トム君選べるっていうし...
無理して一番スリムなレディーを選んだ。メイを更にブサイクな年増にしたような感じのレディーだった。何でこんなの選ばなくちゃいけないんだろう?でも他に選べる嬢も居ないし....

「こんばんは、お名前は何ですか?」
「ヒーです。あなたは?」
「ゲロです。楽しみましょうね♡」

ゲロは少し年増だけあって日本語が上手だ。初バンコクの時にキスミーでOFFしたAちゃんと同様に、昔ながらの正統派タニヤレディーなんだろうな...

アテッサは名前はAさんから聞いてたけど、大きな店だった。僕等の席の目の前はダンス用のフロアがあり、小さなステージではカラオケに合わせてギターを弾くおっさんが一人。

僕たちの隣には6人組みのガラの悪そうな日本人が幅を利かせているけど、そんなことはお構いなしに、僕たちはそれぞれ楽しむ。

ゲロは話も上手だし、顔をじっくり見なければ体型も僕好みのスリムさん。

彼女がリクエストした歌を歌う時には僕もステージに付き合わされ、彼女の耳元で日本語の歌詞をつぶやく役をやらされた。
まあ、総合的には楽しいアテッサだった。

「そろそろ時間ですけどどうしますか?」
「うん、チェックしてくれる?」
「私一緒にいいですか?」
「ゴメン、約束があるからダメなんだ。」

ゲロにチップ100バーツを渡してアテッサを出てタニヤを後にした僕達は、律儀にも昨日の約束を果たしにナナに向かった。

とりあえずマンダリン2に直行した僕達。

何でこんなに律儀になっていたかと言えば、こうやって時間かけて遊びながらも最終的には食いっぱぐれる、というズッコケを避けたいと思ったから...僕は未だ不発だし....

昨日のガールズは...居た居た。
合図すると早速2人ともやって来た。

「来てくれたのね」
「あたりまえじゃないか...プププッ」
「何よ」
「いや、何でも...」

タニヤで何人かの女の子と触れ合ってきたけど、僕はやっぱりバーの自由で騒然とした雰囲気が好きだな...それと、パヒュームちゃんとは2回目なので最初から打ち解けてる...

僕は楽しくなってつい笑っちゃった...

あと、バーが外国語環境だっていうこともあるかもしれない。
夜遊びで日本語って却って疲れることがあるんだよね...
アテッサのゲロは日本語が上手かったからまだ良かったけど、半分くらいしか理解できないレディーが相手だと、理解してもらえるであろう言い方を考えちゃって...

4人で乾杯して頃合いを見てペーバー。

2階にフロントのあるヤリ部屋に行って空き状況を聞くとあいにく満室で30分ぐらい待たされた。
その間にもレディー連れで来るお客を見ながら時間を過ごす。
皆目的は同じなので恥かしくもなく、あっけらかんとした感じが面白かった。

ここにこうして居ると、これが世の中のスタンダードだという錯覚に陥る。このままの感覚で日本に行ったら大変だろうな...

スタッフから呼ばれてチェックイン。プノンペンのゲストハウスのような質素な部屋に入る。
先ずパフュームちゃんをシャワーに入れて交代で僕が。

「頑張ろうな、チンちゃん...」

僕は相棒にそう言ってベッドイン。

パフュームちゃんは思った通りの無駄のないプロポーションで、抱き心地も想像通りだった。
Fも念入りにしてくれて、お返しに良く手入れされたプ○シーに攻撃を加えると、良い反応が返ってくる。ゴムを付けてインし、細い脚を折りたたんでブンブン。

気持ちよくフィニッシュし、シャワーを浴び直し、服を着た状態でベッドトーク。

「記念に写真撮っていい?」
「いいわよ」

パフュームちゃんは正面を向いてポーズをとってくれた。

後でスマホに残る画像を見ると、変な色の化粧とカラコン...意外と黒い肌...やっぱりヒーさんガールズの方が...

いやそれよりも、ひょっとしたらレディーボーイ?という不安まで湧いて来た。

でもまあいいや...済んじゃったことだし、内容も満足だったから...

BKK_Perfume.jpg
※ボーイ?ガール?

部屋をでた僕達。トム君はまだ頑張っているみたいなので、中庭を見下ろせるカウンターに座りビールを飲んだ。パヒュームちゃんも隣に座って付き合ってくれたのがうれしかった。

しばらくして出て来たトム君たち。

「いろんなことして楽しんじゃいました。へへへ...」

良かったねトム君...



明日は101プレミアのQちゃんを予約してある。

今夜はゆっくり寝て体力回復しなくっちゃ...

と言いながらまたもや歩いてホテルに帰る僕達。



レディー達、みんな頑張って楽しませてはくれたけど、やっぱりヒーさんガールズ恋しの心が募っていくボク...





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : タイ * Genre : 海外情報 * Category : バンコク
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by ヒー
通常のマッサージ料金5ドルだけだった様ですよ。

昔はお風呂のあるところもあったらしいですが、今は聞かないですねえ。

僕の知ってる人は、健全なマッサージ店のマッサー嬢を家に呼んで楽しんでました。それだと色んな事が出来そうデスヨネ。

* by ポーン
ところで拒否された時は、お金は取られたのでしょうか?
マッサージ系は英語が通じ無い子が多いので、そういうトラブルもありえますよね。

* by ポーン
ヒーさん
我々日本人が最低限入れるレベルのエロマッサー店はいくつか残っているようですが、お店の選択肢が少なく、サービスもあまり良くないので、私自身すっかりご無沙汰しております。
しかしカンボジアで玉もみとかマットプレイができるところは無いものでしょうか…

* by ヒー
こんにちは、ポーンさん

僕は知らないのですが、エロマッサ~は全滅なのですか?

2年位前にお客さんをラグジュアリーに連れていったのですが、嬢がやらせてくれなかったことがありましたけど、そういうことなんですかね.... ?

ソウルもだめですかね?

* by ポーン
お疲れ様です。
しかしババアのマッサージはヤバイですが、
カンボジアもエロマッサー復活して欲しいと願うこの頃です。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-09-16 (Tue)
仕事がらみでバンコクに行くことになった。

今回は別の用事で行くトム君と、殆どの日程を合わせることが出来たので、バンコクに場所を移して共に徘徊するのが楽しみ。

ホテルはいろいろ迷った挙句Bless Residenceを予約。

理由はもちろん、バニラが近いから。

数日前からトム君と二人で行動計画を練る。


「トム君、行きたいところあるの?」
「ソイカの”田舎娘の登竜門”とかいううたい文句のゴーゴーバーには是非行きたいですね。それから、タニヤもしばらく行ってないんで行きたいし、あと、玉もみも...」
「そうか、僕は特に行きたいところはバニラ以外にはないけど、どうせタニヤ、ソイカ、ナナそれからエロマッサーには行くんだから、君が行きたいところは全部付き合うぜ。」


♡ ♡ ♡


時間と場所は移って、Bless Residenceに到着。

フロントカウンターは簡単な机みたいなもので、一瞬不安がよぎったが、スタッフ君が妙にシナシナと優しくて、僕等の不安は無くなった。

「トム君、彼絶対にゲイだよな。」
「ええ、そう思います。」

レディーボーイとかゲイは人当たりがやさしいんで、サービス業には向いているだろうなと思った。

部屋に案内されると、僕等は隣同士の部屋だった。でもドアとドアの間隔が以上に広くて、部屋の広さを感じさせる。実際に部屋に入ると、やはり広~い1LDKで、荷物を広げている時に気が付いた。

広すぎる...

S31のデュープレックス・スゥイート程じゃあないけれど、部屋の中の移動でずいぶんと歩く必要があって、これはこれで不便だと思った。

さて、一段落ついたんで昼食だ。

二人で向かったのは先ず両替。スクンビットロードをSoi 33に向かう途中の両替屋で適当に500ドルほどを替える。そして古本屋に入り、Gダイのバックナンバーを購入。そしてフジスーパーの手前にある坦々麺だ。
普通に旨いラーメンに二人とも感激しながら食べて、東京堂書店に行き、Gダイの最新号を購入。更に60バーツショップであれこれとプノンペンでなかなか手に入らない気の利いたものを購入した。

そして、トム君は用事で別の場所に、僕はフジスーパーの前にある”しまこ美容室”に行き、髪をカット。

ホテルに戻りシャワーを浴びて裸のままGダイをめくったりしているうちに夕食時間だ。

そして、夕食の後は戦闘行動開始だ。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



電話で連絡を取り合い、ロビーで落ち合う。

「どこに行きましょうか、ヒーさん。」
「何か食べたいものがあるんじゃなかったっけ?」
「レバ刺しか生ガキの旨い奴が食いたいですね。」
「とりあえずまたフジスーパーの方に行こうか」
「そうですね。」

僕等はまたフジスーパーの路地へ歩く。そして韓国亭という焼肉屋にレバ刺しがあるか聞いてみると、あるというので、レバ刺しとユッケともう一品ぐらいをつまみにビールで乾杯。

レバ刺しとユッケの旨いこと旨いこと...すっかり満足してバニラに向かう。

バニラ入店。

女の子は6人だけ。店長さん(?)が説明してくれたので、念のため聞いてみた。

「レイちゃんは居ないのですか?」
「彼女休ませてるんです。なにしろ長いこと働いたんで。」

えーーっ!!??
残念。今回もレイちゃん会えず...

しかたなく僕はスリム系、トム君はぽっちゃり系を選んで、同じシートに着く。

トム君は好みのタイプなんで、すぐにプノンペンと同じ要領でエロプレイを始めたけど、僕は何故か気乗りがしない。レイちゃんに会いたいだけでここに来たんだもん。けど、がっかりしてばかりいてもしょうがないんで、おしゃべりしつつ徐々に気分を盛り上げていった。

そして二組同時にプレイルームへ。僕はプレイルームに行っても今一つで、女の子も頑張ってくれてはいたんだけど、結局硬度MAXにも、イキもしなかった。ごめんね...

トム君のお相手は、その時は確か入店したてだったけど、その後Facebookでも何度も紹介される売れっ子さんになり、今でも顔と名前を覚えている。でも僕はその時の自分のお相手を全く覚えていない。そのことからも、どんなに気が乗っていなかったかが分かろうってもんだ。

消化不良でバニラを出た僕は、すっきりした顔のトム君とソイカに歩く。

先ずはトム君の目的、「田舎娘の登竜門」でおなじみダンディーに入店。トム君ワクワクだったけど、ハズレ。
「減価償却済み娘の廃棄場」みたいなラインナップで、一杯も飲まずに出た。

次に行ったのはバカラ。

1Fは満席、2Fもほぼ満席だったけど、ウェイトレスちゃんが席を確保してくれて何とか座り、全ラインナップを見たけど心が動くような嬢はいない。ビール一本だけ飲んで退出。

シャークも見たけど心が動かず、どうしようか相談しながらソイカを彷徨っていたら、スージーウォンだったかスパイスガールズだったかカウボーイ2だったか忘れたけど、コヨーティが奇麗だったので店の外のテーブルで彼女達と飲むことにした。

「ヒーさん、コヨーティってドリンクの単価が高いんですよね。」
「そうだったっけ?忘れてたよ。コヨーティっていくら可愛くても連れ出せないんだよね?」
「多分そうだと思います。」

完全にお上りさん状態の二人、コヨーティにもテキーラを奢り、軽くタッチしながら飲んだけど、それ以上居るのも無意味だと判断して退出。



ソイカで何も得られなかった二人、テーメーに移動。

実は僕はテーメーに入るの初めてなので、ワクワクしながら階段を降りる。

ブログなどでそのシステムは分かっているのだけど、雰囲気や空気感は入ってみないとわからないからね。

「先ず一周してみましょう。」

うじゃうじゃと並んだレディー達一人一人と目を合わせながらビール片手に一周する僕等。可愛いなと思ったのが一人だけ居た。でも、二週目に確認すると単にロリっ子なだけだった。トム君も一人だけちょっといいかもっていう子が居たみたい。

「トム君どうする?」
「なんだか心が動かないんですよね。」
「オレもなんだ。全然ピックする気が起きない。」

それでもトム君は気になった子に声かけてジュースとポップコーンを奢って話をしていたのが立派。
でもトム君にその気がないのを感じると彼女すぐに列に戻ってしまった。

僕たちはナナプラに移動。
やっぱりこの場所に来ると少し高揚するな...

高揚した気持ちでレインボー全店とロリポップその他を覗きながら回るが、心が動かない。
レインボー4ではスゲー美人さんがステージの一番前で踊っていたけど、ゴージャスすぎて気遅れして呼ぶこともできず。

どうしたオレ?

本当にお上りさん、というか、”はじめての夜遊び”みたいに腹が据わって来ない。

マンダリン1で過去2回ペーバーしたお姉さんを遠目で確認し、マンダリン2に入った。

はっきり言って、いいかげん疲れていたが、トム君が先ず好みの子を発見、サインを送ると来たので早速ドリンクを奢る。
僕もステージの向こう側に気になる姿を発見。

長い黒髪で眉を隠すくらいの長さのパッツンスタイル。遠くから見ても分かる頭の形の良さ...

ステージに移動した彼女を見ると、顔は良く見えないけどプロポーションは僕好みのスリムさん。
僕は彼女を呼んでみた。

近くに来た彼女の顔は...今いち...プロポーションは無駄が無くて完全に僕好み。女性ユニットのパフュームっぽい雰囲気。

「こんばんは」
「こんばんは、どこの国の人?」
「カンボジアだよ」
「嘘ばっかり」
「本当だよ、スオスダイ...ほらね?」
「名前何ですか?」
「ヒーです。君は?」
「パフュームです。」

話ししやすい子ではあった。

「どうする?トム君?」
「うーん...もう一つ心が動かないんですよね...」
「君はもう一発終わってるからかもしれないけど、オレもなんだよ...どうしたんだろうね?」
「とりあえず、今日は無しにしましょうか...」

結局、明日また来るからと言ってチェックしナナプラを後にした僕達。

もう一度テーメーに寄ってみようか、と言って歩き出した。

「トム君、なんかさあ、プノンペンのガールズに会いたくなっちゃった。」
「僕もなんですよヒーさん。なんだかんだ言っても、プノンペン楽しいし...」

僕は分かった。なんで心が動かないのか...

ヒーさんガールズは、それなりの年月をかけて厳選してきた、僕にとっての逸材揃いだ。
ケンカしたり、気まずくなったりもするけれど、それは偽りのない“感情のやりとり”があるということだし...
それに、見た目だってそれほど負けちゃあいない、というか、夜のバンコクでも十分に通用すると思う(一線級になれるという訳じゃないし、あくまで主観ですよ...汗)。
例えば、タニヤにコーンや唯さまが居たら、僕はどちらかを選ぶと思う...
なので、何故わざわざバンコクでヒーさんガールズ以下を相手に頑張らなくちゃいけないの?という思考に陥っちゃってるんだ...

トム君にそんな話しをすると、彼は分かってくれた。

途中の屋台で変なTシャツを自分の分とリヤ、タビーに購入。
結構リアルな大人のおもちゃを売っている屋台もあったので買おうかどうか迷ったけど、空港でばれたら恥ずかしいので止めてテーメーに差し掛かる。

もうクローズしていて、何人もの娘が路上にたむろしている。

その中の二人組のうち一人が遠目に気になったので、良く見ようと近くに寄ったら向こうから声をかけて来た。

「ねえ、何してんの?」
「レディーを物色してる...」
「私たちは?」
「君は本当にレディー?」
「そうよ失礼ね」

近くで見て、スリムでナイスボディーだし可愛い顔してるけど骨が太いように感じたので、手を取ってみる。

「トム君、この子きっとレディーボーイだ。」
「そうかなあ女の子だと思うけど。でも分かんないですよね、タイだから...」
「可愛い顔してるけど、女の子にしちゃあ手が厚くてごつい感じがするもん...」
「可愛そうですよ、そんなこと言っちゃ...ヒーさんSなんだから...」

酔っていたせいもあり、失礼なやり取りをしてその場を後にして、ソイカに行ってみた。

もう殆どクローズしてる中で、バカラがまだ開いていたんで入ってみた。レディーも殆ど居ない中で、僕等の席に営業に来たボリューミーな子にトム君が喜んでドリンクを奢り、遊んでいると、ここもクローズしたい雰囲気になったのでチェックビン。

再びトボトボとホテルに向かう僕達。

バンコクに居ながらもヒーさんガールズ、トム君ガールズへの思いが募っていくボクタチ....

今までバンコクでこんなことなかったのに、何かオカシイ...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : タイ * Genre : 海外情報 * Category : バンコク
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

こんだけです..
だっからー..主観だって言ってるじゃないですか(^_^;)

出だしのバニラで躓いちゃったんですね。レイちゃんさえ居てくれれば、その後の気分も変わっていたんだと思います。

3Pはプノンペンでやりましたけど、自分、気が散ってダメなんですよね。面倒くさいし...ましてやアレキなんて、恥ずかしい..(mm*)キャッ

* by とむやむ君
おはようございます。

バニラの娘達でもヒーさんレディースに敵わないって・・・ヒーさんレディース、どんだけですか。(^^;

見た目だけじゃなくて安心感もあると思いますしね。

こうなったらプノンペンじゃできないような遊びをしてみたらどうですか?

3Pとか4PとかMPでアレキ遊びとか・・・(^^;

Comment-close▲
個別記事の管理2014-09-14 (Sun)
影のNo.1には大学生の妹さまがいて、モデルの仕事もやっています。

カンボジアの人気シンガーのPOVで踊ったりもしてますよ。

写真で見ると、目がきりっと大きくて、丸顔で色白に見えるのですが、実際に会うとこっちの気が引けるくらい黒目が大きくて目ヂカラがあり、もちろん可愛いのですが、豊満だし、浅黒くて体毛が濃いクメール仕様。

僕は、お姉様の方がいいなと思ってます。

影のNo.1は妹さまのことを、愛情を込めて「ブタ」と呼んでいます。

僕のスマホを取り上げて、僕のフェイスブックアカウントから妹さまの投稿記事に「いつも食べてるからブタになるんだぞ」とか「ブタ、ブタ、コブタ」とか勝手にコメントすることもあり、当然妹さまからのコメントの標的は僕。

正No.1がフェイスブックで妹さまと友達だし、そんなコメントをやり取りしているのを知られたくはないんですけど...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。




トム君と一緒にグラに行く。

ガリとは昨日自宅でメイクラブしたし...その時の彼女の忘れ物を届けに来ただけで、お目当ては特になし。

前々からガリと、今度海にでも行こうか、なんていう話を軽くしていたんで、昨日はその時のために通販で買った水着やリゾートドレス等をプレゼントしたら喜んでくれて、二人ともに満足のメイクラブをしたのだった。

で、プレゼントした服を着て帰ったのは良いけど、自分が着て来た服をソックリ忘れて帰りやがった。
で、今日届けに来たというわけ。

ガリの友達でアナというスリムながら胸の谷間がちゃんとある、ちょっと魅力的なガールがいるんだけど、自動的にトム君担当になった。なんかうらやましい。

ガリとアナ

トム君に聞くと、細すぎるのでタイプではないというのだけど、普通にイチャイチャしたりキスしたりできるところが彼はスゴイと思う。僕はタイプな相手じゃなきゃ出来ないもの...

そんなわけで、1時間位でチェックし、St.136界隈に移動。

二人でフラフラとあっち行ったり、こっち行ったりしている時にたまたま通りかかったFB。

以前ここのバーに入った時は別の名前で、毛深いガールに奢ったっけなあ....と思い出しながら近づいてみると、入り口付近に一人のガールがニコニコして立っている。

彼女の笑顔に誘われて店に入り、飲み物を注文すると当然隣に来る。

名前はダヤン。

トム君の方は、まん丸なおデブをこの店での遊び相手に指名したようだ。

「はじめまして、ですよね...」
「うん、はじめまして」
「どこから来たの?」
「アフリカだよ」
「ウソばっかり。日本人でしょ?」
「アフリカから来た日本人だよ」
「アハハ」
「君、名前は?」
「ダヤン。あなたは?」
「ヒー。よろしくダヤン。」

顔は美人カワイイ系。

系統は...そうだなあ...美化しすぎだけど上原多香子系かな?

体つきもスリムだし、声も若干アニメ風が入っていて語尾を強調する弾んだ話し方。

悪くないかも...

どうしてこんなガールがこんな場末に居るんだろう?

この店、レディーの数は今居るのが5,6人。多分全部で10人居るかどうかだろう。
今お客は僕たち二人だけ。場所柄、そんなに集客が多いとは思えないし...

そんなことを考えながら、いろいろ聞いてみた。

「この店に来てどのくらい?」
「2か月位」
「前は何してたの?」
「セルシーに居たの」
「セルシー?行ったことあるけど、君居た?」
「キャッシャーやってたのよ」
「何歳?」
「23歳」

嘘こけっ..ヘ(´ー`*)
目じりの小じわとか見ると、25,6ってところか?

少し思い出した。

僕がセルシーにたまに行ってた頃のオキニ、Dちゃんが同じ名前ダヤンで、店の子にダヤン居る?って聞いた時に、二人居るけどどっち?って聞かれたことがある。太い方?細い方?って....その時の細い方っていうのがこのダヤンだったのかな?

キャッシャーって本当かなあ?あの頃のセルシーのキャッシャーを思い出そうとするけど、「キャッシャーの子、ちょっとカワイイな....」とちょっとだけ思ったことがあるような、ないような.....


ダヤンの接客はラブリーでとても気持ちがいい。

目が合うとニコッとするし、その時の目と口が“ザ・スマイル”っていう形になるんで、見ていて楽しくなるし、常に体のどこかを寄せてくる。

でも、どの客にも同じようにするんだと思う。

前回の記事の前書きにも書いたように、僕は「特別扱いされたい」という願望があるようなので、いずれがっかりするだろうから、深入りはしないようにしよう...

僕の心の中で小さく警報ランプが灯った。

店の中だけでも、これだけ楽しませてくれればそれでいい...

そう思うようにして、引き続きラブリー接客を楽しんだ。



僕のスマホに秘匿SMS着信を示すランプが点滅し、こっそり見ると唯さまからだった。催促に違いない...

「トム君、そろそろ行くよ」
「えっ、ああ、はい」

トム君はマッサージが気持ちいいみたいで、目を閉じて眠っているようだった。

「この子すごくマッサージ上手いっすよ。」
「そう、よかったね。チェックするよ」
「はい」

ダヤンに、「また来るね」と言って店を出て、僕は唯の店に、トム君は別のお気に入りの店に移動した。

ニコニコダヤン


唯さまは頭が痛いらしく、絶好調ではなかったので、スマホで動画を見たりしながら少しだけ飲んでチェック。

「ペーバーするから帰ったら?」
「うん。そうする。ありがとう...」
「じゃ、気を付けて」
「ちょっと待って、何処行くの?私も一緒に行くわよ。着替えるから待ってて」
「じゃあ、○○に行ってるから」
「○○ね。待っててね」

僕は○○に移動し、コーンの前に座り、ブラックソーダを注文した。
何故僕は唯さまをコーンの店に呼んだのか?
意識的にじゃないけど、多分、コーンへの恋心がくやしい思いをさせられていることに対する意味のない反抗なんだろうな...

「こんばんは、コーン、元気?」
「ええ」
「何か飲む?」
「ありがとう」

コーンは自分で伝票を書き、ウォツカサイダーの栓を開けた。
カツンと乾杯すると、僕等の間には話題が無くなる。昔買ってあげたスマホなんかはもうとっくに無いだろうし。かと言って二人でじゃんけんゲームは盛り上がらないし...と考えていたら唯さまが入ってきた。

「唯、何か飲む?」
「ううん、何も要らない。帰りましょ」
「飲み終わったら帰るから、少し待って」

唯さまは僕の隣に座ったが、コーンとは何も話をしようとしない。
昔僕がこの二人を二股かけていた頃、店が対面同士だったのでお互いに顔は知っていると思うんだけど...


今思うとなんとも贅沢な二股だったんだな....


○○を出ると、唯さまは僕の手を引っ張ってなじみのトゥクトゥクに僕と一緒に乗り込んできて、僕のアパートの名を告げてトゥクトゥクを発車させた。

「○○○○○に行って」

結局僕の自宅にやって来た唯さま、ミニー(トム君の彼女のお姉ちゃんね)からトム君経由でもらったバッタンバン土産2つのうち1つを勝手に自分のカバンに入れた。ドロボウか!?

ソファで話をしているうちに僕は唯さまの膝枕で落ちたらしい、「私帰るよ...」と唯さまに起こされ、そのまま玄関で見送ってベッドに入り本格的に寝た。


唯さま、何しに家まで来られたのでしょうか...?





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんばんは、ポーンさん

バー遊びを楽しめるタイプですね、浦山です...
僕は好みの子じゃないとダメなんですよね...今、楽しめる場所が減っちゃってます。

* by ポーン
私の場合は顔がタイプじゃなくても愛嬌があるか、セクハラOKならまだ楽しめるのですが…

Comment-close▲
個別記事の管理2014-09-12 (Fri)
You Tubeで、キャバ嬢を落とすために、先ずはその接客の仕方を知ろうっていう番組を見ました。

その中で、キャバ嬢は男の願望を満たしてあげてお客さんの心を掴むんだ、ということがが紹介されてました。
その願望と言うのは、

1 モテたい
2 褒められたい
3 頼られたい
4 特別扱いされたい
5 女性問題で悩みたい

僕自身は...

1 モテたい..NO (店で楽しくしてれば大概はモテるっしょ)
2 褒められたい..NO (スケベ!っていうのがホメ言葉なら、Yesかも..)
3 頼られたい..NO (全く頼られないのは物足りないかも)
4 特別扱いされたい..YES (ドンピシャ当てはまるっす)
5 女性問題で悩みたい..NO (できれば悩みたくないし)

になります。

3と4は密接にかかわり合っているんだと思います。
東南アジアで女の子に頼られるっていうのは金銭的なことが一番多いと思いますが、金銭的に頼られて、それを満たしてあげていると特別扱いされるようになり、そうなると、更に頼られるようになり、お金が掛かることになります。困ったもんですね...

できればあんまり頼られなくて、特別扱いっていうのが理想なんですが...




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




...では本編です。



その日はグラでガリ(グラでガリ....変なの)と少し遊んだあと、コーンがSt.136に戻ってきたと風の噂で聞いたので行ってみた。

コーンは○○バーのカウンターの中でキャッシャーをやっていた。

僕がカウンターのコーンの目の前に座ると、チビのスーもやって来て隣に座る。

「久しぶりだなヒーさん」
「おう、スー久しぶりだな。大きくなったか?」
「なってないよ。何飲むの?」
「ブラックソーダくれ」
「あいよ」

とりあえずこのあとスーは無視して、僕はコーンに話しかける。

「久しぶりだね、元気してる?」
「元気よ。あなたは?」
「おかげさまで...今はキャッシャーなんだって?」
「そう。」
「何か飲む?」
「ありがとう。」

スーがおねだりしてきた。

「ねえ、私には?」
「ああ、スーお前も飲んでいいよ。」

3人で乾杯。

1か月位前に、路上に止めてあるモトに座っるのを見て一言言葉を交わしたけど、まともに向き合うのは1年3か月振りになる。

どうして急に居なくなったのか、何をやって居たのか、聞きたくもあったが、彼女が話したければ話すだろうし、今は僕とは関係のない人になっているので、余計なことを質問することは控えた。

目の前に居るコーンはスラッと痩せて大人っぽく、女らしく綺麗になっている。
あくまでも僕の主観だけど、リバーサイドでは飛び抜けた美しさだと思う。
唯も綺麗だけど、総合的にはコーンの方が上かと...

久しぶりコーン


ただ、コーンには前から掴みきれないところがあり、恐らくは語学力からきているのだと思うけど、認識の共有というものが難しいと感じていたので、その辺はキッパリとした性質を持っている唯の方が分かり易くていいかな...

「今もシスターと一緒に住んでるの?」
「ええ、そうよ」

スーが割り込んできて僕に話をしてきた。

「ここのボスがコーンのボーイフレンドなんだよ」
「そうなの?今どこ?」
「ほら、そこにいる人。」

僕は彼を見て、コーンを見直すと、コーンは既に後ろに寄りかかる姿勢で「そういう話には参加しないわ」という態度だった。


ああそうか...


だからキャッシャーなんだ。


まあ、しょうがないか...



僕は心の中でガッカリしながらも、気丈に3人でじゃんけんゲームをして遊んだ上で店を後にした。
こういう時、僕は自分のことを結構いい奴だな、と思う。


それにしても、以前の恋人(厳密には恋人ではないけどね...)が他人のものになってしまった寂しさ...

やっぱりあるなあ...

肩を落としながら僕が向かったのは唯の元だった。

唯さまにビシビシと叩き直してもらわなくちゃ...



以前よりちょっとだけS度を増した唯さま。


頼まなくても期待通りの仕事をしてくれて、叩く、つねる、氷を背中に入れる等、刺激のオンパレードで、僕はコーンのことを忘れることが出来、ついでに時間も忘れていた。気が付けば2時半。

3時間も唯さまと遊んでしまった。


チェックして外に出た僕は、タビーに電話していた。

やっぱり刺激の次は癒しが欲しい...


「タビー、うち来れる?」
「すぐ行く。待っててね、ダーリン」


タビーは僕が自宅に到着してから10分かからないうちに駆けつけて来てくれて、まるで介護するかのように優しくしてくれた。

ソファに座ったタビーの太腿を枕に寝っころがると、優しく撫で続けてくれるし、喉が渇いたそぶりを見せると、一旦クッションを僕の頭の下に入れて枕にし、飲み物を持ってきてストローで飲ませてくれるし、顔を下から見つめると何度もキスしてくれるし、シャワーに行っても、頭と身体を洗ってくれるし、頼めば歯も磨いてくれるだろう...もしかしたらンコの後も拭いてくれるかも...

たぶん僕が望めば、一日中自分の手を使わなくても暮らせるのではないかな...

たぶん僕は、赤ちゃんプレイの入り口を覗いてしまったんだと思う...

この快適さは癖になっちゃうかも...

タビーさんとクリーム達



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ヒー
おはようございます、とむやむ君さん

一緒に居て、何も嫌なところのないいい子です。

変な例えですが、漁港みたいな子とでも言うんですかね...

こんな子が包まれて居ても、外に漁をしに行かないと気が済まない自分って、しょうもないですね...

* by とむやむ君
こんばんは。

尽くされるってのはオトコのツボをくすぐりますよね~

一緒にシャワーして洗ってもらうって気持ちいいっすもんね。(^^;

刺激ばかりじゃ疲れますから、やっぱり癒しは大切です。
そういう娘は大事にしてくださいね。

* by ヒー
おはようございます、ポーンさん

注意喚起、ありがとうございます。

一人でフラフラ歩き回ることは無くなりましたが、身近なところでも犯罪は起こってますもんね。

自分は大丈夫だと思いがちなので、気を引き締めなくちゃいけませんね...

* by ポーン
お疲れ様です
献身的な子が至れり尽くせりなヒーさんが羨ましい限りです。
個人的にはマッサージがうまい、またはマッサージを自分からしてくれる女の子は当たりが多いですね。

それからカンボジアお盆も近づいてきたので慌ただしくなってきましたね。
お金目当ての強盗なども多くなってくるのでお互い注意していきましょう!

Comment-close▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。