個別記事の管理2014-08-30 (Sat)
プノンペンって一方通行が多いんです。
リバーサイドの路地もそうだし、St.51やSt.63もそうですね。

この前モトでリバーサイドの一方通行路に入ったら凄い渋滞にはまってしまいました。
この日は、仏教関連の祭日だったので、リバーサイドの道路Sisowath Keyのパゴダに行く人が多くて渋滞し、逃げ道として路地に沢山の車やモトが入って来てたのですが、これが一通を完全に無視して入って来るんで、路地の小さな交差点で卍固め状態になり、全く動かなくってました。

僕自身は日本人の習性か、一通を逆走するのは気持ち悪くてしょうがないんで、まず逆走はしませんが、カンボジア人には全く関係ないんですね。

渋滞とは関係ない普通の状態の時でも、バンバン逆走してきまして、そいつらが遵法走行している僕に向かってクラクション鳴らしたりするんでイライラしてしまいます。

こういう言い方は良くないんでしょうが、教育のある人達がポルポト時代に大量に殺されちゃったんで、残った大人の大部分がロクなもんじゃなくて、その大人たちのすることを見て育った子供たちもロクなもんにはならないってことなんだろうと思います。

今の若者が親の世代になっても、同じことが繰り返されるだけ...何世代変わっても遵法精神についてはまともにはならないでしょうね...

だからといって一通を僕に向かって逆走してくる奴に同情なんかするはずもなく、気合だけは負けないようにして、たまにはこっちから威嚇したりなんかもして...ケンカしたら大勢にボコられるだけですから、しませんけどね。


どうせ誰も守らないんだし、取り締まりも出来ないんだから、一方通行の設定無くしちゃえばいいのに、と真剣に思います。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





...では本編です。



タビーがゴールデン・バインからグラディエーターに戻ってきた。


「どうしてゴールデン辞めちゃったの?」
「忙しくて嫌だったからよダーリン」


自由すぎるだろ...


「それで今度は何処で働くの?」
「今日からグラで働くことにするわダーリン」

マネージャーはその話をカウンターの内側で聞いていたが、

「え?そんな話聞いてませんよ」だって。


だから、自由すぎるだろ...


ガリはさっきからカウンターの内側に「関係ないわ」という顔をして座っている。
なんか変な感じだな...

もしかしたらガリとのことがタビーに伝わって、それで帰ってきちゃったとか?
だとしたら、こんなに普通に接していることができるだろうか ?
でもこちらから聞くことも出来ないし、ここは知らんぷりしておこう。
タビーがここに居る限り、このバーでの僕の相手はタビーに絞るしかないから。

いつものように飲んでビリヤードで遊んで、タビーをペーバーし、自宅に帰る。
翌日僕が出勤するときにはまだ寝ていて、お昼を一緒に食べた後に送り届ける。最近はこの流れが定着してきたな...

その日の夜からリヤがうちに来て2泊して行った。


なんか自由がなくなって来たな....


リヤを19時過ぎに帰して、今度はガリにSMSを送ってみる。

タビーは居る?」
「タビーもボウも来てない」
「オレ今日は行けないけど、うち来る?」
「行く」

タビーがグラに居る時にガリをペーバーすることは出来ないので、ガリは電話で呼びだすことにした。

22時頃ガリが自分のモトでやって来た。

「バーファインはどうすればいいの?」
「私が持っていくわ。マネージャーもあなたのこと知ってるから、それでいいって。」

そして知り合ってから2度目のメイクラブ。

滞りなく情熱セックスを終えて、ベッドの上でじゃれていたら、ガリが急にオシッコしたくなったというので、フザケテ行かせないようにしていたら、隙を見て急いでベッドから飛び降りた。そしてトイレに駆け込もうとしたんだけど曲がりきれずにクローゼットの角に「ガツン」とぶつかった。

「おいおい、大丈夫か?」

ガリはおでこを押さえてうずくまっている。

「みせてごらん?」
「イタイヨー....」

見ると、おでこの真ん中が縦に赤く膨らんでいる。切れたりしなくて良かったけど、こりゃあ痛そうだ...プププッ
可哀そうだけど、可笑しさの方が強くて、笑ってしまった。

オシッコ漏らしたりしてないだろうな?
ガリがトイレに入ってから、さっきうずくまっていたところをチェックしても液体は無かったので、ぶつかったショックで引っ込んじゃったんだろう...

ガリは痛さをこらえて服を着て出てきた。

リビングで一休み。
ソファーの上でガリを抱っこしておでこを冷やしてやりながら、ガリの話を聞いていた。

「そういえば、この前ここから帰る時、外で待機してるトゥクトゥク使ったんだけど、そのドライバーが話してたの。」
「何て?」
「前のオンナは良くないオンナだったけど、あんたは良さそうだって言われた。」

前のオンナ...メイのことか...

「余計なこと言うドライバーだな。」
「そうね。前のオンナって誰?」
「前にここに住んでいたガールフレンドだよ。」
「どうして別れたの?」
「いろんなことがあってね...」

僕は言葉を濁らせてその話を終わらせた。
トゥクトゥクとかモトとかガードマンとか、何でも知ってるからな。気を付けなくちゃ...

ガリは一休みして、自分のモトにまたがり帰って行った。
妹がソリヤモールのレストランで働いていて、深夜に帰ってくるから家にいないといけないという。どこまで本当の話なのかは知らないけど、泊まりたいとか言わないだろうから楽だな。

次の日の土曜日、朝から午後遅くまで友人たちとゴルフをして、家に帰ってからタビーに電話。

タビーのフォローしとかなくちゃ...

夕方タビーが来て御宿泊。

日曜日からクメール正月に入るので、タビーはプロヴィンスに帰る。しばしのお別れだ。
でも、プロヴィンスから戻ったら、僕とトム君、タビーとボウの4人でシアヌークビルに行くことになっている。
だから、割とウキウキしたお別れで、日曜日の昼まで一緒に過ごして家に送り届けた。


さて、殆どの女の子が帰省するクメール正月、どこ行ってもまともにレディーが居ないんで行くべきバーもないし、一人で家に居てもつまらないからリヤを呼んだ。彼女は身寄りがないのでプノンペンにとどまっている。

ということで、正月期間中リヤと同棲生活..平穏でまったりとした休暇でした。



他の子とのスケジュール調整も考えなくて済むのが、こんなに気が楽だとは思わなかった。

どうして僕は一度に何人もの子と付き合っちゃうんだろう?

自問自答してみたが、すぐに答えは出た。

まあ、それぞれタイプの違う子で、それぞれ好きなんだからしょうがないってこと。

だけど、これ以上増やさないように抑えていかないとな...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

私も受け取れました! * by 谷島

我慢できなくて、伝えることにしました。
今までの私は、誰かがひいてくれたレールを歩くだけの人生でした。
私の生き方は、ある方法で、すべて変わりました。
生活が潤うっていうことをはじめて知りました。
すぐにお金持ちになれます。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに教えます。

* by ヒー
ポーンさん、おはようございます。

僕的にも納得していなかったので、背中を押していただいた感じです。ありがとうございました。

気に入っていただいて良かったです。これからもよろしくお願いします。

でも、僕のブログってダークなイメージでは無いつもりなのですが....

* by ポーン
お疲れ様です。
テンプレ変更でダークな感じになりましたね!
私はこのデザイン好きです。
引き続き頑張ってください!

Comment-close▲