個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-07-17 (Thu)
バンコク・スクンビットSoi.33のバニラにレイちゃんが復帰したんですね....

僕がバニラに行ったのは過去2回だけなんですが、どちらもレイちゃん目当てでした。

1回目はしかたなく他の子を選んで、遊んで外に出たとき、レイちゃん、お店の前でみんなでご飯食べてました。
  ※4回目のバンコク(その1)バニラ、レインボー

2回目は店長さんに聞いたら、長いこと働いたんで休ませてますとのことで、結局レイちゃんとは会えず...
  ※5回目のバンコク×トム君と一緒×何かオカシイ...

バンコク行きたいのに諸事情で行けず、レイちゃん恋しい今日この頃です。

ちなみに過去2回とも、遊んだ姫はとってもいい子でした...バニラ行きたい...


reichan.jpg
(VanillaのFBから転写させていただきました)

↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





...では本編です。




唯さまとの記念すべき初体験を終えた僕は、充実した気分を引きずってSt.136を歩く。

コーンの友達で、ガっちゃんが「クメールの微笑み(ニョニュム・クマエ)」と呼ぶちょっと可愛い女の子が店の前の椅子に居たので話しかけてみる。


「オス」
「ハロー、コーン来てないよ」
「何で?約束したのに.....」
「今日の午後パーティーやるって言ってたけど....」


コーンに電話してみるが、出ない。

「私に任せて..ここに座って...何飲む?」

一緒に居たキツ目のお姉さんがそう言って僕を座らせた。

「じゃあビールください。それからキツ目さんと微笑みちゃんにも....」
「ありがとね...絶対来させるからね。」

キツ目お姉さん、コーンに電話し始めた。何でこんなに頑張ってくれるんだろう...?

コーンが電話に出たようだ。キツ目お姉さんの話し方が強く、命令口調になる。

「コーンね、誕生会で酔っ払って寝ちゃってたんだって。今日はもう出かけたくないって言うから、約束したんだから来なさいって言ったわ。」
「ありがとう。でも無理なら良いのに....」
「ダメよ。約束したんでしょう?待ってなさいね、そのうち来るから。」


キツ目姉さん、アリガト...


僕はその場でキツ目さんと微笑みちゃんを相手に飲んでいた...

1時間ほど経った頃、コーンがモトドップでご到着。

初めて見るすっぴんの顔。メイクした時より幼く見えてかわいらしい。

隣に座らせると、なんだかフニャフニャしてる感じ。余り酒臭くは無いけど、寝起きっていうのは本当だと思う(もしくはラリッてる?)。

腹立たしいのと、可愛くてしょうがないのと、複雑な気分でウェーブのかかった髪をくしゃくしゃすると、すっぴんの顔が満面の笑みになる。

適当に飲ませながら何処で何してたのか聞いてみる。


「今日はどうしたの?居ないからどうしようかと思った。」
「ごめんね。友達と家で誕生会やったの。そのあと寝ちゃった...」
「来てくれて良かったよ。これプレゼント。誕生日おめでとう。」
「ありがとう。あっ奇麗な時計!かわいいっ!」


少しは喜んでくれたみたい。良かった。


「じゃあ行こうか、沢山待ったから疲れちゃったよ。」
「何処に行くの?」
「ホテルとってあるから、まっすぐ行って、川に出る左側の角だよ。」
「連れてって....」


腕を組んで一緒に歩き出した。


道の反対側を見ることができない。
こっちを見つめている人が居るかもだから....
さっきモトを呼んで帰ったけど、もしかしたらお店に立ち寄ってるかも知れない...

アイリッシュ・パブの横の階段を上がり、フロント前を通過する時、兄ちゃんはニヤッと笑っただけでシカトしてくれた。

部屋にIN。タオルは新しいのがベッドの上に置いてある。

ドアのカギを閉めると、僕は感情に走った。

抱きしめてそのままベッドの上に倒れ込む。

コーンも首に腕を廻してくる。キスしながら服を脱がし、自分も脱ぐ。
シャワーを浴びて来たんだろう、腋の下からもマンちゃんからも清潔な洗い立ての香り。

そのまま突っ込んで愛し合う....
いつもと比べると、かなり荒々しいかも知れないけど、コーンもこうしたやられ方、嫌いじゃないみたい...

コーンが逝く寸前で僕は我慢して...というのを何度かやっていたら逝けなくなり...最後は、体力切れで折れた。

疲労がピークで、二人ともしばらくそのまま動かなかった。


「...コーン...誕生日おめでとう」
「ありがとう、ヒー..」


ようやく起き上がってシャワーを浴びて服を着直した彼女と部屋を出て、その場でチェックアウト。
僕は唯さま方面からの視線が怖くてSt.136中心部まで再び歩くほどの勇気がなかった。


「オレ、このまま帰るね。またね。」
「うん。おやすみ。気を付けてね。」


136方面に歩く後姿を見送り、僕はトゥクトゥクでその場を去った。



次の日からコーンはSt.136から姿を消した...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒーさん
とむやむ君さん、こんばんは。

文字通りなんです...

簡単な話なんですが、次の回でね...

仲良くなったと思っても、所詮は一瞬関わり合っただけの関係..相手のことはよくわかりませんものね。

この頃って、とむやむ君さんの言う「暗黒時代」ってやつですかね?

* by とむやむ君
ん?

最後の一行が気になりますね。

ここまではすべて予定通りでしょ?
こっちを見つめている人が・・・
ってところに何かありそうですね。

まぁ、あんまり先読みしちゃダメですね。(^^;

Comment-close▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。