個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-06-21 (Sat)
プノンペンでトゥクトゥクやモトに乗っていると良く事故現場に遭遇します。車とバイク、バイク同士が多いですね。

自分で車を運転してみると良くわかりますが、バイクが他の車両とギリギリのところをすり抜けて行ったり、ろくに確認せずに交差点に突っ込んで来たりするんで事故って当たり前だと思います。

あと、対向車線逆走とか一方通行路逆走がとっても多いです。

バイクの場合、路地から主要道路を左折する際(カンボジアは右側通行です)は、とりあえず曲がっちゃいます。そして左端を逆走しながら、徐々に本来の右車線に移動する人が多いです。そのまま逆走し続けるって人も結構いますけどね。

それから、夜間は酔っ払い運転が多いですね。
警察関係の知り合いに聞いたことがあるんですが、カンボジア警察は酒気測定器を持っていないので、どんなに酔っぱらっていても血中濃度の計測が出来ないため、取り締まれないそうです。

プノンペン市内は日中は交通量が多いのと、交差点などでもいちいち他車との間合いを測ったりする必要があるため、さほどスピードは出せず、大きな事故にはなりにくいのですが、夜中には酔っ払い運転をはじめ、暴走車両が増えて、重大事故になりやすいです。

もし運転する際は気を付けてくださいね。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking



・・・では本編です。



不自由ながらも平和に暮らしていたある晩、僕の携帯が鳴りだした。

知らない番号からで、出てみると相手は男性。

「突然すみません。私プノンペンに住んでる日本人の医師なんですが、Cバーのリヤさんご存知ですよね。」
「はい、知ってますけど。」

僕はすごく嫌な予感がした。

そりゃそうだ、こんな電話だもの。

自殺路線まで考えた。

「実はリヤさん。バイクに乗っていて事故を起こしまして、怪我したんです。私はたまにCバーに行くんですけど、お店の女の子に、恋人であるあなたに電話して欲しいと頼まれて電話しました。失礼ですが、あなたとリヤさんとはどういうご関係ですか?」
「えー、元カノというか・・・」

僕が少し語尾を濁したら、彼は推察してくれたんだろう、それ以上二人の関係については突っ込まないでくれた。

彼の話では、事故後治療は受けたものの、頭を打っているため店の女の子に頼まれて診たところ、意識はしっかりしているし、命の別状はなさそうだけど、念のためちゃんと検査した方がいいと言うことだ。

「今からリヤさんのところに行けますか?」
「いや、今すぐは行けません。でも、後で何とかしてやりたい気持ちはあります。」

僕は直ぐにリヤに会いに行き、必要な援助をしてやりたかった。
そんな事情だったらメイも分かってくれるかも、と思い聞いてみた。

「メイ、リヤが事故った。大けがしたらしい。会いに行きたいんだけど。」

メイの答えは明確だった。

「ダメ。何であなたが行かなくちゃいけないの?今の恋人はメイでしょ?」
「リヤは前の恋人だ。オレしか頼れないのだったら何とか助けてやりたいんだ。」
「絶対行かないで。行ったら・・・メイ死ぬわ。」

断固とした口調だった。
これじゃ行くことはできないとあきらめて、メイをなだめることしかできなかった。

リヤ、どうしてるんだろう・・・そればかり考えながら何日か過ごしていたある日、職場での午前中電話があった。

リヤの電話番号だった。

「もしもし?」
「私リヤの友達です。彼女は今自分の部屋で寝てるんですけど、お金が無くて、ちゃんとした治療を受けることができません。何とか助けてくれませんか?」
「わかった。今すぐはお金持ってないけど、昼頃だったらお金を準備して渡せるから、12時30分に○○銀行まで来れる?」
「○○銀行ってどこですか?」
「▽▽銀行は知ってる?その対面にあるよ。」
「そこに12時30分ですね、わかりました。現地で私に電話してください。番号は・・・です。」
「了解。じゃあ後で。」

僕は昼過ぎに外出して○○銀行に行き、お金をおろして周りを見渡してもそれらしい子は見当たらない。

外に出て彼女に電話をすると、向かいの▽▽銀行の前に居る女の子がこっちを見て手を振った。彼女だった。彼女はバイクでこちらに来た。

僕は自分の運転手に見られたくないなあ、と思いながら彼女に近づいた。

「これ、リヤに渡してください。」
「わかりました。ありがとうございます。」
「リヤどうしてる?」
「元気ではないけど、これで大丈夫だと思います。」

彼女を見送り、自分の車に乗り込んでリヤにSMSを出した。

「今、君の友達にお金を○○ドル渡したんで知らせておく。良くなってくれよ。」
「ありがとう。ヒーさん。」

返事が来たので安心して少し肩の荷が下りた気がした。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒーさん
関係ねぇよ、とは言えませんでした。
あんな思いさせた直後だったんで・・・

事の真相が分かるのはずっと後ですが、して良かったって思ってます。
サイフはどんどん苦しくなっていきますが・・・

本当はお金だけじゃなくてもっと直接的な援助・・治療の手配をするとか・・をしたかったですが、身動きがとれなかったんで・・・

個人的夜間外出禁止令・・長いですねぇ。
でも、良いことはしてるんでしょ?

* by とむやむ君
交通事故ですか・・・
確かにあるんですよねぇ。
でもホントかなって思っちゃう自分もいたりして。
迷わず援助をするヒーさんって・・・
ホントにいい人ですね。
何か自分の疑り深いところが少し嫌になったりして。

ちなみに個人的夜間外出禁止令は現在も発令中です。(^^;

Comment-close▲
個別記事の管理2014-06-20 (Fri)

夕方空腹で目が覚めたので、メイを起こしてセイに連絡させて夕食に出かけることにした。僕は全くノープランで来たのでホテル外に行く気は全くない。

昼と同じレストランでもいいけど、それじゃつまらんと、ホテルのメインビルにレストランに行くことにした。

中華レストランだったが、客は僕たちだけで雰囲気もへったくれもない。昼のレストランに変更すればよかったけど、僕たちは何故かここで食べることにした。


今だったら絶対ホテルでは食べないし、そもそもこのホテルには泊まらない。

この頃の僕は、ムスメ達に日頃接することのできないリッチな体験をさせてやろうと考えていて、純粋に楽しもうとはしていなかったんだと思う。

高級だけどツマンナイより、庶民的だけど楽しい方が良いに決まってるもんね...

シアヌークビルのメインビーチはオーチュティルビーチで、それこそ年中夏休みの湘南みたいな雰囲気でとても楽しい。食べるところにも不自由しないし、ホテルも安いのが沢山あるんで、行くなら絶対にそっちだ。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




とにかく僕らは適当にビールを飲み、中華を食べ、食事を終えた。

食後にホテル内部を散策していると、娯楽ルームがあり、ビリヤード台があったので遊んでみる。

メイもセイも殆ど初めてで一から教えるんだけど全く話にならない。こいつら真面目にやろうとしないしね。
バーガール達は日ごろから鍛えてるんでかなり手練れが多いけど、カラオケガールはダメだな。

ひとしきり遊んで解散。まだ時間は早いが部屋に戻ることにした。

そして窓を開けて潮騒の音を聞きながらムードを高めて甘いキッスと行きたかったが、メイはTVに夢中で甘い雰囲気にならない。

仕方がないので一人でバスタイムにした。

「メイ、おめえも風呂入ってこいよ」
「うーーん、もう少し」

そんなやり取りのあとメイもバスタイム。
上がって来ると自然の流れでイチャイチャタイム。

軽い愛撫と軽いセッ○スで程よく逝った後は就寝タイム。


目が覚めたのは8時頃。

メイを誘って浜辺の散歩に行く。

インディペンデンス・ホテルの新館から海までは傾斜のある庭になっている。
朝の気持ち良い空気の中、手をつないで散歩をした。

メイは白いリゾートウェアで外見は雰囲気にぴったりな上品な感じだけど、中身が良くない。ふざけたり遊んだりでしっとりした大人の雰囲気にはならないのが難点。

砂浜に降りると波打ち際で少年少女のようにふざけっこ。

僕もメイも疲れて汗かいたんで部屋に戻り、シャワーを浴びて着替え。

今回の旅は一泊だけなので早くも帰り支度をしなくちゃならない。

11時頃、チェックアウトするとホテルの車でバスターミナルまで無料で送ってくれると言う。ラッキー。もしかしたら迎えも来てくれたかも知れないな。

車の中でセイとメイが運転手と何か話していた。聞いてみると、帰り予約しているバスは14時発だけど、途中にソリヤバスの事務所があり、もう少し早いバスに変更ができるかも知れないとのことで、事務所に寄ってみることになったという。

事務所でセイが聞いてみると、13時10分のバスがあるというので切り替えた。

それまで一番にぎわっているセレンディピティーロードのお店で飯でも食おうと僕が言って、車でそこまで送ってもらった。

入ったのはゲストハウスのモンキー・リパブリック併設のレストラン・パブだ。隣はダイブ・ショップ。

ここは欧米人ばかりなので、メイ、セイ、彼氏とも人見知りしてすごくおとなしくなった(ざまあみろ)。

メニューも英語なのでコイツらは読めない。僕はクラブサンドとドラフトビール。メイはメニューも見ずに「ビーフ・ロック・ラックある?」とクメール人ウェイトレスに注文。この料理は殆どどのレストランにもある。

料理を待っている間に物売りが来て、メイはパイナップルとタマリンドを買った。

暑くてたまんない感じだが、何とか時間は過ぎ、トゥクトゥクでソリヤバス事務所に移動。

事務所内の粗末な椅子に座りバスが来るのを待つこと15分位。バスに乗り込みプノンペンへ。

帰りのバスは休憩所で往路と同じような食事をとった以外は爆睡状態。

プノンペンには18時頃到着。とりあえず皆でトゥクトゥクに乗り、僕の家で一休みし、彼氏は帰り、セイもその後ロックに仕事に行った。

僕は平和な日常に戻った。

あの電話が来るまでは・・・・


↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : シアヌークビル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-19 (Thu)
イオンモールの広告を入手しました。
6月28、29、30日にオープニングセール開催ということで、行ってみたいところですが、丁度この時期超多忙で残念ながら行けません。

和民、ロッテリア等々今までプノンペンにはなかった日本ブランドの飲食産業が出店しますし、アジアのショッピングセンターでは定番だったおしゃれブランドも沢山出店するようです。

ますます生活が楽しくなりそうなプノンペンですが、貧富の差は歴然。バーガール達が自分達だけでイオンで遊んだり買い物したりできるはずもなく、しばらくは「私をイオンに連れてって(古ッ)」なんて頼まれる同胞が多くなりそうです。


たぶん日本人率も高くなると思うんで、僕は・・・変装して行きます。コソコソと・・・


タイでは全然平気なんですけどね、同じようなカップルが沢山いるし・・・


↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




・・・では本編です


メイが前々から行きたいと言っていたコンポン・ソム、別名シアヌークビル。

ついに押し切られて行くことになった。

ついでにセイと彼氏も一緒に連れてけって言うので、4人の方が楽しいだろうと考えてオーケーした。


旅行手配は全て僕。
何で外国人でスポンサーの僕がやらなきゃイケナイの?と思うけど、彼女らにはムリか....

Agodaでインディペンデンス・ホテルを予約。前にミッキーと泊ったソカ・ビーチ・リゾートは高すぎるのでワンランク落とした。

それからソリヤ・トランスポートのバスのチケットもネットで予約。

メイにはオシャレでいて欲しかったので、サマードレス、ストローハット、ストローバッグ等のビーチリゾートファッションは予め楽天でひととおり揃えてやった。

出発当日、早朝にセイの彼氏がやってきて合流。トゥクトゥクでソリヤ・バスターミナルに向かう途中、写真を撮りあったりして旅行ムードは満点。

切符売り場で予約票を提示し無事チケット購入。
ジュースやパンやお菓子なども買ってバス旅に備える。

僕ら4人は横一列の座席に座り、出発。

↓これはホーチミン行きですが
Soryabus.jpg
Photo Sorya_bus


中間地点の峠の茶屋で昼食休憩。メイたちは僕には何も言わずに自分勝手に頼んでいたが、ちゃんと僕の分のクウィッティオ(ベトナムのフォーみたいなもの)を頼んでくれていた。

休憩も終わり走ること約2時間。シアヌークビルのバスターミナル到着。

トゥクトゥクドライバーが群がってくる。

僕は交渉を彼らに任せたが、それが失敗。
こいつら全く交渉せずにドライバーの言い値の$20でオーケーしやがった。トゥクトゥク代が$20なんてのは半日以上借り切りできるぜ。

人の金だと思ってやがんな、こいつら。

受けちゃったもんはしょうがないんでトゥクトゥクで移動。あいかわらず距離感がわからなかったが、思ったより遠いし坂もあるんでガソリン代結構かかるんだろうな、と思うことにした。

フロントでチェックイン。

「ご予約のお名前は?」とフロントスタッフ。
僕が本名を答えようとすると、その前にメイとセイが声をそろえて「ヒー!!」と答えてしまった。
スタッフ君も笑いながら僕が提示したはアゴダのバウチャーでチェックイン完了。

部屋は新館で、フロントからちょっと離れているので専用カートで運んでくれた。海が一望できて眺めは最高。

さっそく海遊びの格好に着替えて遊びに行く。

インディペンデンス・ビーチはプライベートビーチではないが、シアヌークビルのメインビーチではないので人は少ない。

適当なパラソルとビーチチェアを確保するとメイとセイは羽織っていたジャケットを脱いだだけでスポーツブラと短パンのまま海に入って行き、水かけたり、お互い沈めあったりして大はしゃぎ。

若い女の子達が遊ぶ光景って楽しい。

メイが目をこすりながら上がってきた。

↓目をシバシバさせながら
Mey_beach.jpg
Photo Mey_beach

「水が目に入ったらすごく痛い。何で痛いの?」
「海はソルトウォーターだからだよ。」
「ふーん。そうなんだ。」
って、知らなかったんかい!?

メイは戦意喪失したらしくビーチチェアに寝っころがる。

↓ちょっとセクシーな角度から
Mey_chair.jpg
Photo Mey Chair

その後しばらく海辺を散歩。店もないし、人も少ないので飽きてホテルに戻り、テラスになったレストランで海鮮BBQをオーダー。

料理が来る間セイがビーチの岩に乗っかり喜んでいた。

↓岩の上のセイ
Sey_on_the_rock.jpg
Photo Sey on rock

海鮮BBQはシアヌークビルでは定番メニューで、どこに行っても美味だ。

腹も一杯になりホテル内を散策しているとプールに出た。

さっき海で遊び足りなかったのでプールサイドで上着を脱ぎ捨てプールへザブン。

プールに飛び込むとパンツに空気が溜まっていることがよくあるでしょ?それを利用しておならごっこ。

「セイのおならこんなだろ?」ボコボコボコ・・・・と僕が言えば
「こんなだったよ。」ボバッ!ボバッ!とセイの彼氏。

全くの貸切だったので4人で広いプールを独占し大騒ぎして大満足。

遊び疲れた4人は、夕食まで一休みすることにして、それぞれの部屋に戻った。

メイと僕は一緒にシャワーを浴び、カーテンを開けたまま海を見ながら何となくキスから愛撫をはじめ、軽くセックスしようかなと思ったら、部屋のドアをノックする音。

誰やねん、いい時に・・・

開けてみるとセイだった。

よくわかんないけど、セイはメイと1時間くらい話し込んでいたみたい、僕はその間に寝てしまったみたい。


そのまま夕食時間まで熟睡だった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : シアヌークビル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-18 (Wed)
フリーのレディーとの出会いの場所として、バンコクではテーメーが有名ですよね。

プノンペンでは昔からマティーニ、ウォークアバウト、シャーキーズが定番で、Gダイの最強マップにも載っていますね。

因みにボクがプノンペンで初めて連れ帰ったのはマティーニのベトガールでした(あっ、この話書き忘れてた...)。



あるヒーさんガールによれば、最近はゴールデン・ソリヤ・モールも円光出会いの場になってるそうです。

モールの中央にパブ・レストランが6軒(だったかな?)ある広場があり、モール内には小さいですが怪しい感じのクラブ、G-Spotもあります。

僕の見る限り、G-Spotには確かにそれらしきレディーもレディーボーイも沢山居ますが、中央の広場はお客を物色してるレディーというよりも、その界隈のバーやクラブから連れ出したであろうレディーを連れた外国人ばかり目立ちます。

テーメーみたいに「ここに来ている子は皆それが目的!」というハッキリ感がないのは、プノンペンの出会いの場共通です(あっ、マティーニははっきりわかりますよ。向こうからも値踏みされてるのわかるし、話しかけてきたりしますからね。それ目的のガールズしか来てないハズだし....)。



志しある方はお試しください。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




・・・では本編です


「ヒー、ヘア・スタイリストになる勉強したいの。」
メイが言い出した。


ゆくゆくは僕にお金を出させてヘアサロンをやる予定だそうだ。

そういえばリヤも同じ勉強がしたいと言ったので200ドル位ヘルプしてやったことがあるけど、続けてるといいな。

とにかく、MIKASAとかいうヘアサロングループで勉強できるらしい。値段は450ドルと高め(メイによる中間搾取があるかも知れない)だけど、手に職が付くのはいいことだからと考えて出してやった。

朝、僕を送り出した後(と言ってもベッドの上からバイバイってするだけ)に出かけ、お昼に一度帰ってきて昼食を共にする。そしてまた出かけて夕方に帰ってくるという生活パターンになった。

次にメイはスクーピーを欲しいと言い出した。

勉強に行ったり、実家に行ったり、買い物行ったりするのに足代がもったいないと。

スクーピーの値段は2500ドル位。こちらで売られているのは110ccなのでちょと高い。

僕らが払う足代は通常モトに1ドルトゥクトゥクに2ドルだ。

それがカンボジア人と比べ高いという人もいる。確かに2000リエルぐらいでモトにもトゥクトゥクにも距離によるけど乗れる。だけど、僕の知っている子達は僕と同じくらい払っている場合が多いので、車両価格だけで考えれば2年くらいで元が取れるという理屈。

「ドライビング・ライセンス持ってるのか?」
「オッミェン(持って無いよ)。でもカンボジアではオッパニャハ(無問題)だよ。」

案の定持ってない。

スクーピーやフィーノといった新しいモトに二人乗りして走り回っている若者が沢山いるけど、殆どが無免許だという。
それがカンボジアでは全然問題なしだと。ポリスに止められたら5000リエル払えば見逃してくれるから...

でも僕は自分の関係者が無免許運転というのは嫌なので免許を取らせることにした。

「免許とったら買ってやる。でもこれが最後だぞ。」
「サンキュー!ヒー!」

メイは喜んでライセンス学校に通い始め、ほどなく免許証を取得してきたので、メイの兄貴の知り合いの店からスクーピーを買ってやった。

自分の物じゃないけど、家にモトがあるとちょっとした買い物などに便利だ。基本的にはメイが使うけど、空いてれば僕も使える。

散在したけど、新しいオモチャが来て少し楽しくなったヒーさん。



ある週末、メイがソリヤデパートに連れて行けというので、スクーピーでメイとセイを後ろに乗せて3ケツで出かけた。


途中ノロドムを渡ったところで検問のポリスに止められた。

信号無視はしてないし、僕はメットも被ってるし(メイとセイは被ってないけど)、何の用だ?と聞くと、ヘッドライトが点いているという。カンボジアでは日中ヘッドライトを点灯して走るのは違反だそうだ。3ケツとか後ろ二人のノーヘルについては何も言わなかった。

すかさずメイが5,000リエルを渡して放免された。

言いがかりだったら闘うつもりでいたけど、違反してたんじゃしょうがない。今回は許してやろう。でもなぜ日中のヘッドライトは違反なんだろうか?

プノンペンではソリヤデパートに限らず、全ての施設にバイク駐車場があり、係員が、一般商店やレストランでは警備員がチケットを切っている。有料の駐車場もあるが、基本的に商店などでは無料、ただしバイクの監視をしてくれたのでチップとして500か1,000リエルを渡すのが一般的。

係員などが切ったチケットの半券はバイクに留めて、半券は自分で持っていて、帰りにその半券で照合してバイクを渡してくれるのだが、この時メイは半券を亡くしやがった。

メイは「このバイクは自分の物です」という証明になるものを何一つ持っていなかったので、「登録証を持ってくるまでバイクは渡せません」と言われ、しかたなく一旦トゥクトゥクで帰宅。

後刻メイが実家に行き、書類を持ってスクーピーを受け取りに行った。

なるほど、カンボジアの特に若者はスクーピーやフィーノというスクータータイプの新型モトを盗みたくてしょうがない奴ばかりだから、ここまで厳格にやらないと客のバイクを守れないんだなと納得。



以後、僕は警備員にはケチらずチップを渡し、半券はなくさないように最大の注意を払うようになった。




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒーさん
とむやむ君さん

個人的夜間外出禁止令って・・・

一体誰にどんな状況で縛られてるんでしょう?興味シンシンです。

トム君と今朝3時半まで遊びまわっちゃったいました。

明日も夜遊びの予定なんで、今夜は僕も自主的に夜間外出禁止令を発令して現カノのご機嫌をうかがってます。

* by とむやむ君
3ケツ、ノーヘルより、日中のライトオンが違反って・・・

思わず吹き出しちゃいました。
こういうのもお国柄ですねぇ。

ちなみに私は今バンコクですが、個人的に夜間外出禁止令が出されており、未だにゴーゴーもタニヤにも行けてません(泣)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-06-17 (Tue)
現カノとプノンペンでは老舗の焼肉屋さん「焼肉ガーデン四季」に行ってきました。

今は日本式焼肉屋さんも複数できましたが、安さとホルモンの旨さから、僕はここを一番利用します。29日はニクの日ということで、割引もやってますよ。

店の中がテーブル毎に間仕切りがあって小部屋風になっているので、お忍びで女の子を連れて行く場合でも、出入りにだけ気を付ければ、他のお客さんに見られる確率も他の店に比べれば低いです。

でもこんなことがありました。

週末のランチタイムに現カノを連れて行って、思いがけず混んでいたので店の前のテーブル席で空くまで待たされていました。
少し遅れて日本人の知り合いが奥さん連れでやってきました。

「声かけるなよ、、、、気づかない振りしろよ」

僕は声かけんじゃねえぞオーラを出したつもりでいましたが、、、、

「あっ、こんちわ」

奴はなーんにも考えずにデッカイ声かけてきやがった。


奥さん連中に僕の悪行が知れ渡ったら、お店のせいじゃなくてこのアホーのせいです。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking






プノンペン・ポチェントン空港定時到着。迎えの車で家に向かう途中メイに電話した。

「ヒー!戻って来たの?!」
「戻って来たよ。もうすぐ家に着く。」
「メイすぐに行くね!」

メイは大喜びで電話の向こうで叫んでいた。
どうやら実家に帰っていて、僕が何日に戻って来るのかもよくわからなかった様子。
こんなに喜んでくれるとこっちもうれしい。
バンコクで心の通い合いのない同棲をしていたんで、ストレートに感情をぶつけてくるメイが愛しくてしょうがなくなった。


自宅到着。とりあえずビールを片手に荷物を開いて、メイの土産物を直ぐに渡せるように用意し、シャワーを浴びてトランクスだけの姿でリビングのソファでホッとする。


ガチャガチャとドアが開いた。

「ヒーッ!!」

メイが飛び込んできて僕に突っ込んできた。
抱き合ってしばらくキス.....
セイも続けて入って来る。

「ヒー、GIOは?」

もしかして興味はそれだけ?

まあいいや。GIOを渡すと早速箱を開けて香りを確かめる。

「サンキュー。他には何かある?」

変なTシャツを見せると笑って着てみせる。

「ヒー、メイお腹すいた」
「オーケー、何か食べに行こう。何がいいかな?」

僕は少し考えて、焼肉屋に行くことにした。クマエムスメは食事に保守的で、日本食は食べれないヤツが多いけど、焼肉なら大丈夫だろう。

「行くぞ、準備しろ!」

と、準備できてないのは僕だけか、僕はTシャツを着てジーンズの短パンを履き、準備完了。
トゥクトゥクで焼肉ガーデン四季に行く。

ビールの他にタン塩、カルビ、ホルモン、野菜サラダと日本米の白飯をオーダー。

改めて「カンパーイ」

肉が来て最初は僕が焼いて見せる。メイもセイもすぐに真似して焼き始める。

メイが店員を呼んで何やら話をしたら、店員がカットチリとライム、塩胡椒を持ってきた。
メイもセイも用意されていた焼肉用のタレにカットチリを入れ、塩胡椒にライムを絞り、たちまちクメール式調味料を作ってしまった。

いずれにしても焼肉は気に入ったらしいので一安心。

家に帰るとセイは仕事に行き、メイは僕とテレビを見ながらくつろいだ後、シャワーを浴びなおしてベッドへ。

僕が遅れてシャワーから出ると、メイはしおらしくシーツにくるまっていた。

シーツをはがして全身にリップ攻撃を仕掛けると甘い声を漏らし、チンちゃんに触れてきたので、リップ攻撃返しをしやすいように体勢変更すると、バンコクガールズほど手練れじゃないものの一応丁寧にやってくれた。

そしてクメールガールにしては色素沈着の少ないPパンなそこに、ゴムなしでそのままIN。

メイは殆どマグロだし、時間が長くなると痛がるので、メイの手を頭の上に固定して、レイプっぽい雰囲気を演出し、興奮を高めてなるべく早いフィニッシュを目指した。

そして無事お腹にフィニッシュ。

甘い雰囲気のまま就寝。

やっぱり恋人同士のメイ○ラブは気が休まっていい....





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。