04≪ 2014/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-15 (Thu)
実は同時期にKTVにも行ってたんで、そっちの話も追い追い被せていくことにして、とりあえずガールズバー初体験編。



数日後再びバッサ君とCバーに行く。

再び寄ってくる高現地性オバハン。

クソー! 面白くない。

暇そうに他のガールとお話しているパツキンタレ目ガールを目で追いかける。

僕好みのガリじゃあないけど、引き締まっててスタイルが良い。


『ヒーさん、気にしないでチェンジしちゃえばいいんですよ。』


バッサ君が助言してくれる。

でも初心者の僕はそんな勇気もなく、何て言えばいいのかもわかりません。


バッサ君はいいよな、可愛い子といつもイチャイチャしてさ、、、、


と思いながら、僕自身は我慢するだけでこの日も一杯一杯で、チェックするまで楽しくない時が続いた。

「ヒーさん、マティーニ行ってみましょうか。」

おお、Gダイのプノンペン最強マップに載っている”プノンペンのテーメー”と云われるところだな!

僕はもちろん被り気味に「行きましょう!」と答え、初マティーニに連れて行ってもらう。



マティーニ編は後日ということで、パツキンタレ目ガール編を続けます...




更に数日後、3度目の訪問。



いつも寄ってくる高現地性オバハンが居ない。


チャーンス!!


僕らが座った隣のテーブルで暇そうにしているパツキンタレ目の横に行き声をかける。

『元気?』
『元気よ』
『一緒に飲まない?』
『でもシスターに悪いし.....』
『オレ最初から君とお話ししたかったんだけど、彼女断れなくて.....』
『そうだったの?ありがとう。』


やっと接触できた。


でも待ちに待った機会に僕は少し緊張していて、その緊張が伝わってるのか、彼女の態度も少し固い。


『名前は?』
リヤ
『初めましてリヤ、僕はヒーです。いくつ?』
『20よ』
『プノンペン生まれなの?』
『ううん、TAKEOっていうところ。』
『ふーん』


テキーラやら何やらを数杯ずつ飲んでだいぶ打ち解けて、肩を抱けるようになった頃、思い切って言ってみた。


『君と一緒に行きたいな。』


こういうガールズバーに、タイと同じようにペーバーのシステムがあるってこともバッサ君から聞いていたので、行けるかな?っと思って...


『ゴメンネ...生理だし、駄目。』



即効で玉砕。



でも性格が明るくて良い子だ。

やっとバーに来る楽しみができた。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-15 (Thu)
せっかくカンボジアにかかわってきたので、日記代わりにブログでも....と思い書き始めました。

カンボジア関連のブログは投資とか、援助とかの高尚で真面目なものが多いのですが、僕にはそのような内容のものが書けないので、必然的にプノンペンの夜遊びを中心としたロクデナシの滞在記になってしまいました。

カンボジアのある一面を感じ取っていただければ幸いです。

登場する人や場所は実在してますが、なにせ狭い社会なのでプライバシーに配慮して、特に有名な場所以外は微妙に名を変えたりしてます。



****************************


僕がプノンペンに着いたのは雨季の終わり頃、水祭りのちょっと前。

到着前に上空から見ていると、川や池と陸地の境目がわからないほど国土全体がヒタヒタになっていて、一体どうやって生活するんだろう?と思って心配になったけど、プノンペンに着いてみると思った以上の大都会振りに安心したものだ。

仕事に慣れてきた頃、いろいろと面倒見てくれている同僚のバッサ君に飲みに誘われて、行ったところはリバーサイドにあるバーストリート。

プノンペンの夜の代表的な遊びというと、ガールズバー、KTV(カラオケ)、マッサージ、クラブになるけど、当時はまだどれも未体験です。

どういうところなんだろう?と思いながら到着したところはリバーサイドの北に位置するSt.104。
十軒程度のガールズバーが並んだ短い通りの中心近くにあるCバー。

バッサ君に続いて入る。

『ハロー!!』

10人ぐらいの女の子に迎え入れられた。



僕はこれまで色んな国に行ってきた。

アジアでは香港で仕事もしたけど、東南アジアは初めて。

初めてのバーで、どうしたら良いかわからなかったので、バッサ君と向かい合う形で4人掛けのテーブルに座った。



7,8人の女の子に囲まれながらアンコールドラフトをオーダー。
バッサ君の隣には可愛い女の子がいつの間にか座っていて、彼女にもドリンクがきた。

『気に入った子を座らせてドリンクを奢ると仲良くなれるんですよ。』
バッサ君がそう教えてくれる。

といっても、僕の注文をとったり、面倒を見てくれているのは、極めて現地性の高いオバハン顔。
決して仲良くなりたいとは思えない。

2重に囲んだ女の子達を改めて見回すと、後の方に派手なパツキンで愛嬌のあるタレ目の子が居るのに気がついた。


あの子がいい!!


そうは思ったんだけど、当時の僕は、この2重の垣根をどう掻き分けるのか、ましてや隣に居座った高現地性オバハンをどう排除できるのかわからない。


楽しそうにオキニちゃんとイチャイチャしているバッサ君を目の前にしながら、高現地性オバハンと、顔を極力見ないようにしながら話して時間が過ぎた。


ボクは思った。


バーってあんまり楽しくない


それが僕の東南アジア初めての夜遊びだった。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |