05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-10-20 (Tue)
タビーさんと唯さま...



どうも ご無沙汰してます。

カンボジアを発ってから1年が過ぎました。

今年の春過ぎまで、唯さまからのLINEによる連絡が続いていました。

内容は、

「ヘア・スタイリストの勉強を正式にしたいけどお金が無いの...」「明日退院だけどお金が無いの...」「薬を買うお金が無いの...」等....

僕は出来るだけのことをしてましたが、こっちも色々と要り用で、彼女に負担を掛けないだけの送金はできなくなってきました。

そして僕は「そろそろ限界かな....」と考え始め、唯さまが僕の庇護から独り立ちしてくれることを願い始めました。

「今度タビーと子供が当分こっちに来て一緒に暮らすことになった。」

僕が正直にそう送ると、唯さまは「ぎょえー!!!」スタンプを返してきました。

タビーさんが合流してからしばらくのこと、唯さまから「お金が無くてスマホを売ることになったから、もうLINEを使えなくなります。」と連絡があり、その後僕がLINEに送ったメッセージは未読のままとなり、連絡はFbookメッセンジャーを使ってやることになりました。

そしてある日こんな内容のメッセージが届きました。

「日本に行って仕事をすることになるかも知れない。どう思う?」

僕は、以前唯さまが話していた、日本への実務研修のことを言っているものだと思い「カンボジア政府が責任を持って派遣するならいいんじゃないかな...」と返しました。

その後しばらくして思いがけない連絡がありました。

「今まで助けてくれてありがとう。あなたのこと忘れないわ。私、新しい人生に踏み出すためにあなたから離れます。タビーはあなたのことをとっても愛してるわ。彼女とベビーを大切にね...」

僕が心に思い描いていたのは、唯さまは彼女がそうしたいと言っていたように、ずっと独りで仕事をして、機会があれば逢瀬を楽しむ、ということだったので、少しショックでした。

「実は、あなたとタビーとの間に赤ちゃんが出来たと知った時から、自分の人生を改めて考え始めたの。」ということでした。

彼女がそう決めたなら僕は寂しいけど、本当に寂しいけど、彼女の新しい人生に乾杯するしかありません。

そして彼女が日本に旅立つ日が来ました。

Fbookにアップされた空港で撮った画像に一人の青年が一緒に写っています。


僕は彼に見覚えがあります。

唯さまと一旦別れてから、2カ月ぶりに付き合い始め、彼女がFbookを始めてからしばらくたった頃、僕と彼女はとても不安定な頃がありました。

僕は彼女のことを知りたくてストーカー的なことをしてしまいました。

それというのも、彼女の投稿に対するコメントで、「ボーイフレンド居る?」という質問に対して「居るわよ。日本人の・・・という人。」という返事を見てしまったからです。...というのは勿論僕ではありません。

その彼とFbook上でどんなやり取りをしてるんだろう?と気になり、調べてしまったのです。

彼がプロフィール画像を変えたのに対して、唯さまは「ハニー、どうして画像を変えちゃったの?」というコメントを残していました。

僕は唯さまに聞きました。

「前に僕のことをもっと愛を込めて呼んでほしいって言ったのに、君は、そういうこと出来ない性格なのって言ってたよね。でも彼のことはハニーって呼ぶんだね...」
「Fbookなんて本当の世界とは違う遊びの場所でしょ?関係無いわ。」
「彼は誰?」
「ずっと前から知っている人。バーで働く前から...」
「彼氏?」
「そんなんじゃないわよ。」



その彼でした。
彼は起業家です。


で、僕がカンボジアを発ってしばらくしてからのFbookに唯さまが投稿した画像、唯さまのホームランドて撮った画像に彼らしき青年が居ました。その画像からはその青年が彼と同一人物かは確証が持てませんでしたけど、僕の心は浮足立ちました。

で、空港で撮った画像の青年は、ホームランドの青年でした。

僕は固唾をのんでその後の成り行きを見ていました。

日本に向かう飛行機の中で撮った画像の端に、彼の衣服の端が写りこんでいました。

日本に到着してから最初にアップした画像は、彼の出身地の風景でした。

「日本はどう?楽しんでる?」
「私忙しいの。仕事する環境とか見なくちゃいけないから...」

僕がメッセージを送ると唯さまはそう応えました。

僕は、唯さまがかねてからの知り合いである彼の助けを借りて実務研修の下調べをしに行ったと、無理やり解釈することにしました。

が、その後は彼の家とか、彼の飼い犬と遊んでいるところとか、彼と一緒に散歩しているところとか、彼の家族と一緒に写ったものとか、彼と一緒にディズニーランド、新宿御苑....そんなリア充画像で彼女のFbookは埋め尽くされてゆきました。

プロフィール画像も彼と一緒の画像に変わり....


やっと観念。


彼女は彼の家族に会うために訪日したんだと...

僕はもう彼女のFbookを平静な気持で見ることが出来なくなり、先ずフォローを止め、次いで友達から解除しました。

でも妹の裕美子ちゃんは友達のままなので、見たくなれば唯さまの投稿を見ることができます。


「私、あなたのことすごく愛してるわ....」

唐突にタビーさんが言いました。

日頃からこういうセリフはよく言う人ですが、その時はすごく意味深げに感じました。

僕は、タビーさんが唯さまのことを知っていて、僕が落ち込んでいるのを見かねてそう言ってきたものと解釈し、タビーさんが寝静まった後で、彼女のFbookを見てみました。(最低の行為ですね...)

タビーさんは何度か唯さまに友達リクエストを送っていましたが、唯さまからは音沙汰なし。検索をかけた記録もありましたので、試しに検索してみましたが唯さまは引っかかりませんでした。

いろいろ調べているうちに、唯さまがタビーさんをブロックしていることが判りました。


タビーさん、どこまで知っているんだろう?

直接聞くことのできない僕には知る由もありません。



その後のFbookに、唯さまは、彼女の出身地で、彼と一緒に婚約式のようなものを行っている画像をアップしました。

唯さまの新しい門出を祝うべきなのでしょうが、僕は正直まだ心底彼女の新しい人生を祝福できていません。


悔しいからです。


一緒になるのだったら、できるならば、全く関係の無い、僕の知らない新しい男性と一緒になって欲しかったと思います。


何故なら、彼との関係を育みながら僕からお金を巻き上げていたっていうことになるからです。

僕に示した愛情っぽい態度が全く嘘だったということになるからです。

彼は彼女のそんな行動を知っているのかな...?


賢明な皆さまは僕の過去記事からもうおわかりかと思いますが、唯さまが僕に対して愛情を示したことはありませんでした。彼女の行動は、やきもちも含めて、僕の気持ちを繋ぎ留める手段だったっていうこってす。で、僕からの一方的な愛を彼女は利用してたってこってす。


タイガールやフィリピーナと日本オヤジの間ではありふれたストーリーだと思いますので、とても恥ずかしいのですが....


今の僕の心境は、正直なところ、今現在の画像の中の唯さまが、タビーさんに劣っているところを探し出して自分を慰めるっていう、しょうもない状態です。


でも難しいんですよね...体型、特に下半身は太くなっちゃって僕の好みから外れているんですけど、表情や目つきは僕が好きだった頃のままなんで....


結論。


僕のような、気が多いくせにハマりやすい男は、女遊びなんかしたら痛い目に会うぞってこってすね。


タビーさんとの愛を追求してゆく覚悟を決めました。



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

とむやむ君さん * by ヒー
再びお越しいただきありがとうございます。

今はまだ思い出すたびに心のどこかが痛みますが、頻度と辛さはだいぶ薄れてきました(ホントウ、女々しいですね...)。

まあ、そのうち風化するでしょう...

事情は違うにしても、ワンさんの時も相当辛かったと思いますが、まだまだあるのですね...とむやむ君さんのストーリーを楽しみにしています。

ボクも書けることがあったら書いてゆきますね...

* by とむやむ君
ご無沙汰しています。

切ない後日談ですね。
失礼ながら・・・ヒーさんの気持ち、少し分かります。

そのうちブログに書こうとは思いますが、私も似たような境遇に陥ったことがありました。
大分長くつらい時間を過ごしたこともありました。

「僕のような、気が多いくせにハマりやすい男は、女遊びなんかしたら痛い目に会うぞってこってすね。」

多分このセリフが耳にイタイ人は私を含め、大勢いることでしょう。(^^;

しょうがないですよ。
オトコってのは基本女々しい生き物なんですから。

たまにで結構ですから、またヒーさんの近況をアップしてくださいね。

エムエスさん * by ヒー
はじめまして、ですよね、読んでいただき、励ましのお言葉もいただき、ありがとうございます。

仰るとおりのストーリーなのだとは思います。
自分と相手の状況を考えれば致し方ないことって言うのは分かっているのですが...
良い想い出の女性として見れるようになるには、まだ年月を要する気がしますが、自分の事を頑張って行くしかないのだと思います。






kさん * by ヒー
お久しぶりです。

唐突にアップした記事なので誰も見ないかもと思っていたのですが、うれしいです。

唯さまと繋がりのある方が読んでもわからないように、だいぶ薄めて書いたつもりですが、わかっちゃいましたね...fbを侮ってました。ちょっと恥ずかしい感じです。

タビーさん物語...このブログの趣旨や、カテゴリーと違ってしまいますので、今の私の筆力では難しいですが、いずれチャレンジしてみたいです。

楽しみに読ませてもらっていました。 * by エムエス
ヒーさんからサポートを受けられなくなってから、旧知のその起業家の人に連絡し、頼るようになってから交際に発展したのかもしれないですね。 多くの女性は経済的に自立するのは難しく、誰かに頼る必要があり、ヒーさんに頼れなくなって決心したのかもしれませんよ。 タピーさんやお子さんがいる訳ですから仕方の無い事だと。

いずれ別れが来ると分かっていても、自分の思っていたタイミングじゃない時は、受け入れるまで時間がかかるものです。
良き思い出として、振り返られるようになるといいですね。 

1年ぶりのコメント * by k
ひーさん、おひさしぶりです。
1年前に136の写真をリクエストしたkです。
1年ぶりにコメントを書かせていただきます。
今回のブログを読みましたが、共感する所があり、又、唯さんがfb友でぼくと繋がりのある方だろうと判明したからです。
(日本に滞在中の写真の話し辺りで判明しました。)
元々、唯さんは彼女の友達繋がりのFb友でppでは、1度チラッと見かけたレベルですけどね。
又、わたしも帰国後3年経ちますが、今年春先まで、ダラダラと彼女とメッセージのやり取りが続いていましたが、やっと彼氏が出来た様で連絡が途切れました。
fbのアップされた写真を見ると寂しい反面、やっと落ち着いてくれるのかと安心しています。
ひーさんのブログファンの一人として、
ひーさんにおかれましては、差し障りがなければ、今後、書いてもいいと思われる時期にタビーさん物語でブログを更新して頂きたいと思います。

k

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-24 (Mon)
Huyiisangirls.jpg
※本文とはあんまり関係ありませんが、サンキュ、ガールズ....



なんとか時間をねん出してもう一度ヒーさんガールズ・トップスリーを一巡。

コーンにも、ダヤンにも、ガリにも、わざわざ会いに行ったりはしません、ていうか、時間が無いです。

コーンからは短いSMSがあったし、ガリからFBメッセンジャーが入ったりはしましたが、やっぱり3トップが優先です。



タビーさん宅へ。
お昼を一緒に食べ、一緒にヒーさんベビーと添い寝しながら束の間の世話をして、泣かれながらお別れ。

その足でリヤへ。
濃いメイ○ラブ。ソリヤモールに移動してヒャオを交えてカラオケで一杯やっている途中でリヤの耳元でサヨナラを告げ、リヤも座ったままそっけなく手を振ってバイバイ。

その足で唯さまへ。
なんとか時間を作ってお別れメイ○ラブを、という話がまとまりかけたところで、奥さんからの電話で中断。急遽強制帰宅させられました。




あわただしい別れになったお蔭で感傷的にならずに済んで良かったのかな....



そして2日後、ボクは家族と共にマレーシア航空でプノンペンを飛び発ちました。



これでボクのカンボジア恋愛滞在記はひとまず終わりです。



カンボジア、プノンペンに住んでいた数年間の日々を1年ちょっとの間、振り返りながら綴ってきましたが、もっと早く始めてリアルタイムで書きたかったなと、そうすればもっと中身が濃いブログになったんじゃないかなと、そして出発と同時に終了させたかったなと、思っているところです。




それにしても





奥様は魔女でした。



プノンペンに来て直ぐに.....というよりも、ボクがカンボジアから最初に彼女を訪問した時に「コイツ愛人作りやがったな」と確信したそうです。



そして、



「あなたの心が戻って来ることは絶対にない。」
「お互いのために、もう無理するのは止めましょう。」



プノンペンで1か月ちょい一緒に居て、新天地で生活を始めて1か月もしないうちに、そのように言って母国に帰って行きました。

彼女の母国での手続きが終了し、離婚が成立したらボクはバツ2になります。

モメルことも、何ら条件を突きつけられることもなく、ゼロに戻ることになったのは幸いとも思っています。

タイガールやフィリピンガールに嵌って家庭を崩壊させた例を沢山見聞きしていましたが、カンボジアでの例はあまり聞いたことがなく、恥ずかしいのでここまで書かないで前々回ぐらいでごまかしてキレイに終了しようと思ったのですが、笑われるのは承知の上で、簡単に記録しておくことにしました。


トム君、バッサ君...こんなことになっちゃった.....常識人の道からは外れているかも知れないけど、こんなに面白い人生を歩むことができて楽しい.....そう思うことにしてます。


さて...



今現在ボクはカンボジアには居ないのですが、タビーさんと生まれた息子と(一時的にですが)一緒に暮らしてたりするし(結局、唯さまが言っていたように、髪の毛入り祈り紐に込められた念が発動したのでしょうか…)、カンボジアとの関わりは今後もずっと続いてゆくと思います。



拙ブログを読んでいただいた皆様、コメントを下さった方々、お付き合いいただき、ありがとうございました。



チュオップ・クネア・トゥガイ・クラオイ(また会いましょう)



↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (12) * Trackback : (0) |

Re: だって * by ヒー
> コメントの仕方がわからなかったので。
そんなオヤジみたいな言い訳は聞きません。

> 最初から全部見させてもらいました!
遅~い!

> 特別企画の方は…トム君からで!!
トム君は参上から本編にずいぶん登場してるしなあ.... でもバッサ君との記憶が消えかけてて、3篇分位しかネタが無いかもです.... でも、待っててね😁


だって * by バッサ
コメントの仕方がわからなかったので。でも、最初から全部見させてもらいました!特別企画の方は…トム君からで!!

バッサ君 * by ヒー
コメありがとー

でも、トム君と共に最終回に初コメとは...

盛り込みたかったバッサ君ストーリーがもっと沢山あったのになあ...バッサ君特別編でも企画しようかなあ...

再会...どこの地でもOKです。楽しみです。

初コメ * by バッサ
ヒーさん
実はずっと楽しみに見てました。トム君から色々聞いていましたが、こんな感じになっていたとは…。でも、人生1回きり、楽しんでナンボだと思います!いつか、トム君も入れて3人で再会しましょう!!

koseiさん * by ヒー
応援ありがとうございます。

最新の現地情報はもうムリですけど、書き忘れていたこともあるんで、機会があれば....とも考えてます。

プノンペン出張、イイですね。タイには遠く及ばないですが、楽しんでください。

オークン * by kosei
昨年からプノンペン出張が始まり、このブログで勉強させて頂きました。
これまで、とても楽しく読ませて頂き、更新されるのを楽しみにしていましたが、ここで終わってしまうのは残念です。
こぼれ話など、もっと知りたいです。
継続されるのを期待しています。

オークン チュラン

トム君 * by ヒー
初コメありがとーです。

ボクの足跡をたどってきたトム君のこと、貴男もきっと濃い人生になるでしょう。

しかしナナがホームとは王道を走ってるじゃあないですか...遊びようのない場所に居るワタクシはちょっと悔しいです...

そのうちプノンペンで再会しましょう。



* by 匿名
ヒーさん
女遊び(本気?)集大成のこのブログ読むとプノンペン生活が懐かしくなります。長期間お疲れ様でした。
いや〜これだけ濃く素晴らしい人生歩める人はなかなかいないっすよ〜 自信を持って更に精進しましょう〜 新天地編楽しみにしてます‼️ってかちゃんと今も遊んでます❓
トムより
#私は最近ナナがホームになりつつあります。

とむやむ君さん * by ヒー
いいんですよ、気にしてません。

トム君とかからはなんのコメもないのに、重ねてのコメ、ありがとございます。
こういうところを思いやることのできるとむやむ君さんのお人柄に感動しました。

今はまだ何処にいるのか書けないですけど、プノンペンから2泊3日かかる遠いところです。
そのうち..と言っても、今度書くとしたら夜遊びブログじゃなく、老後の人生ブログになっちゃうかも知れませんね....

P.S.こちらこそ「!!」の位置を間違えてしまい、すみませんでした。

* by とむやむ君
こんばんは。

今はどちらで過ごしてらっしゃるんでしょうか・・・
家庭は崩壊したって言ってましたけど、新たな家族もできているんですよね。

何かヒーさんのブログを読んでてガラにもなくいろいろ考えてしまいました。(^^;

ホントに人生って正解が無いんだなって

PS
前コメで「面白い人生」なんて書きましたが、それはヒーさん本人の言葉であって私が言う事じゃなかったです。

すみませんでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-20 (Thu)
003tab.jpeg
※本文とはあんまり関係ないですけど、その後のタ○ーさん....



ほぼ毎日タビーさん、唯さま、リヤちゃんを渡り歩いていたボク。


家族が到着した後しばらくは、お昼をタビーさん宅で食べる以外はかなり控えてました。


でもそのうち、仕事帰りにちょっと一杯というニッポンのサラリーマン的行動で、こそこそと短時間だけ唯さまやリヤと会う日々が増えてゆきました。


奥さんには、離任前は後始末とか、引き継ぎ準備とか、付き合いの飲み会とか、いろいろあって忙しいんだと言って納得させたつもりです…


それに、家族の時間だって結構大切にしたんですよ…




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




ガールズとのお付き合い部分だけ書きます。



タビーさんからSMSで「ベビー生まれました」と...

以前二人で下見してほぼ決めていた病院ではなく、彼女の妹が子供を産んだ病院で出産しました。
予定日になっても出産の兆候がなければシーザーだと医者に言われたらしく、結局その通りになりました。

その日は週末で運転手も居なかったし、病院の場所もわからなかったので、奥さんには仕事だと言って家を出て、タビーさんと電話連絡を取り合い、とりあえずタビーさんの家の下に車を停め、迎えに来てくれた義弟のモトで病院に駆けつけました。

わかっていたけど男の子です。シーザーなのでタビーは4日間入院が必要とのこと。

退院の日はカンボジアの祝日でしたけど、通常通り運転手付で仕事に出て、1時間ほど仕事をしたのちに病院に行きました。

タビーには予め400ドル渡しておいたのですが、シーザーだったためそれでは足りず、合わせて約700ドル必要でした。

ローカル病院はエレベーターが無いところが多いのですが、ここもそうで、手術の傷が痛むタビーは歩くだけでも辛いのに、2階からゆっくりとあるいて階段を下りて車に乗せ、家に着いたら着いたで、2階の部屋まで階段を上がるのに一苦労。到着した時には支えていたボクも汗だくでした。

長居はできず、すぐに帰宅。一緒に居れなくてゴメン。
細々と経済援助をしてゆく覚悟はできてます。




帰りがけの短時間ですが、頻繁に会う唯さま。

身体の調子が相変わらず悪いけど、「ヒーが居る間は毎日来る。ヒーが居なくなったら辞めて美容師の勉強をする。」と言ってボクの手を自分のお尻にあてさせてオナラをするとか、机の下でまさぐり合うとか、今まで以上の接触を重ねてボクの心の紐を緩めさせながら、週末のクリニック通いや駐モト場から盗難されかけて壊れたスクーピーの修理とか、ダークブラウンだった髪の色を黒に戻すとかの費用を引出してゆきます。

その後しばらく帰省していた唯さまですが、戻ってきた後でご一家とレストランで夕食会。
後日再度お宅を訪問したりしてました。

もしボクになんのシガラミもなく完全フリーでしたら、唯さまとの将来とか具体的に考えることになってたかも知れませんが、現実はそうではありません。




リヤちゃんとは、休日の朝にパゴダに一緒に行こうと約束をしていたのですが、結局家を抜け出すことが出来ずにボクはキャンセル。

すると、白いブラウスに黒スカートのパッツン系コスプレ画像を送ってきました。リヤが友達と一緒にパゴダに行って撮ったものです。

それが、知り合ってから初めて見る清楚で魅力的なたたずまいだったので、たまらなくなったボクはジョギングのフリをして外出し、コスプレ・リヤちゃんを相手に2回もしちゃいました。

しょーもないワタクシ....





そしてラスト・ウィーク...




↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-17 (Mon)
239riy.jpg
※本文とはあんまり関係ありません...




毎日の定常業務の一つ、タビーさんちでの夕食を終え、遊びに行きたいという彼女といつものようにハッピーマンに行って無難な時を過ごす。

そしてそのままボクの家までアイコンで送ってくれてバイバイ....するはずだったんだけど….


「家の鍵を忘れてきちゃった。だから泊めて…」
「弟君が居るから大丈夫じゃないの?」
「もう遅いから寝てるわ。」
「電話してみたら?」
「あの子携帯持ってないもの...」


これから夜遊びに出かけたいボクだけど、これ以上抵抗すると怪しまれるので、しかたなく、でも表面は喜んで泊めてあげることにする。

久しぶりにうちに泊まるタビーさん、家の中をチェックです。

でも日頃気を付けてるんで、ガールズの痕跡はないハズ…

問題なく朝を迎えて、昼食はタビーさんちで食べるからね、と言ってボクは仕事に….




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking





仕事を終え、タビーさんとの夕食を終えた後、2時間ほど唯さまと過ごし、ポンピーのモトに乗せられて帰宅する振りをしてソリヤモールに向かう。

モトを降りて、ポンピーに唯さまの交通費分も併せて支払い、ソリヤモールを歩きながらリヤに電話。


「もしもしリヤ、元気?」
「元気よ、今何してるの?」
「ソリヤモールを歩いてる。今から宝箱に行くけど来る?」
「もちろん!直ぐ行くから待っててね!」


宝箱の椅子席に座り、アンコール・ドラフトを注文してFacebookなんかをやりながら待つこと20分。

「ヒーさん、遅くなってごめんなさい。」と言いながらリヤがやって来た。

ちょっと時間かかったけど素直に謝ったから許してやろう。

急いで見繕って来たのだろう、着ている服がダサい。


「格好いい服がないの...」
「買ってもいいけど、こんな時間じゃどこも開いてないでしょ?」
「開いてるわ、来て!」


リヤに手を引かれて行くと、先ずは宝箱の裏にあるサロンのショーウィンドウを見るリヤ。その中に格好いいハイ・ヒールを見つけた。


「このヒール格好いいな!」
「買ってくれる?」
「幾らか聞いてみな。安かったら買ってやんよ。」


店員と交渉したリヤ、頑張って15ドルまで落とした。
で、そのハイヒールを購入。あんまり高いヒールを履かれると、ボクより背が高くなるんで一緒に歩くのイヤなんだけどなあ...

次に普段は行かない奥の方に行くと、ドレスやアクセサリーを売っている店が開いている。サロン併設みたいなその店内に入ってゆく。

壁に掛かっているドレスの中から選び、ボクに見せて「どう?」と聞いてくる。

知っている人がどれくらい居るのかわかりませんけど、ペンシルでもソリヤモールでもそうなのですが、こちらのレディースショップでは、どう見てもお水向けだろ!というようなセクシーなミニドレスを沢山売ってます。

ボクは冷静に判断して、似合いそうなものを選んでやる。

そうして結局、ドレス2着とハイヒール1足を65ドルで購入。ピアス2個をおまけで付けさせた。
さっきのと合わせて80ドルの大奮発だ。

そのうちの一着をそのまま着て、上機嫌でモールを歩くリヤ。

セクシー系のミニドレスがスレンダーな身体に良く似合っていてカッコいいので、このままソリヤモールだけで終わらせちゃもったいないと思い、一旦リヤの部屋に戻り邪魔な荷物を置いてダーリンダーリンに行くことに…

運よく前の方のテーブルを確保でき、きれいなフロアレディーに頼んでドリンクをオーダー。昔プラティナムでやって以来久しぶりのクラブでのABC&レッドブルだ。

リヤもボクも適度にテンションが上がっているので、じきにフロアで踊りはじめる。

ミニドレスを着て踊っているリヤは、ボクの目には今ここで踊っている中で一番格好良く見える(ケバさでも一番かも...)。他のお客さんの冷めた目には、ダーリンに出入りしているお水嬢に見えるかも知れないけどね...

そのまま二人とも飲んで踊って酔っぱらったのでリヤの部屋まで帰すのが面倒くさくなり、ボクの家になだれ込んだ。それが27時半。シャワーでイチャイチャしてると28時半。

いつの間にか寝て、朝起きるとすでに8時。迷わず同僚に電話して休暇に決定。

安心してベッドに戻り朝寝を決め込んだ。


ベッドの中でまどろんでいると、リヤの手が絡まってきて、そのまま下に降りてチンちゃんをムズっと掴まれる。チンちゃんが反応したところでボクもリヤを抱き寄せ、メイ○ラブ突入。

まだアルコールが残ってるし、テンションも下がりきっていないので、イタズラで後ろ手に縛ったりハ○撮りしたりしながらの情熱的なセッ○スをして、体力スッカラカンになり、もう一度朝寝を決め込む。


モーニング・セッ○スの後にまどろんでるのって何にも増して気持ちいい。
そういえば、こんなのもしばらく振りだなあ....


でも昼にはタビーさんの家にご飯食べに行かなくちゃイケナイので、それほど長い時間まどろんでいるわけにはいかず、1時間程で起きてリビングのソファに居ると、リヤも起きてきてもう一度おねだりしてきた。

もう元気がないから硬度70%で挿入しただけでフィニッシュせずに終了。



昨夜のドレスを着たリヤが格好良かったっていうだけで、社会人としてどうなのさ?という午前中を過ごしてしまったのだけど、気を取り直してリヤを帰らせ、何食わぬ顔してタビーさんのところに昼食を食べに行くのでした。





↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking

Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

とむやむ君さん * by ヒー
おはようございます。

タイではいつも..最近はそうでもナイか..「隣には寝息をたてるオンナが....」ってやってるじゃないですかあ....

ボクはあれがうらやましくて、うらやましくて...(^^ゞ

* by とむやむ君
おはようございます。

こ、これはマズイですよ。
こんなの読んじゃったら朝から仕事してるのがバカバカしくなってきた。(^^;

ってのは冗談で、まさにオトナの休日を満喫されたようでうらやましい限りです。

よーし、がんばってヒーさんを見習わなくっちゃ。(^^;

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-10 (Mon)
238yuii.jpg
※本文とはあんまり関係ないです....


ちょっと前から顔の吹き出物に悩まされはじめた唯さま、一度はSOSで治療を受けたのだけれど継続するにはお金がかかりすぎるので中止していたところ、良いクリニックを友達から教えてもらったということで、その週末の夕方、そのスキンケア・クリニックにお供することになりました(おサイフとして連れて行かれるワケですね)。


そのクリニックはマオ・ツェ・トン通りとトラサク・パーエムすなわちSt.63の交差点にあり、ブッフェレストランHANAMIのマオ・チェ・トンを挟んだ対面にあるWuttisak Clinic。

wuttisak.png


タイから進出してきた大手スキンケア・クリニックだそうな。


昔、リヤが短期間仕事したパッションというバーがこの奥のSt.63沿いにあり、そこに行く途中、綺麗なビルの前で何かイベントをやっているのを見て、何だろう?って思ったのを思い出した。このクリニックのオープニングイベントだったんですね。


ボクは彼女の吹き出物は、内臓疾患が原因だと思ってそう言うんだけど、その疾患を完全に治療できない今は、とりあえず対症療法をするしかない。

ということで、ボクは彼女に連れられてクリニックのの正面階段を上った。




↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking




階段の上には制服のお姉さんが待ち構えていて扉を開けてくれ、受付カウンターに案内された。
受付やロビーで案内しているお姉さんたち、タイトなミニの制服を着て綺麗にメイクしているし、ヘアスタイルも整っていて、殆どCAさんの佇まいと同じ。

ちょっと気を引く佇まいだけど、ボクの唯さまだったら、同じようにメイクして、ヘアを整えて、制服を着たらもっとキレイだぞ!と心の中で張り合うボク。

今はノーメイクで地味な服装の、若い叔母さん風なので完全に負けだけどネ…


唯さまが受付の椅子に座ったので、ロビーにあるソファに座って待っていようと思いそちらに歩きかけた時、「ヒー、隣に居てよ。」と唯さまに言われ、こんなところで並んで座るのは恥ずかしいなあ、とは思いながらも隣に座る。


綺麗にメイクしたお姉さんの中の一人が値段とか、システムとか、そういうことの説明を始めた。


一回につき、55ドル+薬代、施術代などがかかり、ほぼ70ドル程度になるようだ。10回分まとめて先払いすれば600ドルで込み込みだという。

一度に600ドル払うのは辛かったし、唯さまが通い続けるかわからなかったので、その都度支払うことにして申し込みをし、二人でロビーのソファーに移動して待った。

30分位待っただろうか?若い男性スタッフが呼びに来たのでついてゆくと、小さな診療室に通された。

中にはタイ人の若い女性医師がいて、唯さまと英語でやりとり。

wuttiyui.jpg
診療室で...

吹き出物への直接注射を2か所行い、別室に移って特殊なマッサージを行うというので移動させられる。

ボクもマッサージ室について行ったけど、狭い殺風景な部屋に施術代と機械があるだけで、付添い用の椅子もスペースもないので、さっきのロビーに戻って待つことにした。

それからの時間が長かった~

周りにはつまらない番組を流しているTVと、綺麗なメイクのお姉さんしか見るものがない。

お姉さんのことをそんなにズーっと見ているわけにもいかないし....

約一時間、ボクは半分眠りながら待っていた。イヤ、唯に起こされたから寝ていたんだ…

次回はタブレットでも持ってこようと思った。


カウンターで今日の治療費65ドルを支払い、来週の予約を入れ、数種類の薬をもらって終了。


ここに来る前は、帰りにHANAMIでご飯食べようと言ってたんだけど、思ったより時間がかかって遅くなっちゃったんで、途中でChatimeにだけ寄ってバブルティーを飲みながら唯さまの家に直行、送り届けて今日の唯さまミッションは無事終了。

これから何度ここに来るのやら...正直面倒くさいです。



↓ランキングに参加しています。励みになりますのでご協力お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ヒー
こんばんは、とむやむ君さん

ずいぶん前に開業しましたよ。
客層を見ていましたけど、成金の子女っぽいお兄さん、お姉さんが来てました。

タイトなミニスカ、そそられますね..

* by とむやむ君
こんばんは。

カンボジアもスキンケアクリニックっていい値段しますね~

それだけ払うのって日本でも躊躇しそうだけど、そんなクリニックが開業したって事はそれだけカンボジアも豊かになってきたって事なんでしょうか。

でも・・・
タイトなミニの制服はちょっと見たい・・・(^^;

Comment-close▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。