04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2015-11-25 (Wed)
その頃のリヤとミャオ
※本文とはあんまり関係ありませんが、ずいぶんと昔のリ●とミャ●....




バンコクに滞在中というトム君からLINEで動画が送られてきました。

暗い映像から流れる「次はナ~ナ~」というアナウンス...
そう...BTSのNana駅に近づくと流れるアレです。
このアナウンスにはいつも癒されていたので嬉しいのですが、続いて自分が楽しんでいる画像が数枚...

こっちは少しクヤシイ




トイレから戻ったバッサ君...

「お腹痛くなったんで帰ります....」

おいおい…



こんな初心者をおいてけぼりかい?

と、ちょっと不安になったけど、でもしょうがない。
僕だってお腹痛くなっちゃったら、何もする気にならないもんなー...


バッサ君が帰った後、ボクはどうして良いかわからなかったけど、ドリンクを飲み終えてベトガールに「行こうか….」と言うと、後は彼女のリードで話は進みます。

ベトガールは、店を出るとそのへんで屯しているモトを呼び、ボクの部屋の場所をドライバーに伝え、料金交渉し、自分が先に跨ってボクを後ろに乗せました。

深夜なのでモトもとばします。
ボクは落ちないようにしっかりとガールに掴まりながら、久しぶりに触れるガールの細いウエストにドキドキしてました。

無事到着し部屋に入ったガールは「シャワーね...」と言いました。

場所を教えるとガールは一人で入ってゆきました。
ガールと交代でシャワーを浴びて、いよいよベッドインです。
ボク達はディープなキスをしながらお互いの身体を攻撃し合いました。
ガールの身体はベトナム人らしく色白で、ボク好みの繊細な肉付きで、濡れ具合も申し分なく、生Fの攻撃も一生懸命で丁寧でした。

「コンドームは?」

ガールが聞きました。

「!!」

ボクは、コンドームはガールが用意しているもんだとばかり思っていたのでした…

「ないよ。持ってないの?」
「持ってないわよ...」
「ダメじゃん….」
「しょうがないわよ。じゃあ、口でネ….」

その頃はまだ元気な頃だったのでドーピング無しでもMAX硬度になっていて、いつでも発射準備完了だったのですが、ガッカリ感が伝わったのでしょうか、硬度も落ち気味になり、発射する気配がなくなりました。

彼女、一生懸命イカそうとがんばってくれたのですが、さすがに疲れたみたい....

「頑張ってくれてありがとう。もういいから….」

ボクはそう言って彼女を制止しました。

ガールが「お腹すいた」と言うので、二人でフィッシュボール入りのインスタントラーメンを作り、並んでTVを見ながら食べた後、ガールが何処かに電話をして、「ママの迎えが来るから、待たせてくれる?」と言いました。

「もちろん構わないよ...」

ボク達は再びリビングに移り、後ろから彼女の身体を抱いた姿勢でボンヤリ….

3時過ぎた頃でしょうか、彼女に電話が入りました。

「もうすぐ来るらしいから外に出るね。」
「一緒に行くよ。」

ゲートを開けてもらって外に出たけど、全然来る気配がなかったので疲れて2人とも座り込みました。それを見たガードマンが椅子を一つ持ってきてくれたので、再び彼女を後ろから抱き抱える姿勢で座りました。なんだかその時は彼女の華奢な身体がとても愛おしいと思ってました。

迎えのモトが到着した時、少しだけ別れるのが残念に思った記憶があります。
今考えると当然ですよね、ヤッテないんだもの。

翌日、職場の先輩に「コンドームってどこに売ってるんですか?」と聞いたボクでした。



バッサ君はボクがプノンペンに来てから約半年後、卒業して行きました。


バッサ君はギャンブル好き。

負けても負けても続けて、最後は取り返すというシツコサを持ってます。もう一人のギャンブル好きのM先輩という人の場合は「負けるまで止めない」のですが、バッサ君は最後はちゃんと勝ちます。

帰国用の旅費も一度負けてしまったけど、最後の最後に一万ドル以上勝って、何事もなかったように帰国して行きました。



そのバッサ君が数か月後にプノンペンに遊びに来ました。

その時ボクはすでにミッキーと別れ、リヤと一番良い時を過ごしていた頃でした。

バッサ君はボクの家に泊まり、一緒に夜遊び行って、Cバーで盛り上がり、ミャオと意気投合したらしく「コイツ一緒に連れて帰って良いですか?」ということで、リヤを含めた4人で帰宅。翌朝は週末でゴルフなので深酒はせずに、そのままそれぞれの部屋に分かれました。

早朝起き出して、どうだった?と聞くと、「あいつ、やらせてくれなかったんですよ...どうしてだろう?」と言います。一体どういうこと?ボクはわかりませんが…


さてさて、彼は心の動きを表に出さないタイプなので、大してガッカリした素振りも見せず、ピロさんとガっちゃんと4人で楽しいラウンド。

皆でお昼を食べて帰宅し、ボクはシャワーを浴びなおして、まだ寝ていたリヤとベッドで遊び始めました。まさに挿入して動き始めたその時、トントンとドアをノックする音。

普通は腰にタオルでも巻いてドアを薄めにあけて応対するのでしょうけど、ボクは「どうぞ」って言ってしまいました。部屋のカギはかけてません。

バッサ君がドアを開いたのは、リヤがとっさにボクの上から降りてシーツに潜り、ボクがその隣で肩肘で上半身を立てた姿勢になった時でした(下半身はシーツの中ですよ...)。

「○○さんとカジノ行って、多分そのまま食事行くと思います。」
「わかった。えと、玄関の鍵、開けたままでいいからね。」
「はい、じゃあ。また連絡しますね。」

落ち着いたやり取りをして、バッサ君がドアを閉めたあとのリヤの恥ずかしがり様、ハンパじゃなかった。でもおかげでさらに興奮度が上がり….


その夜一緒にご飯を食べて飲みに行き、Cバーに顔を出したとき、バッサ君がリヤに聞きました。

「良かった?」
「とっても…♡」

リヤも恥ずかしがりながらも満面の笑みで切り返しました。



次にバッサ君に会ったのは、彼が休暇をとってバンコクに来たのに併せてボクも休暇をとり1週間弱合流した時です。その時の話は本編に書きました。



それから数年経ち、プノンペンで大きなプロジェクトがあり、バッサ君も支援要員として来てくれました。

その時は忙しくて一緒に夜遊びもままならなかったのですけど、一夜だけ皆の都合が合いました。皆というのはバッサ君、トム君を含む総勢6名強です。

その時のバッサ君は、マニラをホームにしていたので、そっち方面では満腹していたのでしょう。特に積極的にハンティングする訳でもなく....それにこれだけの人数が満足するバーなど、プノンペンのバーストリートにはありませんから、なんとなくトム君主導でいろいろなバーを訪ね歩き....ただ疲れたという結果になりました。


バッサ君と会ったのはそれが最後...風の噂によれば、その後フィリピンガールとよろしくしてるとか…


まだ若いけど、いろいろな経験を積んできたバッサ君、このまま落ち着いても良いと思いますが、なにせギャンブラーなバッサ君のこと、まだまだ予断は許せません。


幸多かれと祈るばかりです。


やっとバッサ君物語を思い出せる範囲で書くことが出来てスッキリしたー


次は昔話じゃなく、新しいネタがあったら更新しますね....


↓がんばれヒーさん
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村、カンボジア情報
banner (3)
人気ブログランキング、カンボジア(生活・情報)

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Theme : カンボジア * Genre : 海外情報 * Category : バー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

バッサ君 * by ヒー
すごく久しぶりに来てくれてありがとー!

あの頃は初めての事ばかりで面喰らってたけど面白かったー!

バッサ君、トム君、ヒーで本社の辺りで会えたら楽しそう....

トム君みたいにバンコク方面出没してるんすか?

何と * by バッサ
何と!久しぶりに見てみたら、恥ずかしい!!そう言えば、そんな事もしていたなと懐かしくなりました。
にしても、よく覚えてますね〜。思い返せばあの頃が一番楽しかったなぁ。。
お元気にされてますか?トム君から色々と便りは聞いてますが。僕の方はボチボチ本社に帰還せよとの命令が来る頃です。帰って来る時には是非連絡下さいね!思い出話に華を咲かせましょう!

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。